新卒採用・中途採用コンサルティング道場


★毎週・月曜日更新★

★毎週・木曜日更新★
藤木も執筆中です!

★毎週・水曜日更新★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、こんばんは!
船井総合研究所の藤木 晋丈です。

先週末、凄く刺激的な会議に参加して以来、
自分の中でのものの見方が変わってきています。

自分で言うと調子に乗るな!と怒られそうですが、
ブレイクスルーをする前の状態かな?と冷静に自分を見ながらも
ワクワクしながら日々を過ごしています。

最近、整備学校に訪問して色々な打ち合わせをさせて頂く事が
非常に多いのですが、日本の多くの“整備学校”が
今、非常に厳しい状況にいるのだと改めて認識しました。

整備専門学校の就職率はほぼ100%。
整備資格を持った学生は今バブル期のように重宝されます。

先生方も、ディーラーをはじめ学生を採用したい!という企業からの
申し出のに応えるために四苦八苦といったところ。
求人数を200とすると、学生が150名しかおらず
圧倒的に人不足という状況

じゃぁ、なんで、非常に厳しい状況なの?

生徒数の減少

全国的に20~30%減というところ。
酷いところでは、40%近く減っている所もある

また、生徒数が変わっていなくても、
中国人や東南アジア人の人数が増えてなんとか全体の生徒数を維持している
学校も少なくない。

この問題、単純に「若者の車離れ」が原因ではない

一つ目の理由は、高校生の大学進学率
これまで大学に進学できるレベルではない学生も大学に進学できるようになったこと
また、このような中で、大学の進学率の低い学校の先生達の評価は当然下がってしまう。

だから、先生達は大学進学率を気にして進路指導をする。
果たして、そこに本当に平等な進路指導があると言い切れるのだろうか?
真実は分からないが、上記のように考えられなくはないし、自分が高校の先生だったらと
思うと、上記のような考えになってしまうのも分かるような気がする


二つ目は、車離れを誘発する
高校生のバイク離れ。校則で禁止されている学校も多い上に
それに違反した学生に対する対応も厳しい現状
昔であれば、見てみぬ振りをしていたことも今はできなくなっている
なんとも寂しい現状がある

こういった要因を思いっきり受けているのが、整備専門学校。

そして、マクロにとらえると今後このような
色々な業界と少子化がからんで起こる、人材争奪戦がますます加速すること間違いない。

そうなってくると、業界によっては非常に歪な組織体になってしまうし
業界事態の成長に大きく関ってくる

これから起こる、人材争奪戦に向けて、自分さえ良ければ良いという発想ではなく
業界全体を考えて行動ができる人が何人いるか?
それが今後のその業界の発展に大いに関ってくるだろう。

少なくとも自分は、後者でありたい。



最後に『人事・総務』のボタンをポチッとおねがいします。。。
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
皆さん、こんにちは!
船井総合研究所の藤木 晋丈です。

ブログのデザインを新しくしました。
まだ、完成というわけではありませんが、皆さんが見るたびに違う格言が表示されるようになります。
お楽しみに。


さてGWも明けて、4月から入社した新人達にも多少の余裕と慣れが出てきているように感じています。
それと共に「今年の新人は~」という初期の新人達に対する評価の声も多方面から聞こえてきます

そういった声を整理してみると、
良いと言われる新人達に共通することは、「元気」「明るい」「積極的」
こういった部分が見られると「今年の新人は優秀」という判子を押されます。

逆に「声が小さい」「動きが遅い」「言葉遣いが・・・」などちょっとしたことで
「今年の新人はちょっと・・・」という判子を押されてしまいます。

色々な新人を見てきましたが、実際この初期の評価は必ずしも
その後の成果には繋がらないと感じています。

上記のような差は
研修中に「言われたことを行動しているだけ」
であることが多く、決して考えて行動している訳ではない。ことが多い。

そんなことよりも、一番深刻なことは
「自分に対する評価のズレ」があることです。

例えば

陸上部の先輩から努力しろ!と言われて
A君は「一日30k走ること」を努力している感じるのに対して
B君は「一日10k走ること」を努力していると感じる

また、
先輩から「お弁当買ってきて」といわれて
A君は「お弁当のみを買ってきて」先輩に「買ってきました」と言う
B君は「お弁当とお茶を買ってきて」先輩に「買ってきました」と言う

どうでしょうか?こういったタイプ
「悪気が無い」というのが一番問題で

悪いと分かっていないだけに、ちゃんと注意をしなければずっと直りません。

こういった感覚のズレを修正するためには
結局は感覚のズレを頻度多く指導することが大切。

ある経営者は
「1000回言ってようやく伝わる。
 できないのは、育てる側が1000回指導していないだけ」

とおっしゃいます。

実際に、入社当時「全然駄目だ」と言われていた社員が
3年経って同期の中でもトップの成績を残すことも少なくありません。
実際に、藤木もそうでしたし・・・(笑


結局は
新人は教える側で90%決まる
という認識を持っていたほうが良いということ。


是非、参考にして下さい!



