新卒採用・中途採用コンサルティング道場


★毎週・月曜日更新★

★毎週・木曜日更新★
藤木も執筆中です!

★毎週・水曜日更新★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさん、こんばんは!
船井総合研究所の藤木でございます。

最近、朝は寒く、昼は暖かく、夜はまた寒い。
など気温差が激しい日が続きます。

もっと言うと、毎日春と冬の行き来が行われているような・・・・。

皆さん体調大丈夫ですか??
私の周りでは、体調を崩している人が多々います。
個人的にも、なかなか辛い時期ではあるのですが、
気合と根性でやり過ごそうかと(笑

なんて、嘘です。
ちゃんと、体調管理しているので大丈夫です。
栄養バランス、運動を行っているので大丈夫!

皆さんも、ビタミンCの摂取、適度な運動をお勧めします!

さて、本日の採用道場は、「第一志望郡からの脱却」に関してお伝えいたします。

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
=========================================

この時期面接をしていると、「御社は第一志望郡です」と言う学生が非常に多い。

「第一志望 グ ン 。 つまり、第一志望ではないということ?」

と、聞くと「いえ、第一志望です」と堂々巡りの会話が続きます・・・。

企業としては、「第一志望 グ ン」の状態で学生に内定を出すのはとても危険。

第一志望郡の中の順位をつけさせる必要がある。


そのためには「学生の考える時間を前倒しさせる」ことです。



学生の多くは内定をもらってから考えようとします。
そこを、面接の時間を使って、考える時間をあたえ、前倒しさせます。


具体的には

「全部から内定をもらったらどうしますか?」
「何があったら、この企業に行きたいと決められますか?」
「それぞれの企業の良いところ、悪いところ、整理しようか」

など、第一志望郡をさらに深堀しましょう。

そして、どれが一番かを一緒に考える。
下手に、学生を自社へコントロールするよりも、
第三者的な立場で、公平に一緒に考える。

すると、それだけで、学生のベスト3以内には入ります。

あとは、学生の志望にあわせて自社に惹きつけるかどうかで一番になるかどうか決まる。

個人的には、そこでも無理に惹きつける必要はないと感じる。
なぜなら、無理やり惹きつけると、あまりいいことは無いからだ。

むしろ逆に、「それだったら、ウチじゃなくて○○に行くべきだね~」
など突き放すと、途端によってくることも多い(笑

スポンサーサイト
皆さん、こんばんは!
船井総合研究所の藤木でございます。

さて、本日はクリニック前日。
講演会と懇親会を行ったのですが、
個人的に講演会での青木社長のお話のなかで
「売上が減ることよりもお客様が減ることの方が何よりも怖い」
という言葉が非常に印象に残りました。

さて、本日の採用道場は「ETC型新入社員」に関してお伝えしたいと思います。
それではどうぞ!

いつもありがとうございます!今日もポチッと押してもらえると幸いです。

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
=========================================
毎年、新入社員の「型」は何かに例えられているが
今年の新入社員の型は「ETC型」ということらしい。

非常によく出来た言葉で、簡単に訳すと

・猛スピードで近づいてはいけない。
・寸前の所までいかないと心の扉は開かない。
・開くタイミングは、よくつかめないとき

ということらしいです。

なんとなく、うなずける部分があるのは私だけでしょうか?(笑

http://news.biglobe.ne.jp/economy/972/itm_100407_9729583747.html

皆さん、こんばんは!
船井総合研究所の藤木でございます。

本日は、金沢でお仕事をさせて頂きました。

帰り、いつものように(?)ギリギリの時間に到着すると

マフラーがない。
朝持ってきた傘がない。

(自分の物忘れのひどさにがっかりします・・・。)

しかし、優しい社長は
「今週、クリニックに持っていくよ!」とおっしゃって下さいました。

(本当、いつもお世話になっております・・・)

そして、いよいよ今週はクリニックです。
150名のお客様をお迎えするビックイベントです。
今も、メンバーが会社で準備を進めてくれています。

お客様に最大限満足いただけるように、したいと思います。

また、視察を受け入れて下さった企業様には心から感謝すると共に
何かしらの恩返しが出来ればと思っております。

(きっと、これを読んでくださっているYさんには、次の日にでも・・・)

さて、本日の採用道場は「新人に伝えたい社会人の心得シリーズ①」
をお伝えします。

いつもありがとうございます!今日もポチッと押してもらえると幸いです。

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
=========================================
常にオンで居続ける癖付け。

学生はよく、オンとオフを分けようとします。

なんで、オフを必要とするの?と聞くと、
「仕事とプライベートとメリハリをつけたい」
「切り替えって大事じゃないですか?」

などと言う学生がほとんどです。

それはそれで正論ですが、本当に大事なこと忘れていませんか?

