新卒採用・中途採用コンサルティング道場


★毎週・月曜日更新★

★毎週・木曜日更新★
藤木も執筆中です!

★毎週・水曜日更新★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、こんばんは!
船井総合研究所 藤木でございます。


今日は私が入社した時の始めての上司の方(もう退職されているのですが)に
バッタリと空港でお会いして一緒に帰ってきました。

もう退職されて3年が経つのですが、やはり始めての上司なので
私の中では今でも頭の上がらない上司の方の一人です(笑

少しの時間しかお話出来ませんでしたが、初心に返ることが出来ました。
でも今度、飲みに連れて行ってもらう予定です(^^)

さて、本日の採用道場は「業績好調の企業の勢いは人材も惹きつける!」
と題しまして、業績と採用力の連動に関してお伝えいたします。

それでは、どうぞ!

=====================================

業績の良い企業の人気が高まるの大手企業だけの話ではない。

中小企業でもやはり業績好調であると、良い人材も惹きつけられる。

昨年対比、160%で推移しています!
という企業側の発言に驚きの表情を浮かべる学生たち。

やはり、160%というビックリ事例の効果は学生も惹きつける。

もう少し、冷静に分析すると

・業績好調のために経営者の将来のビジョンも説得力がある
・社員の顔にも自身が満ち溢れている
・なにより、会場全体の雰囲気が明るい

といった要素があり、これらも学生を惹きつける要素となっている。

================================
◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆

藤木著の本が出版されました!!増刷も決定しました!!
(といっても、共同出版ですが・・・)
タイトルは、船井流「店長大全」 です。
※詳しい紹介はコチラを↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.funaisoken.co.jp/site/column/column_1260934631.html

◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆

参考になったら、最後にワンクリックご協力お願いします(^^vポチッと!

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
皆さん、こんばんは!
船井総合研究所 藤木でございます。


皆さんは気分転換をするために、何かやっていることはありますか?
最近、よくお客様から「藤木さんはいつ気分転換しているんですか?」と聞かれます。
一つ挙げるとすれば、サッカーをしています!(先日も19時から21時までやりました)
そうすると、疲れて夜はぐっすり眠れ、次の日の朝は爽やかに目覚める事が出来ます。
おそらく、これが気分転換になっているのでしょう。

しかし、2月は一日も休みがない為サッカーどころではありません。
さてどうしたものか、まぁ「なんくるなるさぁ~」の精神で頑張ります。

それでは、本日の採用道場は「肉食系新卒人財の見極める秘訣!」に関してお伝えします。
どうぞ!

=====================================


ここ最近、採用担当者が求める人財像のことを
「肉食系男子・女子」と称する事が多い。


しかし、圧倒的に草食系が多い今日。

採用担当者は頭を悩ませるばかりである。

そんな時、見極めなければならないのが、「隠れ肉食系」である。

一見、草食系のように見えて、実は肉食系である人財。

そういった、人財を見極める秘訣は1つ。

「親の育て方」

つまり、幼少期の育ちである。

では、どういった育ちがよいのか?


①ただ、与えられるのではく、何かの成果として報酬を得ていた。
例えば、お皿を洗ったり、お風呂掃除をしたり、することでおこずかいをもらえていた。

誕生日やクリスマスも、自分の目標に対する達成度合いによって内容が変化する。


②両親が働いており、晩御飯は自分であるもので何かを作る事が多かった。
しかも、簡単に出来るレンジ製品やカップラーメンはなく、冷蔵庫をあさって何かを作る。


③さまざまな人間環境で一人なんとかしなければならない状況が多い。
たとえば、親戚の家に預けられる事が多かった。
自分の味方が少ない人達の中で、自分を表現していかなければならなかった。


このような、環境でそだった人財はすでに肉食系かもしくは隠れ肉食系であることが多い。


================================
◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆

藤木著の本が出版されました!!増刷も決定しました!!
(といっても、共同出版ですが・・・)
タイトルは、船井流「店長大全」 です。
※詳しい紹介はコチラを↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.funaisoken.co.jp/site/column/column_1260934631.html

◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆

参考になったら、最後にワンクリックご協力お願いします(^^vポチッと!

