新卒採用・中途採用コンサルティング道場


★毎週・月曜日更新★

★毎週・木曜日更新★
藤木も執筆中です!

★毎週・水曜日更新★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、明けましておめでとうございます!
船井総合研究所の藤木 晋丈です。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

年末年始は、
12月初旬に発覚した胃潰瘍のお陰で
2ヶ月間の禁酒生活を送っているため二日酔いで朝を迎えることもなく
何年ぶりか?と言うほどゆっくりしています(笑)

今年の干支は申年。
昭和55年生まれの自分は年男。
色々な意味でも人生の中で特別な一年。

だから、のんびりした時間を過ごす中でも
これからの時代をどう生きるか?という大きなテーマについて
これまで以上に思考がむきます。

そんなタイミングで見た“龍馬伝”

世の中の変化のスピード、世界における日本の立ち位置。
今の世の中と幕末開国時代がダブってしまった。

自分の名前である“晋丈”
高杉晋作の“晋”と丈夫の“丈”

高杉晋作のように時代を変えるリーダーになってもらいたいけれども
若くして命を失うことなく、丈夫で長生きしてもらいたい。
という想いが込められているからかも知れない。

余計に、幕末開国時代を近く感じている。


自分はどんなリーダーになれるのか?
リーダーに必要な能力はなにか?

先見力、情報力、判断力
決断力、行動力、体力


そんな能力を活かすも殺すも
グローバルなものの見方とローカルな生き方
グローカリゼイション
という感覚も現代のリーダーには必要。

つまり、日本の都市部で暮らそうが、地方で暮らそうが
日本国内、自分の住んでいる地域だけでなく、
全国や世界の情報にもアンテナをたてて自分ごととして捉えること。

そして、そうさせるための源は情熱と好奇心

自分はこれらを持ち合わせているだろうか?
能力はもとより、少なくとも情熱と好奇心は失っていないだろうか。

・・・

ゆっくりとした時間を過ごしながら、
こんな事を自問自答する、清清しい時間を過ごせています


皆さんは、今年をどんな一年にしようと考えていますか?
どんな一年であれ、皆さんにとってワクワクできる一年を過ごせることを願っています。


さぁ、勝負の一年の始まりです。




にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
皆さん、こんにちは!
船井総合研究所の藤木 晋丈です。

2015年に再開したブログも、スタートは好調でしたが、後半かなりの失速・・・
(継続がいかに難しいか、体感しております(笑)

ただ、あまり悲観的になっていません。
まぁ今の自分はそんなものだろうと。(開き直っている訳じゃないですよ)

今年の年始に

『志大きく、変化を恐れない!』
という大きな目標と「体を絞る」という小さな目標を掲げましたが


結果は、△と○でしょうか。
確かに体は絞れました。10~12キロ位絞れました。
お陰で、体が軽い軽い。夏に海に行っても恥ずかしくない体に・・・(笑



ただし、大きな目標は△

大きな志は決まっているのですが
その為の変化がまだまだ道不明確・・・変化も大してしていない。



こんな事を書くと、良くなかった一年だと思われますが
個人的にはここ数年の中で一番良い年でした。

家族との時間を増やせ
住む場所も変え
付き合う人もこれまでと若干変え


来年に向けた、布石の一年としては上出来かと。


やはり、自分は人に恵まれています。


これまでも、そうでしたが今年は特に
自分の周りにいる皆さんに救われ育てられました。

この人の為に何かしたい。
と思えるような経営者の皆さんに囲まれ
可愛がられ、育てていただいています。


また、教え子や同士(担当者の皆さん)達の成長と頑張りに
何度勇気をもらったことか。

教え子同士の結婚や出産がこんなに嬉しいものだとは
もはやお父さん的な視点です(笑)

チームメンバーも、リーダーとして全く役割と責任を果たしていませんが
それでも慕ってついて来てくれているメンバーに励まされました。

そして、今年から復帰したサッカー。
チームメンバーはヘタッピな自分を暖かく迎え入れてくれ
熱い想いを持ってプレーする喜びを思い出させてくれました。


来年は人生を70年だとすると、折り返しの1年目。
本当の意味で、自分自身がしてもらったことの恩返しのスタートだと思っています。


家族はもちろん、クライアントやチームメンバー、友人達。
これまで散々ワガママ、自分勝手にやらせてもらった分、

“人は人の為にあり”の精神で精進したいと思います。
この言葉も大好きな経営者の方から教えていただきました。


そのために、自分自身どんな目標をたてどう生きていくのか。、
それはまた今度年明けにでも書きたいと思います。


皆様、2015年も大変お世話になりました。
2016年もどうぞ、よろしくお願いいたします!

