新卒採用・中途採用コンサルティング道場


★毎週・月曜日更新★

★毎週・木曜日更新★
藤木も執筆中です!

★毎週・水曜日更新★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、こんばんは!
船井総合研究所の藤木 晋丈です。

さて、10月の内定式も過ぎ2016年卒の新卒採用も決着がつきつつあります。

“つきつつある”と表記したのも、
実はまだまだローカルエリアの金融系やインフラ系の企業の採用活動の決着がついていないから。

これが巡り巡って、中小企業の内定者の辞退につながっています。

だから、中小企業の採用担当者はまだまだ油断は出来ない。
この構図、これまでは無かったが、今年から生じている現象。

どいうことか?というと、

(中小企業から)内定をもらい、キャリアセンターに報告に行く学生。
そこには、上記の金融系やインフラ系の追加募集の案内が・・・

それを見た、キャリアセンターの先生は良かれと思い、

「●●くん、確か初めの頃金融系志望してたよね?
    ちょうど、○○銀行の二次募集がでているから、チャレンジだと思って受けてみたら?」


中小企業の採用担当者からすると、なんて余計なことを・・・と思うかもしれないが、
こういったやり取りが今もキャリアセンターでは行われているのです。

もう、どのタイミングで内定辞退が出てもおかしくないのが、今年の新卒採用の特徴ではないでしょうか。

そんな辞退率の高い年の中で、辞退率の低い中小企業がいるのも事実です。

私のクライアントの中でも、
24名内定を出して、21名の入社(辞退率約10%)を見込んでいる企業様もいます。
他のクライアントも内定辞退率が70%を越えている中、かなり善戦してくれています。

そんな内定辞退率の低い企業の特徴を紹介すると

①大手の採用活動が始まるまでの間の接触頻度が多い
②採用活動の仕組みだけでなく、内定者フォローの仕組みまでしっかりと設計されている
③採用担当者の個別フォローによって働くイメージが明確になっている


このような3つの特徴があげられます。

特に①に関しては、
3月の合同説明会がスタートしてから5月末までの間での接触頻度が多かったのも
特徴の一つとしてあげられます。

ここで言う接触頻度は、選考の回数が多かった訳ではなく、
内定者にしっかり寄り添って入社に対する不安を解消するアクション回数が多かったという意味です。

つまり、キャリアセンター以上に学生との距離感を近くし、この人なら、この会社なら安心できる。
というポジションを勝ち取った企業が内定辞退率の低い会社となっているのです。

もっというと、
それだけ学生からの信頼を得られる担当者の存在が内定辞退のカギを握っていたといえます。


2017年卒の新卒採用活動は
今年採用が上手くいかなかった企業が対策を練ってくることは必至です。

そうなると、今年よりも困難な採用活動になることが予想されています。

採用が予定通りいかないと、企業の事業計画、業績に大きな影響を及ぼします。

改めて、採用は企業の重要課題の一つです。

是非皆さんも、今年の活動を振り返るとともに来季に向けて
採用予算とスケジュールだけでなく、フォローの予算とスケジュールも立てておきましょう。

そして、採用担当者の育成強化という命題も忘れずに。

そうしなければ、また採用できなかったと頭を抱えてしまいます。


皆さんの、いい準備をしましょう!!



皆さんからのコメント、イイネが、元気の源です!
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
皆さん、おはようございます!
船井総合研究所の藤木 晋丈です。