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村
皆さん、こんばんは!
船井総合研究所 藤木でございます。


本日は青森に行ってまいりました。
そして今、東京事務所・・・・・その気温差は?

体調管理には気をつけたいと思います。。
本当に。


それでは、本日の採用道場では、今後の新卒採用市場に関してお伝えしたいと思います。
ちょっと、マクロに考えてみました。


=====================================

5年後、10年後、新卒採用は今と同じように行われているのだろうか?

その昔、リクルートから分厚い冊子が送られてきてハガキでエントリーをして
いたころ、今のWebでエントリーする時代がくると予想できただろうか?

大学3年生の夏には就職活動を始めなければならないなんて・・・・。


そう考えると、新卒採用市場は時代とともに、大きく変化してきた。
では、今後新卒採用市場はどうなっていくのだろうか?

結論、新卒採用市場はいずれ崩壊するだろう。

以前も、述べたが今の日本は新卒採用にかかるウェイトが高く、
この「新卒」時期を逃すと、キャリアプランが狭まる。

そのため、今の学生は
「良いところの就職するために良い大学に入りなさい」
「良い大学に入るために、良い高校に行きなさい」
「良い高校に入るために、良い中学に行きなさい」
といわれて来た。

こういった現象、元をたどれば「良い企業に就職するために」
という出口の問題から始まったことである。

そんな、不の元凶である今の新卒採用市場が永続するはずもない。


ではどうなるのか?


企業は独自の教育プランを持ち、優秀な学生を採用するのではなく育成する。
そのため、学生は就職ではなく、更に進学する。

つまり、給与をもらうのではなく、授業料を支払う。

そこで、卒業試験に受かった人材が企業に就職する。

そうなると、アメリカのように日本にも飛び級という流れが出来るだろう。

これは、妄想のようだが、必ずそうなるだろう。

もうすでにその予兆は出ているのだから。

================================
◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆

藤木著の本が出版されました!!増刷も決定しました!!
(といっても、共同出版ですが・・・)
タイトルは、船井流「店長大全」 です。
※詳しい紹介はコチラを↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.funaisoken.co.jp/site/column/column_1260934631.html

◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆

参考になったら、最後にワンクリックご協力お願いします(^^vポチッと!

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村
皆さん、おはようございます!
船井総合研究所 藤木 晋丈でございます。

ただいま、始発で大阪に向かっております。
今日は少し、仕事の効率化に関してお伝えしたいと思います。

「ちょっとした時間」の使い方が、仕事の効率に大きな影響を及ぼします。
オススメのちょっとした時間の使い方ですが、「新幹線、飛行機を使い分ける」です。
何か作り物が溜まってしまった時。
行きの新幹線で、集中して仕事をしながら現地へ向かい、帰りは飛行機。

携帯の電波も途切れがちの新幹線は絶好の仕事場。
この中の時間をどう使うか?これが大事です。
帰りの新幹線では駄目な理由は、単純で寝てしまうから・・・。

ココ最近、自分自身の効率的な時間の使い方ということで、
新幹線と飛行機を使い分けています。


さて、本日の採用道場は、新卒採用の会社説明会に関してお伝えします!

それでは、どうぞ!

======================================

自社会社説明会の雰囲気は「楽しい雰囲気」「厳しい雰囲気」
どっちを伝えれば良いですか?と聞かれることがある。

これまで、企業は学生に極力、化粧をして接してきた。
(特に不人気業種ほど厚化粧であった。)

これからはあえて「厳しさ」という化粧もするべきである。

厳しさをだすと学生が離れていってしまうのではないか?と
不人気業種の採用担当者ほど考えるだろうが、
「厳しさ」をあえて見せたとしても、満足度や志望度は変わらない。

むしろ、
「他社と違い、厳しい部分も始めから伝えてくれて、
本当に社員のことを考えている会社だとわかった。」

などの感想が記載されている。

以前も、このような回答が返ってくることはあったが
以前と比べてもその割合が多くなっている。

不人気業種ほど、この一歩は非常に勇気のいるところだが
是非、その一歩を踏み出して頂きたい。

その一歩で、採用活動が優位に進められる。

================================
◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆

藤木著の本が出版されました!!増刷も決定しました!!
(といっても、共同出版ですが・・・)
タイトルは、船井流「店長大全」 です。
※詳しい紹介はコチラを↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.funaisoken.co.jp/site/column/column_1260934631.html

◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆

参考になったら、最後にワンクリックご協力お願いします(^^vポチッと!