新人時代から、オフにする癖付けをするのは
自分の限界を決めてしまうことと同じではないでしょうか?

オンとオフ
プラス思考
先約優先

など、使い方を間違えると都合の良い言葉に
なってしまうのではないでしょうか?

こういった言葉は、極限までやり切った人が使う言葉であり
未熟な人間が都合よく使ってよい言葉ではないと思います。

だから、新人時代は常にオンであり続ける癖付けを!
それでも時々はオフになってしまいます。

オフを欲する前に、オンで居続ける努力を大切にして欲しいものです。
皆さん、おはようございます!
船井総合研究所、経営コンサルタント藤木でございます。

先ほど、青森につきました。
青森はまだまだ、寒くマフラーをしてきて正解でした。

(でも、飛行機の中に傘を忘れてしまいましたが・・・・)


本日の採用道場は、最近の若手と話していて感じた特徴的なことを
お伝えしたいと思います。

・・・なんだか、若者、若手と客観的に書いていると、
自分がオジサンになってしまったと少し悲しくなります。

それではどうぞ!

いつもありがとうございます!今日もポチッと押してもらえると幸いです。

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
=========================================
若手や、学生に
なぜ、一人暮らしをしないのか?と質問をすると。


「お金がなくて一人暮らしが出来ない」
という回答が多い。

「社会人になったら、手取りで18万程度はあるでしょ?」
と聞くと。


「それじゃ、貯金も出来ないし、DVDプレーヤーや洗濯機・
電子レンジなど家電を揃える事が出来ない」
という。

こういった会話から見られるように、
最初から整った環境を求める若手が多い。

それは、会社を選ぶ時も同じだ。
会社に求めるものも同じだ。


休日や労働時間、福利厚生と最初から求めてくる。


そういった若手に
「布団一枚から一人暮らしして、頑張って揃えたら?」
「自分、親から与えられ過ぎじゃない?」
というと、大抵の学生は黙ってしまう。

恵まれていることは決して悪いことではないが
日本の労働力を考えると先が不安になる。

若者は今こそ頑張って働けば
チャンスは沢山あるのに。
皆さん、こんにちは!
船井総合研究所の藤木でございます。

本日は仙台にいってまいりました。
実は昨日も仙台だっのですが、一度東京に戻って着たので
二日でニ往復。

一見、無駄な動きのようですが
やはり直接コミュニケーションをとる為に帰ってきました。

これは、元上司の方から言われていたのですが、
出張が多くなると直接コミュニケーションが取れなくなり、
メンバーのことがよく分からなくなる。そうすると業績が下がる。
なので、出来る限り会社に帰ってきて
直接コミュニケーションをとるように心がける。

自分で今年実践してみてもそう感じます。
やはり、直接顔をあわせないとメンバーの良し悪しがわかりません。
これからもこのスタンス大切にしていきたいと思います。

さて、本日の採用道場では「新人が取り組むべき一年目の課題シリーズ③」をお届けします。

それではどうぞ!

いつもありがとうございます!今日もポチッと押してもらえると幸いです。

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
=========================================

③徳を積み上げる。


どんなに優秀な人間でも能力の差は高いレベルにいくとさほど変わらない。

そんな時、勝負を決めるのが
「運や周りからどれくらい助けられるか?」が勝敗を決める。


運が強い人や、周りから助けられる人に共通して言えることは

「沢山の徳を積んでいる」ということ

徳を積んだ数だけ、運をひきつけ周りから助けられる。

一人前になってから徳を積み上げる人は多いだろう。
しかし、大事なのは新人時代から徳を積み上げること。

そういった意味では、新人の取り組むべき課題として
徳を積み上げるべきである。

皆さん、こんばんは!
船井総合研究所の藤木でございます。

本日は最終面接の立会いでした。
場所も静かなカフェに移してじっくり学生と話をしました。

その中で、ちょっと気になったこと。
初めから何もかも揃った状態を求めすぎる・・・。

例えば一人暮らしをする時に、
最初からTVやソファーやベット、レンジ、冷蔵庫、DVDプレーヤー
が揃えたがるということ。

布団一枚で一人暮らしを始めて、段々と揃っていく喜びを今の子達は
あまり知らないようです・・・・。
恵まれすぎているのも、問題ですね。

さて、本日の採用道場は新人が取り組むべき一年目の課題シリーズ第二弾をお伝えします!
それではどうぞ!

