新卒採用・中途採用コンサルティング道場


★毎週・月曜日更新★

★毎週・木曜日更新★
藤木も執筆中です!

★毎週・水曜日更新★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、こんばんは!
新卒採用 中途採用 人材育成、コンサルティング
船井総合研究所 経営コンサルタント藤木 晋丈です。

2011年最後のブログです。
(紅白を見ながらのブログです・・・)

今年は、世の中にとっても自分にとってもターニングポイントとなる一年でした。
改めて、自分というものを見つめなおし、自分の存在価値、存在意義を確認した一年でした。

正直、今年は4勝6敗、負け越しです。

でも負け越した中から得たものは大きく、
これまでにない程の未来への意志が活力を得ました。

2012年の目標はある程度頭の中に浮かんでは居ますが、ここ二日かけてしっかりと落とし込みます。

来年に向けて充電もバッチリです。さぁ~いくぞっ!

今年最後のブログでは、
「2013年合同企業説明会必勝法・・・戦闘レベルの話」をお送りいたします。
それでは皆さん、良いお年を!あと二時間きりました!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
============================================

2013年新卒採用合同企業説明会必勝法3連発!  


「 貴方の3分、○○に下さい! 」
今年になって、「貴方の3分、○○に下さい!」
というノボリを作って合同企業説明会のブース装飾に使っている。

すると、それを見て寄ってくる学生が多い。
ブース集客をする際の声がけにも連動させると効果は倍増。

売り場と連動した接客と同じようにブースと連動した集客。

PS:等身大パネルもなかなか有効でした(笑
  美女がいる企業様は是非!
  ※本人の許可はとって下さいね!


「学生を惹きつけるために、合同説明会で学生との写真を撮る」
合同企業説明会で、仲良くなった学生との写真を撮る。
(カメラマンは女性)

説明会で学生を惹きつけるための一つの施策。
特に女性が「ハイッとるよ~」って言って一緒に写ると
自然と良い写真が撮れます!

また、その写真を説明会でムービーの中で上映する。
これは学生に対する惹きつけ効果が大きい!


「 アナログな申込みが一番! 」
合同説明会で学生を自社説明会へ誘導するために
QRコードから読み込むかWebから申し込んで下さい!
という流れになっていた。

作業効率を考えるとそれが最善だと考えていた。

しかし、今年の新しい(?)取組みとして
自社説会への申込みを手書きで受け付けるようにした。

すると、誘導率があがった。
また、当日キャンセルの率も減った。

企業側の効率化と学生の申込みやすさは別。
手書きで申込みをした学生の方が入社意欲は高いことを
考えると、企業側にとってもメリットがある。

今年は誘導の導線はこれを中心にしたいと思います。



採用もやはり「絆」マーケティングが当てはまりますね。
スポンサーサイト
皆さん、こんばんは!
新卒採用 中途採用 人材育成、コンサルティング
船井総合研究所 経営コンサルタント藤木 晋丈です。


本日は、福岡に来ています。
今日は一日予定がギッシリでした。

朝は、茶会人というOB・OG訪問受付サイト http://www.chakaijin.jp/ 
から、素敵な大学3年生のOB訪問を受けました。

11月に登録したのですが、これで3件目。
写真すら載せていないのですが、結構応募があるものですね。
会った学生は皆良い子でした。この積極性を活かして頑張って欲しいものです。

そして午後からは来年度の予算会議。
そして社内引越し。

なんだか、年末モードになってしまいますが・・・
そんなボケたこと言ってられません。

2013年新卒採用がスタートしましたし、20日、21日は先輩社員研修があります!

まだまだ気が抜けません(笑


さて、本日の採用道場は中小企業の採用が成功するかしないかのポイントである
リクルーターの採用力に関してお伝えします!

それではどうぞ!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
============================================

中小企業で採用チームを作り、学生対応のロープレを行なうと

学生に対してどう接したら良いか分からない。
学生にどんな話をしたら良いか分からない。
学生相手だけどなんだか緊張して上手にしゃべれない。

というリクルーターが数多くいます。


普段お客様に対しては上手に接客ができる社員の方も
学生が相手だと勝手が違い上手にしゃべれない。


こういった場合の対処法は

リクルーターが

学生に対して、後輩を扱うように接すること。


リクルーターに選出されるような社員は
元々、先輩後輩関係の構築が上手である場合が多い。

そういった過去の経験を活かし、
リクルーターとして力を発揮してもらいたい。

多くのリクルーターが学生相手に力みすぎている場合が多いので
こういったポイントを伝えると、力みがとれて力を存分に発揮してくれます。


おまけとして、リクルーターの必須本は、どうやら・・・

ワンピースに決定です。


藤木も年末読もうかと思っています(笑


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。