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村

皆さん、こんばんは!
船井総合研究所 藤木でございます。

本日は、今年からチームに配属されてきた新人の新井さんを紹介したいと思います。
新井さんは慶応大学の経済学部の大学院卒の非常に優秀な期待のルーキーです。

ただ、優秀なせいで仕事をそつなくこなしているように見える節があったのですが、
今日大きく一歩前に進みました。

なにが、彼を変えたのか?

それは、「強制」です。
強制??と思われたかもしれませんが、この「強制」は実は
彼自身が強制されることを望んで「強制」されにきたと言っても良いでしょう。

人は誰しも「恐怖感」がありなかなか一歩を踏み出せない事があります。
そんなときに、自分自身と冷静に向き合い、「強制」を求め、見事変わりました!

まだ、生まれ変わって1日目ですが、隣でモリモリ頑張ってくれています。
今後の、新井くん、大いに期待しております!

追伸:藤木はとくに「強制」して何かをさせたわけではありませんので(^^;


それでは、本日の採用道場は「就職ナビのSEO対策」に関してお伝えいたします!

=========================================

一般的なSEO対策は就職ナビの中でも存在する。

今回は、誰でも簡単に出来る、毎ナビおけるSEO対策をお伝えします。

ポイントは2つあります。


①業種コードを変更する
②伝言板を毎日更新



①業種コードとは例えば、「商社(自動車)」「専門店」「飲食」
などの、自社が該当する業種コードのことであるが、
それを、一週間に一度のペースで変更するとSEO効果がある。


②これは単純に、採用担当者からの伝言板の中身部分を
一文字でも良いので毎日変更し更新するとSEO効果がある。


実はこのSEO対策、ちゃんとナビの下記に表記されているんです。
しかし、実際はあまり読まれていないので行われていない。


上記二つを行うのにかかる時間はなんと5分。

1日たった5分で出来るSEO対策、是非始めてください!

================================
◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆

藤木著の本が出版されました!!増刷も決定しました!!
(といっても、共同出版ですが・・・)
タイトルは、船井流「店長大全」 です。
※詳しい紹介はコチラを↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.funaisoken.co.jp/site/column/column_1260934631.html

◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆

参考になったら、最後にワンクリックご協力お願いします(^^vポチッと!

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村
皆さん、こんばんは!
船井総合研究所 藤木でございます。

先日、お伺いしたご支援先での嬉しい話。

そのご支援先には、新人の頃現場研修などでお邪魔しており
とても思い入れが強く、多くの社員の方の名前と顔が分かる。

しかし、自分以外にも沢山の後輩が同様に現場研修にいっているので
何年も経った今、自分の事をそれほど覚えていないのでは・・?と思っていた。

しかし、店舗に入るなり、「ひさしぶり~元気やった!?」
「なんか出世したみたいやな!」「なんや、出戻りか(笑?」など、声をかけてもらった。

なんだか、とても恥ずかしくもあったが、それ以上に嬉しかった。
なんとか、業績向上に貢献したいと改めて思った。

さて、本日の採用道場では、変化する自動車業界における
新卒採用戦略に関してお伝えしたいと思います。それではどうぞ!

=============================================
これまで、自動車業界(販売店)とりわけ
自動車販売店における新卒採用の意味は


・新卒を採用することで、人件費の抑制
・中古車販売店から企業イメージの転換
・事業継承におけるサポート的要素
・組織活性化

などがメインであった。

しかし、これからの自動車業界における新卒採用の意味は
次のような意味合いが付加されてきた。

・整備士人材のレベルアップのために、4大卒の整備士(候補)の新卒採用
・販売だけでなく、他の部門のレベルアップのための新卒採用
・整備、板金、保険などの収益アップのための新卒採用

などの、意味合いが付加されてきている。

そのため、採用する人財も

販売の仕事もするし
整備の仕事もするし
事務系の仕事もするし
保険などの仕事もする

といった、「総合職採用」にシフトチェンジしてきている。

その背景には、自動車販売店における収益構造の変化や、
整備学校の弱体化(若者の車離れ)などがあげられる。


しかし、多くの企業がそういったことに気付いておらず
相変わらずの、販売、事務、整備士を分けて採用している。

それでは、業績アップのための新卒採用にはつながらない。


自動車業界では今、「総合職採用」が熱い!