先日、8月15日(土)夜10:00~TBS【新・情報7daysニュースキャスター】
の採用活動の現状のコーナーにチラッと何回か映りました(笑

時間の兼ね合いで、全く音声などありませんでしたが
色々な方から“映ってた?”と電話やメールをいただきました。

全国ネットだけあって、改めてTVの反響は凄いことを痛感。

ちなみに、このTV放映までの道のり。

藤木のブログを見てくださった、時事通信社のかたからの取材

中日新聞に掲載

それを見た、TBSの方がクライアントに取材

という形で実現しました。

ここからまた何かしら広がってくれたらいいのですが・・・
そう上手くいくのかどうか、正直よめません。

さて、そんな余韻話はさておき、表題の“オワハラ”について

これまで全然聞いたことのなかった言葉。
今年になって、採用活動時期のずれ込みと共に出てきた言葉。

売り手市場だからこそ言われ始めたのですが
この言葉が、学生達というよりも企業側の行動の萎縮につながっている

ネットやSNSの普及により
企業ごとの採用活動の噂は簡単に拡がってしまいます。
そこに来て、基準が明確でない“オワハラ”という言葉の普及。

“オワハラ”とは
学生に就職活動を止めることを強要することをいう。

この“オワハラ”のポイントは強要という部分だと思う。


学生を威圧的な言葉や態度で脅して就職活動を続けさせない
ことは良くないと思うが、

「内定を出しても就職活動続ける?」

「いつまで就職活動つづけるの?」

などの質問をしただけで、“オワハラ”と言われるのは違うし


学生と企業の関係性が出来ているなかで

「本音で言うと内定者には就職活動続けて欲しくはないよね」
という言葉だったり

9月を迎える時点で優柔不断な学生に対して
「そろそろ、業界や企業を絞り始めた方がいいよ!」

というアドバイスを“オワハラ”というのもこれまた違うと思う。

比べてはいけないけれど、
セクハラと同じで本人の自覚次第みたいなところになっている。


本来学生にとっての就職活動は
“大人=社会人”から厳しい言葉や考え方を学ぶ
成長の機会なのだが、今年のように露骨に売り手市場では
その重要な機会の損失になってしまっていると感じる。

そんな状況で社会人になった、学生たちはどうなってしまうのか?


“早期離職”

誰でも容易に想像がつくこと。

今年の“オワハラ”を代表とする売り手市場の弊害の問題は
一番は来年度以降、2016卒学生たちが入社してからの離職率にでるだろう。


そうならないように、企業は入社までの育成のプロセスを
飲み会や懇親会などに代表される“内定者フォロー”なんて簡単な言葉で済ますのではなく

“内定者早期離職防止プログラム”

というような、システム・仕組みを導入すべきだ。

そう考える反面、
企業の若手採用担当者はもっと学生に近い立場から
“オワハラ”を恐れず、ガンガン本音で話せばいいと思う。



皆さんからのコメント、イイネが、元気の源です!
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
皆さん、こんにちは!
船井総合研究所の藤木 晋丈です。

8月1日に採用活動が解禁され、
街中でも就職活動生をまた見かけるようになりましたね。

そこに来てこの連日の猛暑。
本当に学生がかわいそう・・・

皆さんは、この熱帯夜どうやって乗り切っていますか?

一番最悪なのはクーラーをつけてねること。

これをやると寝苦しさからは開放されますが、
次の日の体のダルさがずっと付きまといます。

そして、夏風邪は大抵こういった小さなことがきっかけでひいてしまいます。

それと同じように、
仕事でもなんでも調子が良い状態から悪い状態に変わるきっかけなんて
本当些細なことが多い。


多くの人がその些細なきっかけを見落としているだけなのです


という、藤木も一ヶ月ぶりのブログです・・・(笑
いやいや、7月はちょっと忙しくて・・・なんて言い訳ですね。


基本的に、ブログの更新が出来ていないときは、
自分の生活のリズムや仕事のスピードに問題がある時。

振り返ると、
生活のリズムに関しても飲み会が多かったり
仕事に関しても即時処理すべき仕事を後回しにしてしまっていたりと
突き詰めて考えると“自分のだらしなさ”が根本的な問題となっていました。

人の浮き沈みは、一見外的要因が原因に思われがちですが

すべては内的要因。

つまり、自責であることがほとんど。

しかも本当些細なことで調子は下向いてしまいます。

そうならないための習慣作り、反復練習。

初心忘れるべからず。

お盆のお墓参りも忘れずに。

全てが基本から始まります。



皆さんからのコメント、イイネが、元気の源です!
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
皆さん、こんばんわ!
船井総合研究所の藤木 晋丈です。

“なでしこJAPAN” 決勝進出おめでとうございます!

それにしても、終了間際のオウンゴールでの幕切れ、
この勝負強さは本物ですね。

思わず、このまま決勝も・・・と期待を膨らませてしまいます!