良いお年を!!


皆さんからのコメント良いねが、元気の源です!
来年もよろしくお願いいたします!



にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
皆さん、おはようございます!
船井総合研究所の藤木 晋丈です。

突然ですが、皆さんは自分の意思決定にどれくらい自信がありますか?

決めきれない、決断ができない人も少なくないはず。


藤木はコンサルタントという立場ゆえ、
経営者の方が意思決定する場面にほぼ毎日立ち会います。


経営者は意思決定業とはよく言ったもので
毎日と言うと大げさかもしれませんが、
一般的な社員とは比べ物にならないくらいの意思決定を行っています。


しかも、トイレのカバーは何色にしよう?などのレベルではなく、
会社の業績を左右するような意思決定を大なり小なりしています。


だから、多くの経営者は意思決定のプロです。


そんな経営者の意思決定の特徴を挙げるとしたら、

“スピード”

経営者の意思決定はとにかく早い。


一つ一つ、熟考していたら決定機を逃してしまいます。
だからと言って、サイコロを振って運頼みということもしません。

一部、風水や占い等も取り入れる場合はありますが、
基本的には自分の意思で決定することがほとんど。


そのスピード感のある意思決定に欠かせない能力は

“物事の本質を捉える力”です。


若手の頃、一番苦労したのは
この“物事の本質を捉える力”の無さ。

ここだけの話、
打ち合わせのスピードについていけず・・・
議事録が追いつかない・・・
なんてことは日常茶飯事でした・・・(笑  すみません。。


そして、この本質を捉える力を養うためには
どんな事にも“なぜ?”を大切に深堀する癖をつけること。

つまり、

“ルール化”こそが本質を捉える力を養うトレーニングなのです。


ルール化を毎日続けることによって、本質を捉える力がつく、
その延長上に意思決定力の強化があります。


将来、
社長の右腕になりたい人、もしくは社長になりたい人は
必須のトレーニングです!




皆さんからのコメント、イイネが、元気の源です!
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
皆さん、おはようございます!
船井総合研究所の藤木 晋丈です。

さて、久しぶりのブログ更新になってしまいました・・・。
もっと意識して、インプット量を増やしていかないと。

インプット量>アウトプット量

ですからね。

さて、今日は最近よく若手(3~5年生)に相談される事に触れたいと思います。


ここ最近で一番多い相談案件が

“辞めたい”

です(笑)

あれ?5月病って新卒じゃなくて先輩社員がなるの?と思い直すくらい
3~5年生からの相談案件が多い。


その理由は、様々ですが
相談者の多くが、自分が目標を見失っている。

藤木:どうなりたいの?どうしたいの?

Aさん:「別にそれは特に無いんですよね・・・」

藤木:「じゃぁ、なんで辞めたいの?」


・・・そういった際に多い回答ベスト3

1位:将来が描けない(特に営業)
2位:成績が残せず、職種が向いていない
3位:環境を変えたい


あとは、給与や休日に関する問題。
実は、よほどのことじゃない限り給与や休日が原因で新卒3~5年目は辞めていかない
※ただし、結婚している、子供がいる場合はちょっと別

そして、共通しているのが
今が、人生でどん底にいるような気でいる(笑)

確かに、こういった悩みを抱える3~5年生の気持ちは分からなくはない。
自分も3年目の末にこの病気にかかりました(笑)

そんな時には
「もう、この仕事、最悪だ~」
「●●、本当付き合っていけない」
「うちは、本当●●がだめ・・・」

と、超他責型人間になっている。


そんな人間に限って、

ミスやクレーム、仕事の抜けもれが多い
基礎的なビジネススキルが低いまま
プチ結果をだして自分はやっている気になっている

など、意外にも基礎的なことが出来ていない事が多い

しかも、それが原因で歯車が狂っている


自分もそうでした(笑)