================================
◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆

藤木著の本が出版されました!!増刷も決定しました!!
(といっても、共同出版ですが・・・)
タイトルは、船井流「店長大全」 です。
※詳しい紹介はコチラを↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.funaisoken.co.jp/site/column/column_1260934631.html

◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆

参考になったら、最後にワンクリックご協力お願いします(^^vポチッと!

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村

皆さん、こんばんは!
船井総合研究所 藤木でございます。

ここのところ、この時間(3時過ぎ・・・)になることが多いです。
こんな時、サッカーで鍛えた体力があって良かったと思う瞬間です。

疲れた時、意識していること「水分をとる」「食事はとり過ぎない」「ストレッチ」
これ本当にオススメです。

あ、あとは、「気合」ですかね(笑

さて、本日は「従業員規模別の新卒採用戦略のススメ」をお伝えしたいと思います。
(スミマセン、短めです・・・)

=======================================

新卒採用は従業員数によって戦略を変えていかなくてはならない。

50名未満の組織における新卒採用はどちらかというと、
「社員数を増やすための採用」となる事が多い。

母集団形成時の打ち出し方も
・楽しい感
・賑わい感
・仲良し組織感

を打ち出して集める事が多い。

また、極力新卒が辞めないように柔らかく育てる事が多い。


それに対して、
50名以上100名未満の組織における新卒採用は
「社員の質を上げる採用」も重要となってくる。


母集団形成時の打ち出しかたも

・成長意欲・向上心
・自立・自律
・幹部候補生

を打ち出して集める事が多い。

育てかたも、仲良しこよしではなく
競いわせるように育て、切磋琢磨させる。


単純に同じ戦略で採用活動を連続して行ってはいけない。
採用をマーケティングと解くのであればなお更のことである。

================================
◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆

藤木著の本が出版されました!!増刷も決定しました!!
(といっても、共同出版ですが・・・)
タイトルは、船井流「店長大全」 です。
※詳しい紹介はコチラを↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.funaisoken.co.jp/site/column/column_1260934631.html

◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆

参考になったら、最後にワンクリックご協力お願いします(^^vポチッと!
にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村
皆さん、こんばんは!
船井総合研究所 藤木でございます。

本日は、月に一度の勉強会の日。
全国から沢山の経営者の皆様が集まって情報交換を行います。

当たり前のことですが、業績を上げている会社のトップは勉強好きです。
当然、採用が上手くいっている企業のトップも必ず勉強好きです。

つまり、人財のレベルを上げたいと考えるのであれば、
まず経営者が本気で採用に取り組むことです。

さて、本日の採用道場は
「地方の合同説明会で人気ブースとなる為のファーストアプローチ」
についてお伝えしたいと思います。

それではどうぞ!

==================================
地方の合同説明会において人気ブースは

・地方銀行
・信用金庫
・農協
・郵便局
・自動車ディーラー

なぜ、学生から人気があるのか?

ずばり、「安定」「安心」「世間体」。
「こんな仕事がしたい」「こんな目標のために就職したい」といった想いは無い。

しかし、そこに人気ブースへになるためのヒントがある。

人気ブースになるためには、沢山の学生をブースに呼び込むこと。
その為に、『学生心理を上手に捕らえた声がけ』が重要になる。


多くの企業が
「こんにちは~」
「よかったら、聞いていきませんか?」

と声がけを行う中、

「どんな仕事がしたいか決まった?」
「就職活動は順調?」

という、声がけで沢山の学生を呼び込む事が出来る。
まずは、ファーストアプローチで差別化を図る。

================================
◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆

藤木著の本が出版されました!!増刷も決定しました!!
(といっても、共同出版ですが・・・)
タイトルは、船井流「店長大全」 です。
※詳しい紹介はコチラを↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.funaisoken.co.jp/site/column/column_1260934631.html

◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆

参考になったら、最後にワンクリックご協力お願いします(^^vポチッと!

