新卒採用・中途採用コンサルティング道場


★毎週・月曜日更新★

★毎週・木曜日更新★
藤木も執筆中です!

★毎週・水曜日更新★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、こんにちは!
船井総合研究所 藤木 晋丈です。

本日は富山(高岡)にきています。
今は、説明会会場へ移動する前の時間です。


やはり、繁忙期しかも昨年を大きく上回るペースですので、
誰も相手にしてくれません・・・M店長もガラにもなく仕事しています(笑


冗談はさておき。

今日のご支援先には、
内定者が3名アルバイトですでに戦力となって働いています。

内定者アルバイトもこの時期になると繁忙期を乗り越える、貴重な戦力です。
一部の意見では、内定者アルバイトは良くないと言われていますが、
個人的には賛成です。

先日も、F県のM社さんのM店長と電話をしていると、
「うちのNが内定者ながら9台も販売しているんですよ!」
「始めは販売させるのは・・・と思ったんですが、本人のヤル気に負けました」


結果よりも、この姿勢が凄く嬉しかったです。

「挑戦」

個人的には、一年生には結果よりも挑戦した数を競ってもらいたいです。
失敗は、優秀な店長がなんとかしてくれます(笑

今年も、そんなチャレンジ精神旺盛な人財を採用したいですね。

さて、本日の採用道場は「学生を惹きつけるための手法」と題しまして、
お伝えいたします。

それでは、どうぞ!
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
============================================

これからの時期、どれほど学生を惹きつけられるかによって
内定辞退率が大きく変わってくる。

特に今年の場合、内定時期が一点集中するおそれもあるので
説明会からの惹きつけ手法がカナリ重要だと感じる。

その惹きつけ手法をいくつかお伝えすると、



①「説明会の最後に経営者自ら学生と握手する」


説明会の最後に「がんばりましょう!」「ありがとうございました」
と言いながら、学生全員と握手をする経営者。

どんな学生も一瞬戸惑うが、
全員荷物を置き握手をして笑顔で帰る。

強烈なひきつけだ。

今後の選考でも経営者に顔をだしてもらえるときは
握手をしてもらおうと思う。


②「自社に決めるいい訳を作る」

この時期(早い時期)に学生に、自社に入社することを決めてもらうためには
自社に決めるいい訳を作る ことが大切。

両親に対するいい訳
友人に対するいい訳
自分に対するいい訳

この3つのどれが欠けても辞退率が上がる。

学生と一緒に言い訳を考える。

面接の段階でいい訳作りの手伝いをすることも重要な惹きつけ要素になる。


③「自社の欠点を伝える」

就職活動がある程度進んでくると
学生が知りたいことに変化がでてくる。

大きくいうと、その企業の良いところではなく、悪いところ。

就職活動前半は、企業の良いところを聞いても
ワクワクしていた学生。

就職活動が進むにつれ
「どの企業も良いことしか言わない」ということに気がつき、
「悪い部分はないの?」という思考が働いてくる。
そんな学生に対して上手に悪いところを伝えるのも

一つの差別化要素。




スポンサーサイト
皆さん、こんにちは!
船井総合研究所 藤木 晋丈です。


新潟で会社説明会に参加しています。
今日も約60名の学生の方が参加してくれています。
これで総勢約200名。

新潟でこの集客はなかなか・・・・。


話し変わって、先日面白い記事を見ました。


全日本大学選抜(サッカー)の遠征先が
ヨーロッパや南米ではなく、あえてアジア圏にいっているという記事です。


その狙いは、
アジア大会などで東南アジアや中東で試合をする際に
多くの選手が苦戦するピッチコンディションになれるだけではなく、
選手の今後の人生に活かして欲しいという思いがあるから。

理由は、学生までのカテゴリーの日本代表は、半分以上がプロになれない。
プロになれなかった選手達は通常通り就職するわけだが
その就職活動の際に、東南アジアや中東を見ておくことが
視野を広げたり、価値観の幅をもたせることになり就職活動にプラスに働くから。

少なくとも、整ったヨーロッパへの遠征ではなく
貧困に苦しむアジア圏への遠征にいくことでしか得られないものはある。
凄く良い取組みだと思います。

スポーツの世界である程度の成績を残したメンバーは
社会でも活躍してくれることが多い。
こういった取組みは、そのチャンスが広がりますね!!


さて、本日の採用道場は「2013年新卒採用学生の現状」ということでお伝えしたいと思います。

それでは、どうぞ!
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
============================================


昨年と比べて中小企業にも

・学歴の高い人が増えたこと。
・仕事内容とかではなく、想いに共感する学生が増えたこと。
・出席率が高くなった。86%昨年はよくて80%


中小企業にも注目する学生が増えているという
全国的なデーターが例外なく反映されている。


また、出席率に関しては「予約が取れない」という脅迫概念が
強かった昨年に対して、行きたくもない企業を予約しても
仕方がないという思考に変わったように感じる。


そして、感覚的に感じる変化は

昨年よりも学生が冷めていること。

就職活動を始めてまだ一ヶ月程度しか経たないのだが、
早くもゴールの見えないマラソンに疲れている様子。

我慢強さがなくなっている若者の特性が表に出ているように感じる。
こういった学生を、元気付けるのも企業の役割なのかも知れない・・・

そのためには、自社の良い部分だけを伝えるのではなく、
あえてダメな部分を上手に伝える必要がある。


就職活動がある程度進んでくると
学生が知りたいことに変化がでてくる。

大きくいうと、その企業の良いところではなく、悪いところ。

就職活動前半は、企業の良いところを聞いても
ワクワクしていた学生。

就職活動が進むにつれ
「どの企業も良いことしか言わない」ということに気がつき、
「悪い部分はないの?」という思考が働いてくる。
そんな学生に対して上手に悪いところを伝えるのも

一つの差別化要素。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。