新卒採用・中途採用コンサルティング道場


★毎週・月曜日更新★

★毎週・木曜日更新★
藤木も執筆中です!

★毎週・水曜日更新★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、こんにちは!
船井総合研究所の藤木 晋丈です

2014年新卒採用も繁忙期が過ぎ、少し落ち着いてきました。
ここまでを振り返ると、昨年同様の活動をしている中小企業は集客に苦戦し
昨年よりも活動量を増やした中小企業は学生集めに成功しています。

一方で、専門性の高い職種の採用が困難になってきている現状があります
看護士、衛生士、整備士、建築士、弁護士、調理師、保育士などがそれに該当します。

理由を挙げると

1.少子化
もちろん、子供の絶対数が5年前よりも減っている
しかも、2020年問題という更に深刻な問題ももうすぐそこまできている

2・大学全入時代
高校卒業時に「就職」を考える学生が減っており、自然と職業に対する意識が薄くなる
そうすると、「この仕事を将来したいから、この資格を取りに・・・」という学生が減ってくる

更に、追い討ちをかけるように、大学側も学生集めの為の学部作りにやっきになっており、
本来必要な、社会に出て必要な知識、スキルの習得の場になっていない

結果、専門性の知識やスキル、その職種に対する意識が低い人材ばかりが社会にでる構造に・・・


3.社会的地位
整備士や調理師など、特にサービス業における専門職の社会的地位があまり高くない
やりたいけど、「食べていけない」「キツイ、つらい」「離職率が・・・」など若者が
この職業につきたい!と思えない風潮になっている。
業界全体、社会全体の問題としてとらえて、改善しなくては・・・・

いっそのこと、
キムタクを主演に整備士のドラマを作ってもらえたら良いのに・・・
後は、整備士として働いている人は、新車が半額で乗れるとか(笑
メーカーも協力して欲しい。


こうやって、理由を整理してみると、
本当10年後の専門性の高い職種、職人の存続が危ないと感じる

日本の伝統芸能なども取り上げられているけれど、専門性の高い職種も同じ。

こういった問題を解決するためにも、今の就職活動の根本的なモノを壊さないと・・・
それまでの教育が変わらない。


こんなことを書いていると、
自分の社会における存在価値が見えてくる

まだまだ、先は長い。


最後に『人事・総務』のボタンをポチッとおねがいします。。。
またお願いします!!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
皆さん、こんばんは!

船井総合研究所 藤木 晋丈です。


小学校からの先輩のFBの投稿で知りました・・・

「木暮賢一郎 選手 現役引退」
http://ameblo.jp/guregoal/

木暮選手(グレ)はフットサル界のキングカズのような人。
もう、何年もフットサルの日本代表の10番を背負ってきた人です。
昨年行なわれたワールドカップでもキャプテンをしていました。


実は中学校の頃から親しくさせてもらっている先輩で
フットサルを始めた頃も知っている。

色々活躍を見る度に、「俺も負けてられるか~」って
全然比べ物にならないけれど、勝手に思ってた(笑

年始に地元に帰ったときに、たまたま会って、
今度は名古屋で飯でも~って言ってたのだが、
その頃には決意してたのかもな~

カズの話題もあり、フットサル人口も増えている時に
現役引退ということを決断した真意を今度聞いてみよう。

引退してからのグレにも注目していきたいし、
もし一緒に仕事ができたら嬉しいな。

でも、その前に最後の試合は絶対見に行かないと・・・



さて、最近の採用ネタを一つ。

「健全なえこひいきをしよう!」

どういう事かというと言うと
学生対応をする際にもっと欲しい学生に対して特別対応を心掛けたいということ

日本人は感情表現が苦手なのか、
「えこひいき」という不平等な意味合いが苦手なのか、
この子良い!自社が欲しい!!って思った学生に対してもえこひいきをしない

もっとえこひいきすればいいのに・・・
こういった学生にえこひいきをすることは健全なえこひいきといえる

具体的に言うならば

「さっきの選考、凄く良かったよ。来年から、一緒に働きたいから、
俺が社長面接まであがるようにサポートするし、社長に言っておくよ」

ここまで言い切っても良いだろ

更に、実際に選考とは別に特別に社長に会って貰うのも一つ。


その位、分かりやすい感情表現や特別対応が

健全なえこひいきとなり、学生の心を掴む

現在、3位・・・。
今年こそ1位をとろう!!・・・ポチッとおねがいします。。。

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
皆さん、こんばんは!
船井総合研究所 藤木 晋丈です。


明日から、上海に行ってきます!
といっても日曜日の夜には帰ってくるのでいつもの出張と
なんら変わらないのですが・・・

初、中国上陸です。

緊張して眠れない!なんてことは一切ないのですが、
三日間業務が止まってしまうのでその準備に追われてます(汗

お土産がほしい方は、明日の昼までに御連絡くださ~い!