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村
皆さん、こんばんは!
船井総合研究所 藤木でございます。

本日は新潟に行っていたのですが、朝から吹雪。
支援が終わって、帰るころには車の上に積雪15cm。
地域によっては停電になっているエリアも・・・

無事に帰ってこれましたが、このまま降り続ければ
明日の朝には30cmは積るでしょう。

小学校の頃は、雪が降るとワクワクしていたのですが、
今はドキドキです。飛行機や新幹線が止らないか心配・・・
いつから、そんな夢のない子になってしまったのでしょう(笑

さて、本日の採用道場は、先日お伝えした続きをお伝えします。
それではどうぞ!

=================================
先日お伝えした、「2011年新卒採用 中小企業が陥る落とし穴」

これを回避する方法。

つまり、中小企業がダントツ人財を採用する!方法です。

その答えは、「保護者を巻き込んだ採用活動(選考フロー)」を確立させる。

これまで、保護者に対して行われてきたのは、
よくて、内定者の保護者向け説明会。

今後は、自社の説明会にも保護者も受けいれ、
選考の段階でも、保護者と学生がセットで参加する、
会社見学会を選考に組み込むことが、ポイントなります。


なぜ、そこまですのか?理由は2つあります。

①学生の見極めにおいて保護者を見る事が重要になる。
②学生をグリップするためには、保護者のグリップが欠かせない。


①学生の見極めにおいて保護者を見る事が重要になる。

今日の就職氷河期。
学生は以前にも増して、就職活動に対する準備を入念に行います。

その結果、学生の就職活動スキルは向上し、
企業側は見極めがますます困難になります。

一方、企業側の採用スキルは以前のまま。

そこで、企業側は不慣れな保護者から学生に関する
情報を収集し、それを選考の判断材料の一つ
とすることが欠かせなくなるということです。

②学生をグリップするためには、保護者のグリップが欠かせない。

新卒採用活動の早期化の流れから、
大手企業を中心に内定出しのタイミングを遅らせる
動きが進んできています。

そういった環境の中、これまで以上に大企業と中小企業が
就職先として天秤にかけられることが想定されます。

そして、天秤にかけられた状態から、就職先として勝ち抜くには
学生の「家族会議」において保護者の票を勝ち取る必要があるのです。

その為には、選考の段階から、保護者の理解を得る必要があるのです。
その理解こそが、就職先として選ばれる重要な要素となります。


以上の点から、実は中小企業こそがこれまで以上に
手間ひまかけて、新卒採用活動に取り組む必要が求められます。

その手間を、「保護者を巻き込んだ採用活動(選考フロー)」にかけられるかが
新卒採用成功のポイントとなることは明らかです。

========================================
◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆

藤木著の本が出版されました!!増刷も決定しました!!
(といっても、共同出版ですが・・・)
タイトルは、船井流「店長大全」 です。
※詳しい紹介はコチラを↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.funaisoken.co.jp/site/column/column_1260934631.html

◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆
参考になったら、最後にワンクリックご協力お願いします(^^vポチッと!

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村
皆さん、こんばんは!
船井総合研究所 藤木でございます。

ふと、以前サッカーのコーチに言われた事を思い出しました。

「良い流れがきた時、その流れを掴めるのがプロ、その流れに気づかずに掴めない人がアマチュア」

これは社会人でも同じです。どんな人にも平等にチャンスはきます。
しかし、そのチャンスを掴める人と掴めない人がいます。
そして、それが3年後、5年後、10年後に大きな差となります。

チャンスを掴むために必要な事。
「運」という答えが多く返ってきますがそれが一番ではありません。

私が、以前言われた言葉。
「毎日全力で目の前の事に取り組むこと」

つまり、流れやチャンスはいつ来るかわからない。
だから、毎日を全力で取り組む事が大事なのです。


・・・・ふと思い出しました。
まるで、今の自分に言っているようですね(笑

それでは、本日の採用道場は「中小企業が陥ってしまう、2011新卒採用の落とし穴!」
に関してお伝えいたします。

どうぞ!