いつもありがとうございます!今日もポチッと押してもらえると幸いです。

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
=========================================

「一流の社会人になるためには、一流の会社人になる」
よく聞かれる言葉ですが、どうすれば一流の会社人になれるのか?

その第一歩は、「会社を好きになる」ことから始まります。

自分自身の成長スピードを照らし合わせてもそうですが、
会社を好きになると不思議なもので自然と成長します。

会社のことを好きになると、
自然と会社全体のことを考えられるようになり視野を広げることが出来ます。

少なくとも会社の好きなところを
10個以上は書けないと会社好きだとは言えません。

新人の皆さんは、会社を好きになるためにも、
会社好きな先輩の話を沢山聞きましょう!
皆さん、こんばんは!
船井総合研究所の藤木でございます。

本日は久々の出社だったのですが、嬉しいことが一つ。

藤木も船井総研の新人のメンターを勤めさせて頂いているのですが、
今日はそのメンティとの初対面しました!

また、そのメンティが非常に優秀な子で、私がなかなか出社しないと知ると
手紙をレターケースの中に入れておいてくれました。

結果的に、手紙を受け取るタイミングと会うタイミングが一緒でしたが
非常に素晴らしい!

自分が新人の頃と比べると・・・・恥ずかしくなります。。。。。
早速、番号交換と次回の飲みニケーションの約束をしてしまいました(笑

そんな、本日の採用道場では「新人が取り組むべき一年目の課題シリーズ①」
として、新人が取り組むべき1年目の課題に関してお伝えいたします。

いつもありがとうございます!今日もポチッと押してもらえると幸いです。

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村
=========================================
新人が取り組むべき1年目の課題として
まず挙げられること

①先輩から可愛がられなければならない。

新人は毎日値踏みされています。
先輩に可愛がられない新人は孤立します。
孤立した新人は成長しません。
もっと言うと、「人間関係が・・・」など言って辞めていく。
だから、新人はまずは先輩に大いに可愛がられなければいけません。

先輩は可愛がる後輩を探している。
その可愛がられる新人の条件。

・先輩からの仕事に対して歓迎の気持ちを持つこと
・常に魅力的な笑顔
・声をかけられやすい空気作り
・身だしなみ
・心のこもった挨拶
・360度の視野を持つ。気が利く人間になる。


上記の条件に当てはまる新人がスタートダッシュに成功します。


皆さん、おはようございます!
船井総合研究所の藤木でございます。

ようやく、新人合宿ツアーから帰ってきました!
といっても、今日は山形に向かっていますが(笑


やっぱり、新人合宿は良いですね!
でも、ホテルとか恵まれた環境は駄目ですよ。

ロッジを何棟か借りて、社長も一緒にザコ寝。
これが最高に良いです。

新人が一気に会社のファンになります。
これが成長への大きな一歩になります。

実施していない企業様は是非、今からでもやってみてください!


さて、本日の採用道場では「誰が合同説明会で学生を集めるか?によって学生の質が変わる」
に関してお伝えしたいと思います。

それではどうぞ!

いつもありがとうございます!今日もポチッと押してもらえると幸いです。

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村
=========================================
同説明会で誰が学生を集めるかによって、
ギラギラした男子学生が来るのか、
ギラギラした女子学生が来るのか
など、自社の母集団のメイン層が決まる。

女性のキャリアウーマン的な社員が集めると
面接に来る女性は

「○○さん(女性社員の名前)みたいに働きたくて」

と言う。

男性のエースクラスの社員が集めると
面接に来る男性は


「○○さん(男性社員の名前)みたいになりたくて」

という。

そして、レベル感も同じ。
集めた社員のレベル感と比例して学生が集まる。


こういったことからも分かるように、
リクルーターのレベルを上げなければ学生の集客レベルは上がらない。

人材レベルを上げる際に
テコ入れすべきは、まずリクルーター教育である。


船井総合研究所 オートビジネスチーム公式サイトもご覧ください。
船井総合研究所 オートビジネスチーム公式サイト

皆さん、こんばんは!
船井総合研究所の藤木でございます。

本日は非常にラッキーでした。
何がラッキーだったのか?というと、朝の羽田から広島への飛行機。
実は同時刻のJALは欠航になっていたそうで、ANAも他の便は欠航が相次いでいた。
そんな中、無事に到着した藤木はラッキーでした!