せっかくの機会なので色々と吸収してこようと思います。
基本、海外には強いので十分楽しんでこれるかと思います。



ブログの本題に入る前に・・・・


2012年も早くも半年が経とうとしています。
改めて振り返ると、全く自分のやりたいことが進んでいない状況が続いています。

しかし、これから半年はどうもイケル気がします。


何で??と聞かれると


藤木チームに新たにメンバーが加わります!
(一応その予定です)

さらに、今年の一年生は優秀な子が多いのでそういった戦力を
フルに活かしていきたいと思います。考えただけでワクワクする。


よく、尊敬する経営者が

「良い人材を採用できた時ほどワクワクすることはない!」
とおっしゃいますが、今はそんな気持ちです。

ご支援先の皆様、お楽しみに!!!


ということで、本題に移りたいと思います。


本日の採用道場は「最終選考に甘い期待は禁物」ということで
経営者の方が良く陥りがちな、甘い期待についてお伝えしたいと思います。


期待してしまう社長の気持ちも分かりますが・・・・ね。


それでは、どうぞ!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
============================================

最終面接(社長面接)だけしか立ち会わない社長は
最終選考後に辞退される確率が高い。

その一番の理由は最終選考だけを見て判断するから。

最終選考はある意味特別な状況や結果を生み出すことが多い。

これまで優秀だと思っていた学生が突然緊張してボロボロだったり
これまで大したことがないと思っていた学生がたまたま調子が良かったり。


当然、社長にはこれまでの選考結果は伝わっているが、
最終選考だけ見ると甘い期待をしてしまうことがある。

そんな最終選考の甘い期待を中心に内定を出してしまうと
辞退する学生の率が非常に高くなる。

最終選考に甘い期待は禁物。

ある意味でこれまでの選考結果は非常にあてになる。
無視してはいけない。


気持ちは分かりますが、甘い期待は止めましょう!

皆さん、こんばんは!
船井総合研究所 藤木 晋丈です。

先週、フェイスブックを見ていると、
高校の後輩の結婚式の様子がアップされていた。

いや~メデタイ!メデタイ!

と、ここまでは普通の出来事。


しかし今週、今度は別の高校の後輩の結婚式の様子が・・・
更には、来週も別の高校の後輩が結婚式を行なうらしい。

これ、全部同じ高校の同じ代の後輩。
5月は毎週同期の誰かが結婚しているらしい。

凄い偶然だ。というよりよくバランスとってズラしたな・・・。
後輩達、チームワーク良かったからな。

あ、そういえば、6月頭に同じ高校の同期・同じ部活の仲間が結婚します。
そう考えると、多摩高校サッカー部が4週連続して結婚式があるのか・・・。

どれも、行けないけれど(涙 みんなオメデトウ!!!

本日の採用道場は、採用活動の一つの目標である内定出しに関してお伝えします。
しかし、内定出し色々な企業で頭を抱えている企業様も多いのではないでしょうか?

辞退されないか?本当にくるのか?そんな企業様にオススメの対策をお伝えします。

それでは、どうぞ!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
============================================
内定辞退防止のための取組みとしてオススメなのが

①自社の内定に付加価値をつける
②最終面接で主導権を握る



①自社の内定に付加価値をつける


この時期、自社が内定を出したい子は
他社からも内定をもらっているか、もらいそうかどちらかです。

学生も「第一志望群」という括りで
自社と他社の優越を決めかねています。

そんな時に有効な施策が、

「自社の内定に付加価値をつける」ということです。


まずは、通常の他社の採用の目的は
補充採用や、職種別採用であることを伝えます。

それに対して、自社の採用の目的は「将来の幹部候補」としのての
採用であることを伝えます。


そして、通常の内定者研修で行なうようなビジネスマナーばかりでなく、
リーダー、経営幹部としての英才教育が待っていることを伝えます。

大抵の学生はここまでの説明で、他社との差を感じてもらえますが
さらに追い討ちをかけるように、
新人には社長直々に毎週社長塾が待っていることを伝えます。

このように、

①自社の採用の目的が幹部採用であること

②その為の英才教育が待っていること

この二点によって、自社の内定に付加価値をつけます。


逆に、この条件に尻込みするような学生は
自社には向かないので、自然と淘汰され一石二鳥です。

自社の内定に付加価値をつけて
他社との差別化を図ることは内定数を確保する上でも
最終的な見極めをする上でも重要なことです。


②最終面接で主導権を握る

最終面接で主導権を握れるかどうかは凄く大事です。

「就職活動をもう辞めるのであれば、内定を出す」

最終、社長面接の際にこの一言を言えるか言えないか
ここで大きく立場が変わります。

最悪、決められなかった学生に対しても、

「分かった、じゃぁ●●の活動が終わったら、連絡をしてくれ
その時に縁があったら内定を出すよ!」

と、あくまでもこちら側が主導権を握って、最終面接を進めることができます。

そうすると、予期せぬ内定辞退が防げるとともに、
内定を出した後豹変する学生も減ります。

なにより、自社に対するロイヤリティがより高い
メンバーが揃うので、入社前からの戦力化や
入社後の良い影響も期待できます。

どちらにせよ、いいこと尽くめです(笑
皆さん、おはようございます!
船井総合研究所 藤木 晋丈です。

GWはいかがでしたか?