===========================================

近年、保護者説明会などを開催する企業が増えている。

これは、売り手市場において、内定辞退防止策として行われていた側面が大きい。

そういった意味では、2011年の新卒採用は「買い手市場」と理解されているので
保護者説明会などを行わなくても十分内定辞退防止が出来ると考えられてもおかしくない。

実際にそういった話を聞くこともある。

しかし、そこに落とし穴の影が存在する。


「一見、買い手市場」に見えるが実は中小企業にとっては
捕らえ方によっては、落とし穴にはまってしまう恐れがある。


特に、「今年は買い手市場だから少し人材のレベルを上げたい」
と考えている企業ほどその可能性は高い。

どういうことかというと、この買い手市場でこれまでよりも
少しレベルの高い学生にチャレンジしようとする企業は本当に多い。

つまり、沢山内定をもらう学生ともらえない学生の二極化が進む。

そうした中、中小企業と大企業との間でその上位層の学生の取り合いが生まれる。

その結果、内定辞退が数多く出てしまい。結局は採用目標に届かない。
という結果になりかねない。そこに、落とし穴がある。

そんな落とし穴に落ちないためにも、中小企業は去年と変わらぬ、
去年まで以上の採用に関する努力が必要である。

===========================================

◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆

藤木著の本が出版されました!!増刷も決定しました!!
(といっても、共同出版ですが・・・)
タイトルは、船井流「店長大全」 です。
※詳しい紹介はコチラを↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.funaisoken.co.jp/site/column/column_1260934631.html

◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆
参考になったら、最後にワンクリックご協力お願いします(^^vポチッと!

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村
皆さん、おはようございます!
船井総合研究所 藤木でございます。

本日は、甲府です。

ここにきて改めて、新卒採用を研究しております。
どうしたら、自社ナビに学生を誘導できるか?
どうしたら、自社ブースに学生を沢山誘導できるか?
色々なコンサルがどのように行っているかも研究したところ
色々な発見があり、ほぼ母集団形成においてはルール化できました。

ちなみに前回紹介させて頂いた、キャッチコピー型のメール。
さらに、ターゲティングもより詳細に。メールもより細分化したところ、
反応率が通常の5倍~10倍の結果が出いています。
また今度紹介いたします。

それでは、本日の採用道場は、「とうとう来た!鈍化する2011新卒採用市場!」をお伝えいたします。


===========================================
早期化する新卒採用活動に反して、
とうとう大手企業が内定だしを遅らせる動きを取り出した。

これは、近年までの「早期化」の流れに逆流した動き。

「そんなことして優秀な人材は採用できるのか?」
と思われるが、先日新聞紙上に掲載された企業は、

「理系の研究職の採用」がメインである為、あらかじめ
早期に学生や研究室とコンタクトをとり、目星を付けている。


ココにこれからの新卒採用の大きな流れの変化を見る事が出来る。

これまでは、母集団形成⇒選考⇒内定だし。
という流れだったのに対して

これからは、母集団形成⇒空白期間⇒選考⇒内定だし

という流れになる。

つまり、企業は早期に学生に目星をつけ、空白期間を使い
学生に教育する期間を設け、その成長度合いも加味した上で選考を行う。

採用の長期化である。

そうなってくると、これまで以上に、
中小企業としては組織だった採用が求められる。

◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆

藤木著の本が出版されました!!増刷も決定しました!!
(といっても、共同出版ですが・・・)
タイトルは、船井流「店長大全」 です。
※詳しい紹介はコチラを↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.funaisoken.co.jp/site/column/column_1260934631.html

◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆
参考になったら、最後にワンクリックご協力お願いします(^^vポチッと!

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村
皆さん、こんばんは!
船井総合研究所 藤木でございます。

本日は、ダブルヘッダーです。
この時期は一日中、電話、メール、支援、作り物に追われています(^^;

でも、この時期にしっかりと仕事をしておかなければ1年後の笑って年末を迎えられません。
これは、自分の中でのルール化ですが、スポーツテストの1500メートル走と同じで、
始めに1月にどれくらい頑張れるか?(数字を作れるか?)がその年の結果を決めると思います。

皆様はいかがですか?元旦から全力疾走出来ていますか?
明日からの3連休も勝負の分かれ目です!
気合を入れて頑張りましょう!