最後に『人事・総務』のボタンをポチッとおねがいします。。。
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
皆さん、おはようございます!
船井総合研究所の藤木 晋丈です。

GWみなさん、いかがだったでしょうか?
藤木のGWは普段できないことを中心に取り組みました。
階層別の研修・合宿に参加し、まとまったインプットの時間をとったり
そして、久しぶりに体を動かしたり。なかなか充実したGWでした。

ただし、ほぼ半年振りに体を本気で動かしたら、全身筋肉痛です(笑
定期的に動かそうと決意を新たにしました・・・本当に。

本題に行く前にちょっと宣伝を!
オフィシャルサイトに動画がアップされました!

【成功事例】アベノミクスで新卒売り手市場へ、どうする中小企業?(全4回) 第1回「新卒2年目で販売台数全国4位!!」
普段、大変お世話になっている、メーカーズの白井社長との対談です。
ここでも、自分のあまりの醜さにダイエットを決意しました(笑

さて、前置きもこの辺にして前回のブログ「女性社員が会社全体のレベルを上げる!」
に予想以上の反響(ヤジ?笑)をいただいたので、
本当に「女性社員からモテる経営者の必達ルール」
の事例を紹介したいと思います(笑

モテるという定義や、女性にモテてどうするの?などは人それぞれの受け止め方で違いますので
独断と偏見で、「女性にモテ、かつ女性が活躍している会社」
の経営者の皆さんに共通する事例を紹介したいと思います。


1.清潔感がある
これは男性、女性問わずというところですが、特に女性スタッフはこの辺りに敏感だと感じます。
清潔感とは、身だしなみや体臭などの外見だけでなく、身の回り(社長室なども含まれます)
やはり、この辺りをしっかりと押さえている社長は女性スタッフから人気があります。
ただし、別に身なりや部屋にお金をかければいいのではありません。
安易に高級品で身の回りを固めると、逆に距離をとられてしまっています。


2.いい意味で女性に優しい(健全なエコヒイキができる)
男女平等だといっても、自動車業界にある業務の中にはいわゆる力仕事であったり
力のある男性が優位な部分が残る。そういった部分を考慮した仕事の任せ方ができるし
組織としてそういった風土を作るようにしている。
繁忙期で遅くなってしまう時でも、女性社員に対する配慮がされている。
なんてことは良い例です。


3.奥さんの事をとても大事にしている
社員を大事にすることはもちろん、
奥さんをともて大事にしている経営者ほど女性社員からの信頼が厚い。


4.感情的に怒らない
怒るときも冷静に怒る。怒る相手が女性社員である場合はもちろん、男性社員である場合も
感情的に怒るとそれを見ている女性社員からは良い印象は持たれません。


5.女性の活躍するフィールドを明確に示している
やはり、これが一番大事!
女性社員が成果を出せるフィールドや役割を明確に用意すること。
そして、成果がでることを信じて待てること。
この最後の「信じて待てる」が非常に大事ですね。


あくまでも、藤木の経験の中での話しですが
上記の要素を抑えている経営者の皆さんは
女性社員からモテています(笑



最後に『人事・総務』のボタンをポチッとおねがいします。。。
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
皆さん、こんばんは!
船井総合研究所の藤木 晋丈です。

このGWを使って、全社のTL以上の幹部が集まって行われる幹部研修と
オートビジネスチームのリーダー以上が集まって行う合宿がありました。

全社のリーダー以上が集まって行われる会議は本当に楽しい。
そして、自分の会社ながら改めてレベルの高い人が多いということを肌で感じました。

その研修では、5年後10年後の未来のための具体的プランを、
リーダー陣が時間をつかって考え、二日目の午前中に発表するのですが
たった一日でよくここまでのプレゼンができるな・・・と思うぐらいの高いレベルです。

内容まではちょっとかけませんが、さすが各業界でトップをはっているコンサルタント達です。

その中でも、特にに印象に残ったのが、女性コンサルタントの活躍です。

この現象、数年前の船井総研ではありえなかったことで、社内のFAD(兆し・前兆)ともいえる。

そして、よくよく考えてみると、自分のチーム(オートチーム)でも、
女性コンサルタント倉並の活躍が目覚しい今日この頃。

そう言った視点でクライアントを見てみると、
最近好調な企業様ほど、女性社員が活躍している。

自動車業界=女性の活躍できない環境ではなく、
自動車業界=女性が活躍できる環境
になってきている。

言葉をかえると、
女性が活躍できる環境を作ることが、業績アップにつながる。

皆さんの、会社は女性が活躍できる環境が整っていますか?
まずは、社長自ら、女性にモテるようになることが大切ですね(笑


最後に『人事・総務』のボタンをポチッとおねがいします。。。
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。