藤木は越谷のイオンに行く機会があったのですが
イオンモール内にあるトヨタで、車検のフェアーをやっているのを見かけました。
イオンモール内に指定工場があり、買い物や映画を観ている間に車検をしませんか!?
という打ち出しでした。

もちろん、映画や買い物のクーポンも配っていました。
価格は軽自動車で6万円台からと少々高めでしたが、
こういった取組みからもディーラーのサービスに対する意気込みが伝わってきました。

あとは、レイクタウンの人の分布。

イオンモールはディズニーランドを思わせるような混雑だったのですが
隣にあるアウトレットは全然。

やはり、アウトレットの衰退を感じずにはいられませんでした。
ちなみに、イオンモールで一番繁盛していたのが、guで「390円均一!!」を打ち出していました。
やはり単純な価格訴求は強いですね。


さて、本日の採用道場は
「内定を出す前に最終確認しておきたいこと」に関してお伝えしたいと思います。



それでは、どうぞ!

(M原店長!お陰さまでブログ更新できました!)

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村


============================================
このGW前後で多くの企業の内定だしが行なわれています。

大手の動きに合わせて中小企業も順次内定だしを行なっている(くる)と思います。


そんな時、中小企業とくに地方に本社を持つ企業ほど気をつけなければならないことをお伝えします。

大きく三つあります。


①自社に対するロイヤリティ

②遺伝

③採用の商圏

この三つは、最後内定を出す際に十分に確認が必要なことです。
一つずつ説明をしていきたいと思います。


一つ目の
①自社に対するロイヤリティ

これは非常に単純です。本当に自社に入社したいかどうか?です。
単に内定が欲しいというのではなく、自社に入社したい。
つまり、自社から内定が出たら他の選考を断る、就職活動を終えるかどうか?
ここが決め手となります。

単純ですが、非常に大事な部分です。
従って、安易に学生を信用するのも危険ですし、そ覚悟は本気で確かめる必要があります。

確認の際は是非、真剣に真顔でこちらの気迫を伝えてください。



二つ目の
②遺伝
これは通常、面接では聞いてはいけないという家族や家庭環境のこと。

学生の本質をみようとするとき、DNAを辿ると納得のいくことが多い。

例えば、その学生の性格が母親に似ていて、その母親が生粋の農家の娘だった場合。

農家の方々の気質が少なからず見え隠れする。

例えば、
少しのんびりしていて、スピード感やお金という部分に対する意識が低いことが多かったり。
一概に決め付けられはしないが、その子の性格の裏づけをとる上ではDNAはとても参考になります。

ただし、面接でストレートに聞くことはできないので、
上手にエントリーシートを書いてもらったり、
学生自らそういった観点で自己分析をするように促すとよく分かります。

基本的にこちらが見極めるというよりも、学生と共に自己分析を行ない
ミスマッチを防ぐと言う意味合いが強いです。


三つ目の
③採用の商圏
これは、内定を出す学生の、実家がどこにあるか?実家と自社の距離で判断します。
地方に本社がある企業ほど意識しなければなりません。

一番良いのが、実家が会社から車で30~40分以内の学生。
その次に周辺の地域。実家が会社から車で1時間~2時間程度の学生。


それを越えて採用する場合、
男女関係なくいずれ実家に帰るということを考えなければなりません。

実家に帰ることを考える上で重要な要素は
家庭環境(親の年齢や兄弟)などです。

例えば、
N県S市に本社がある会社が

女子学生A
大学は隣の市の大学だが、実家がG県K市
長女(下に妹)
の場合。高い確率で、5年以内に実家に帰るケースが多い。
(本人に問題があるというよりも、致し方がないケースが多い)

しかし、こういった学生も、彼氏が諏訪にいるなどの理由で
就職活動は実家ではなく、N県(S市)を中心に行なうこともある。

また口では「大丈夫です」と言うが、
しっかりと両親とも話しをしてもらわなければ
最終的に就職しても幸せにはなれない。


最終的に、両親の面倒を見たいという学生の思いは当たり前のこと。
それを責めるわけにもいきません。

企業と学生、両者にとって幸せな就職をするためにも
こういった問題には慎重に向き合ってもらいたいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。