それでは、本日の採用道場は、何も知らない新卒が会社を変える!~事業継承~に関してお伝えしたいと思います。

===========================================

「事業継承には新卒採用が効果的である。」
「二代目が携わって採用した社員が
 全体の50%を超えた時が事業継承のタイミング」

などとお伝えしてきた。それに変わりはない。

今日は、
「無知な新卒社員によってプラスに変化する、スーパー社長の意識」
に関してお伝えしたい。

それは、クライアントの何気ない会話から発見した。

「先代の社長からあまり文句言われないのは、今の新卒だけだよね」
「今の新卒は怖いもの知らずだから先代にも馴れ馴れしく接している」
「先代も、新卒の○○さんのことをお気に入りで孫みたいに可愛がっている」

多くの場合、スーパー社長(創業者)に既存の社員は頭が上がらない事が多い。

その為、スーパー社長が白と言えば、黒いものも白くなる場合がある。
スーパー社長が現役バリバリの時は良い。

ただし、スーパー社長が60代を過ぎてくると、やはりちょっとした事がずれている事がある。

そんなときに、既存の社員だけだと押し切られてしまうのだが、
無知な新卒は単純に押し切られない。

なぜ押し切られないか?というと、スーパー社長の現役バリバリの姿を見ていないから。

従って、既存の社員からのような、威厳や尊敬が薄い。

もっと言うと、常識の無い新人によっては「お爺ちゃん」扱いである。
そういった新卒の意識にスーパー社長が触れることで、
上記のようなクライアントの会話に繋がる。

スーパー社長の独裁経営は実は無知な新卒によって変化する。


◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆

藤木著の本が出版されました!!増刷も決定しました!!
(といっても、共同出版ですが・・・)
タイトルは、船井流「店長大全」 です。
※詳しい紹介はコチラを↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.funaisoken.co.jp/site/column/column_1260934631.html

◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆
最後にワンクリックもお願いします(^^vポチッと!

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村
皆さん、こんにちは!
船井総合研究所 藤木でございます。

本日は名古屋にきています。
朝駅を降りてどうも寒いと思っていたら、朝、雪が降っていたようです・・・
新幹線も京都までの間で、積雪の為5分程度の遅れが発生しているようです。

正月ムードもなくなり、通常にもどった感がありますね。
そうなるといよいよ、採用シーズンが再開!です。

正月に動きの止まっていた学生が一気に動き出します。

皆様、母集団形成の仕掛けは大丈夫ですか?

さて、本日の採用道場では採用を成功させている企業の法則に関してお伝えします。

それではどうぞ!

===========================================

2011年の新卒採用の途中経過を見ているのだが
素晴らしい成果が出ているところと、そうでないところがある。

この違いはなんだろうか?

答えは一つ。

「トップ(経営者)が採用に本気になっているかどうか?」

そこに、トップの年齢は関係ない。
60代だろうが、50代だろうが、本気で考えていれば結果はついてくる。

採用の実務をやれっ!と言っているのではない。
トップが本気で採用に関して考え、会社の舵をとっているか?

本気で取り組める環境を作ることもその一つ。

それによって、就職ナビにせよ、合同説明会にせよ、成果が違ってくる。


採用がうまくいかない企業はまずはトップと採用に関して
本気で話をする時間を作ることが大事である。

会社がトップで99%決まるのと同じで、採用もトップで99%決まります。

◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆

藤木著の本が出版されました!!増刷も決定しました!!
(といっても、共同出版ですが・・・)
タイトルは、船井流「店長大全」 です。
※詳しい紹介はコチラを↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.funaisoken.co.jp/site/column/column_1260934631.html

◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆



最後にポチッとお願いします。(^^v

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村
皆さん、こんばんは!
船井総合研究所 藤木でございます。