さて、本日の採用道場は意外なところで就職活動が行われている事例をお届けします!

それではどうぞ!
いつもありがとうございます!今日もポチッと押してもらえると幸いです。

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村
=========================================
皆さんの会社で時々「夜」の雰囲気のする学生を見かけませんか?

雰囲気が隠せていない学生はまだ良いのですが、
完璧に隠している学生、実は多いのです。

特に、都市部で200名程度、学生を集めると
大抵5~6名は「夜の居酒屋」でアルバイトをしている学生がいます。

学生達いわく、
「夜の方が社会人の本音が聞ける」
「社会人にウケル対応を学べる」
「就職活動にも役立つ」
などの意見も多い。

しかし、それを面接時に表向きにするか
しないかは個人の判断による。

個人的には、夜の世界への入り込み方が問題であって
働いていること事態は問題ないと考える。

入り込みすぎていいる人材のネックは
「金銭観」「仕事観」

ここが通常の企業で働く際、ギャップとして生じる。

こういった、視点で言うとやはりどの程度働いているかどうかは
面接時に確認しておきたい点である。

今や、学生の多くが経験している「夜の居酒屋」
これらに対する企業の基準も明確にしていかなければならない。

船井総合研究所 オートビジネスチーム公式サイトもご覧ください。
船井総合研究所 オートビジネスチーム公式サイト

皆さん、こんにちは!
船井総合研究所の藤木でございます。

ただいま面接の待ち時間です(笑

さて、今日は4月1日。
新入社員が入社してくる企業様もいるのではないでしょうか?

弊社でも、新人が入社するのですが、
なんと藤木がメンターの一人として選ばれました!

しかし、実際に会うのはいつになることやら・・・・・。
このままだと、15日の全体会議にしか会わない。。。

まぁ寂しい思いを少しさせてしまいますが、しょうがないですね。

本日の採用道場は「新入社員を受け入れるにあたって若手先輩社員の心得」
に関してお伝えします。

旬名話題なので、皆様是非お読み下さい!

いつもありがとうございます!今日もポチッと押してもらえると幸いです。

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村
=========================================
4月1日から新入社員が入社してくる。

1年目の社員にとっては、待望の後輩。
2年目の社員にとっては、さらに先輩面出来る社員が増える。
3年目の社員にとっては、そろそろ新人の顔を覚えれなくなる。

それぞれ、色々な想いがあるとは思うのだが
これだけは徹底して欲しいこと3つ。

①躾・マナーの徹底

・挨拶
・立ち振る舞い
・言葉遣い

自分達が出来ている、いないに関わらず指摘しましょう。
言うことで、自分自身にも返ってきます。


②都合の良い言葉を使わせない

船井流で言うと
「長所伸展」「先約優先」

これは、全てにおいて最大限努力した時に使う言葉で
努力もせずに、「先約があるので~」「長所伸展の発想で~」と使わせない。
これらの言葉はあくまでも、経営者が極限の中で判断するときに用いる極論です。

都合のよい良い訳のスキルをつけさせてはいけません。


③本気で怒る

怒る(オコル)ことに慣れていない人は、
自分に自信がないと本気で怒る(オコル)ことが出来ません。

どこかで、「かわいそう」だとか「これって矛盾して無いだろうか・・」「嫌われたくない」
といった想いが生まれてきます。

それに打ち勝ち本気で怒る(オコル)ことが大事です。

※怒る(オコル)と怒る(イカル)は違うので気をつけましょう。

最後のオマケは、新人を沢山かまってあげましょう。
始めのうちはほっておくと良いことはありません。

船井総合研究所 オートビジネスチーム公式サイトもご覧ください。
船井総合研究所 オートビジネスチーム公式サイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。