さて、今日はこの “勝負強い” ということに関して書きたいと思います。


スポーツの世界では “勝負強い” というキーワードは度々耳にすることがあります。
でも、これはビジネスの世界、普段の仕事の中でも同じことがいえます。


新しく挑戦したビジネスが成功するか否か
年間の予算を達成するか否か
営業活動の中で成約をもらえるか否か
会議の場で思うような着地点に進められるか否か
一日の仕事を予定通り終わらせることができるか否か


大きなことから、日常の小さなことまで


日々、“勝負どころ”があり、
その中で、“勝負強い”かどうかが試されています。


そして、“勝負強い”人はどんな場面でも勝負強く
逆に、勝負弱い人は、多くの場面で勝負弱い


この差は何で決まるのか??
再びスポーツに置き換えて考えてみる。




“勝負強い”かどうかは

時として “運があるかないか” で判断されることがある
確かに、その要素がない訳ではないと思うが
運頼みになっては、いつまでたっても、勝負強くはなれない


もっと大事なポイントがある


それは、
運を引き寄せる行動を常に行っているか?


勝負は紙一重という言葉があるが

今回のイングランド代表のオウンゴールも
なでしこJAPANのFWが縦に抜けようと走りこむのが1秒でも遅かったら
ありえなかったこと。


つまり、この行動こそが運を引き寄せた行動の一つ。

“行動の一つ”と表現したのは、
これだけでは運は引き寄せられなかったということ

もっとも重要なのは、一試合を通じて運動量が豊富で 
“チームの為に走る” というのが徹底されていたこと


この積み重ねこそが、

運を引き寄せる行動

となっていた。


ビジネスの世界や日々の仕事も同じで
結果は日々の積み重ねでしかない

日々の積み重ねとは、習慣であり


その習慣を維持するには
仲間への感謝の気持ちが必要だ。


そう考えると、
今のなでしこJAPANの勝負強さは
開幕戦で怪我をした安藤選手への想いからはじまり、
チーム全体が For The Team を
常に徹底していることが一番の要因となっているのかもしれない


決勝戦も頑張れ、なでしこJAPAN!!





皆さんからのコメント、イイネが、元気の源です!
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
皆さん、おはようございます!
船井総合研究所の藤木 晋丈です。

前々回のブログ(今、口うるさいオヤジが必要だ!)にて、
学生がまだまだ本気ではないという事を書きましたが
想定通り、今年の採用活動は内定辞退が大きな問題になりそう。
(すでになっている企業もたくさん・・・)


一般的に言われている、
内定辞退の問題は

“企業側のデメリット”
にスポットがあたっている。

内定を10名出したのに、入社が2名になってしまった・・・
など、今年は優秀な学生が採用出来た!と思っても、蓋をあけたら
例年と同じようなレベルの学生が例年以下の人数に・・・

こういった問題を指している場合がほとんど。

だがこの問題、
大手企業や人気業種と
東大、京大など旧帝国大学や、早慶上学MACH、関関同立
などの限られた一部の企業と学生の間で起こっている問題。



中小企業や地方の企業と
偏差値45以下の学生や地方の学生の間で起こっている問題は

企業側のデメリットよりも、むしろ

“学生側のデメリット”

にスポットを当てるべきだと感じている

その理由を説明すると


企業側はマスコミによって

今年は内定辞退が続出する!!
学生優位だぞ!!
オワハラ!!


などの不利な状態を刷り込まれていて

その結果

多めに内定だしておけ!
学生の囲い込みに力を入れろ!
とにかく、10月までは良い顔しておけ!!


という動きにどうしてもなってしまっている。



だが、実際の学生は本当に何も知らない。

就職活動の時期が遅くなったことすら知らない学生もいるくらい
自分たちが優位であるとも思ってもいないし、感じてもいない

ただ、
親から言われるからもう少し色々な企業を受けようかな?
キャリアセンターの人にもとりあえず内定もらって就職活動続けなさいって言われてる

言葉選ばずして言うならば

“企業や大人に動かされている状態”

だから
自分たちの本当の実力も知らなければ
企業の本当の姿も知らない

そんな状態で将来を決めている

それでは、2016年入社組みの離職率が上がってしまうのも
無理は無い。


改めて、この問題を企業側は直視し
入社までのプロセスの中で、その問題をクリアしていく必要がある

内定者面談
内定者研修
各種イベント
内定者アルバイト
保護者説明会
家庭訪問

やること、やれることはたくさんある!


中小企業、地方の企業の方々は
一般的な、世論に惑わされずに
目の前に生じている、本質的な問題に目を向けて
対処していってもらいたい。



皆さんからのコメント、イイネが、元気の源です!
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。