本日は、年に一度の全社研修。
全社研修は様々な学びの場であるとともに、自分自身の意識を変えられる場でもあります。
なので個人的には凄く大事にしています。

本日も様々な学びがありました。
気持ち新たに更に飛躍していきたいと思います。

それでは、本日の採用道場ではこの時期の学生をグリップするメール術をお伝えします。

============================================

就職活動も一番の繁忙期を向かえ、
学生の集客、選考、グリップ、など採用担当者はやる事が沢山。

そんな繁忙期、採用担当者はどうしても集客や選考ばかりに目がいき
グリップする事が出来ない事が多い。

そんな採用担当者にオススメなのが、「メルマガ」である。

毎週一回メルマガを配信するのだが、ポイントは3つある。


①自社の売り込みでなく就職アドバイスに徹する
②配信日時は、毎週月曜か金曜日
③配信時間帯は21時~23時の間以降


①学生の立場からすると、
毎週同じ企業の売り込みは必要ない。むしろ迷惑である。
学生にとって得をする就職活動に対するアドバイスメールを
送る事で、学生からの信頼を得る事が出来る。

②学生がメールをチェックするのは月曜日もしくは金曜日
そのタイミングに合わせてメールを送ることで開封率があがる。

③また学生がメールをチェックする時間帯は22時以降が多い。
(アルバイトなどを終え家に戻りメールをチェックするので)
そのタイミングに合わせてメールを配信することで開封率はさらに上がる。

このように、ポイントをおさえメルマガを配信することで
学生とのコミュニケーション頻度を上げる事て
学生をグリップすることが可能となる。

是非、メルマガをこの時期の習慣としていただきたい。

◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆

藤木著の本が出版されました!!増刷も決定しました!!
(といっても、共同出版ですが・・・)
タイトルは、船井流「店長大全」 です。
※詳しい紹介はコチラを↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.funaisoken.co.jp/site/column/column_1260934631.html

◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆

最後にワンクリックもお願いします(^^vポチッと!

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村
皆様、明けましておめでとうございます(^^)

本年もも宜しくお願いいたします。
皆様にとって、素敵な一年になることを願っております。


さて、全国ではお付き合い先の皆様が「初売り」に尽力されているかと思います。
先ほどまでお電話で2日までの状況をお聞きしていたのですが、結果は様々ですね。

結果からいえる事「販促量」「商品構成」「ターゲティング」などの
マーケティングの基本要素プラス、「店舗としての歴史」などが問われていると感じます。
つまり、「企業としての本当の力」が問われているかと思います。


それでは、2010年の初回は「2010年の採用市場の展望」をお伝えしたいと思います。



=============================================

2010年の採用市場を一言で表すならば「格差」です。

どういうことか?


今年も昨年に引き続き、経済は「不況」であることに変わりはありません。

そういった経済状況下、企業は「採用」に対してより明白に
「積極的に採用する」「採用できない」というスタンスを示します。


すると、これまでのように、
「優秀な人材を採用出来る・出来ない」ではなく、
「採用出来る・出来ない」になります。

70点か100点でなく、0点か100点になるということです。

以前もお伝えした通り、永続した業績アップのためには
組織の適切な年齢ピラミットの形成は欠かせません。


それ以上に、好景気を迎えた時に優秀な人材を採用していたか、
採用していなかったかで、その後の飛躍の仕方が異なります。

つまり「飛躍への布石」として採用活動を行う。

特に、新卒採用は今から取り組んでも、入社するのは2011年の4月。
さらに、戦力化するまでの期間を考えると、3年後の為の投資と考えられます。

このように、今年の採用市場は「格差」が生まれます。

そして、この格差が企業の「飛躍の格差」として
好景気を迎えた時の格差として再度生まれることになります。


採用に費用がかけられなければ、お金をかけずに採用すればいい。
人件費をこれ以上増やせなければ、増やさずに人数を増やせばいい。

本当に無理な企業とそうでない企業。
無理と考えるのは簡単です。

しかし、今年の採用が将来の命運を分けると考えるともっと出来ることはあるはずです。

悔いの無い一年にしましょう!



◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆

藤木著の本が出版されました!!増刷も決定しました!!
(といっても、共同出版ですが・・・)
タイトルは、船井流「店長大全」 です。
※詳しい紹介はコチラを↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.funaisoken.co.jp/site/column/column_1260934631.html

◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆


最後にワンクリックもお願いします(^^vポチッと!

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。