だからこそ、そういった人には自分の体験談から

まずは、

1.自分と対峙する

つまり、自分が将来どうなりたいのか?どうしていきたいのか?
とことん考え抜く。

1人でイメージが沸いてこない場合は、先輩を捕まえる
(田上さん、その節は大変お世話になりました。週4~5でしたねw)


そして、
2.そこに向けて今自分に足りていない部分を基礎的なところから見直す。

大抵の場合、

①習慣を変えること
②時間の使い方を変えること
③付き合う人を変えること
④住む場所を変えること


この4つのどれかから変えると良い流れができる

藤木の場合は、
習慣と住む場所をまず変えました。
そうしたら、時間と付き合う人が後から変わった。


そうすることで、少しずつ良い流れができて
半年もすると何らかの変化が感じ取れるようになる

・お客様との良い関係が築ける
・社内の評判が良くなる
・自分自身が楽しいと思えることが増える

そして、将来なりたい像が見えてくる


ざっと書きましたが、多くの3~5年生の悩みはこうやって解決されていく。

そして、昔を振り返って、。
周りには散々迷惑をかけましたが・・・
あの時は必要だったと今でも思う。

自分自身どん底だと思う所から (周りから見たら大したこと無くても)
横にズレルのではなく、這い上がる力をつけることこそ

将来、大きな力になるし必要な経験だと思う。



だからこそ、

辞めずに踏ん張りなさい!

と藤木は言うのです。


これを見て、ドキッとした人は多いのでは?(笑)

まぁ、誰だって通る道だから、気にしない、気にしない。
それでも話きいてくれ~っていう迷える子羊がいましたら、
お電話ください(笑)


皆さんからのコメント、イイネが、元気の源です!
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村



皆さん、こんばんわ!
船井総合研究所の藤木 晋丈です。

最近、祖父の手術、母の誕生日、母の日、親戚の結婚、そして昨年無くなった祖母の一周忌と家族行事が多く
改めて“家族”に関して考えさせられることが多くあります。

大学を卒業して、船井総合研究所に入社して、11年。

藤木も今年で35歳、アラフォーです(笑
そんな歳になったのかと思われる方もいるかと思います。

仕事だけに打ち込んで来た!と言い切れるほどでは無いかもしれませんが
一般的には仕事を中心に生きてきました。
(Kさんとかはもっとそうですが・・・ww)

そんな中、
お世辞にも、家族との時間を作ってきたと言えません。

「仕事だからしょうがない・・・」
と半ば、仕事を言い訳にしてきたのが本質。

入社当時、20代は仕事中心にするのが正しい!と言われそれを素直に実行してきた。
と言うと、会社のせいにしてしまっているように聞こえますが、それは違います。

今思うと、そういった言い訳があると
自分が楽だから“家族を犠牲にしてきた”だけです。


そんな自分だからこそ最近、
クライアントの採用、育成、定着化というテーマで
仕事をさせていただいていて痛感するのが、


仕事と家庭の結びつきの重要性


少子高齢化が進む中、企業はいかに良い人材を確保するか?
が企業の命題となっています。

むしろ、新しい商品やサービスを生み出すことよりも
比重としては高くなってきているようにも感じます。


そんな中、これまでのように
20代は仕事に打ち込み、30代、40代と段々と・・・
という価値観だけでは良い人材が採用できない、定着しないそんな時代にきていると感じます。

地域密着した経営というキーワードがあるなら、
家族、家庭と密着した経営というキーワードでしょうか。


働く社員だけでなく、その家族をも幸せに出来る経営が求められている


こういった事を書くと綺麗ごとに聞こえてしまいますが、
実際に、新卒で入社する社員の家庭を訪問し、事業内容や社長の想いを伝えている企業様もあります。
時事ドットコム

実際に、訪問した家庭の親御さんからは
安心した、これで任せられるという声をいただきますし
応援もしてもらえます。

その結果離職率も下がり、社内の雰囲気も非常によくなっています。


改めて、仕事と家庭をどう結びつけるのか?
その手腕が経営者にも、コンサルタントにも問われていると感じます。

親孝行手当ても評価制度に入れたら面白い!
なんて勝手に妄想していますww



皆さんからのコメントイイネが、元気の源です!
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。