新卒採用・中途採用コンサルティング道場


★毎週・月曜日更新★

★毎週・木曜日更新★
藤木も執筆中です!

★毎週・水曜日更新★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、こんにちは!
船井総合研究所の藤木 晋丈です

2014年新卒採用も繁忙期が過ぎ、少し落ち着いてきました。
ここまでを振り返ると、昨年同様の活動をしている中小企業は集客に苦戦し
昨年よりも活動量を増やした中小企業は学生集めに成功しています。

一方で、専門性の高い職種の採用が困難になってきている現状があります
看護士、衛生士、整備士、建築士、弁護士、調理師、保育士などがそれに該当します。

理由を挙げると

1.少子化
もちろん、子供の絶対数が5年前よりも減っている
しかも、2020年問題という更に深刻な問題ももうすぐそこまできている

2・大学全入時代
高校卒業時に「就職」を考える学生が減っており、自然と職業に対する意識が薄くなる
そうすると、「この仕事を将来したいから、この資格を取りに・・・」という学生が減ってくる

更に、追い討ちをかけるように、大学側も学生集めの為の学部作りにやっきになっており、
本来必要な、社会に出て必要な知識、スキルの習得の場になっていない

結果、専門性の知識やスキル、その職種に対する意識が低い人材ばかりが社会にでる構造に・・・


3.社会的地位
整備士や調理師など、特にサービス業における専門職の社会的地位があまり高くない
やりたいけど、「食べていけない」「キツイ、つらい」「離職率が・・・」など若者が
この職業につきたい!と思えない風潮になっている。
業界全体、社会全体の問題としてとらえて、改善しなくては・・・・

いっそのこと、
キムタクを主演に整備士のドラマを作ってもらえたら良いのに・・・
後は、整備士として働いている人は、新車が半額で乗れるとか(笑
メーカーも協力して欲しい。


こうやって、理由を整理してみると、
本当10年後の専門性の高い職種、職人の存続が危ないと感じる

日本の伝統芸能なども取り上げられているけれど、専門性の高い職種も同じ。

こういった問題を解決するためにも、今の就職活動の根本的なモノを壊さないと・・・
それまでの教育が変わらない。


こんなことを書いていると、
自分の社会における存在価値が見えてくる

まだまだ、先は長い。


最後に『人事・総務』のボタンをポチッとおねがいします。。。
またお願いします!!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
皆さん、こんばんは!
船井総合研究所の藤木 晋丈です

会社の皆から遅れること7時間。。。
ラウンジでタイへ飛び立つ飛行機を待ってます。
一人ぼっちで(笑

今回は、会社の研修ということで行かせてもらいますが、
タイには年内にまた別の目的できそうな予感がします。(あくまでも・・・)

その目的とは『外国人技能実習制度』です。

外国人技能実習制度とは?
日本の企業等で技術、技能又は知識を身に付ける為に日本に来ている外国人を「技能実習生」といいます。
この「技能実習生」を受け入れる為の仕組みを「外国人技能実習生制度」といいます。
研修生の母国の発展に役立つ人材を育てることにより、日本の国際貢献を担う制度です。

昨年、中国に行ったのもこの外国人技能実習制度の採用に関することだったのですが、
今回はタイです。

もっと言うと、ベトナムとも同じような制度を使って、人材を受け入れることができます。
要は、自社の社風や地域性、組織、経営者の考えによって、受け入れる人材の国籍が選べるということです。

中国人は~
タイ人は~
ベトナム人は~

と、実習生を受け入れた経営者様から色々と話を聞きますが本当バラバラ。

この国が良いという人もいれば、悪いという人もいる。

結局は採用した人材次第ということです。


ちなみに、藤木が昨年採用しに行った時の基準を伝えると・・・


「年齢」「第一印象」「受け答え」
これを重視しました。

日本人であれば「働く理由」「求めているもの」などを聞きますが
海外の実勢は働く理由も求めているものもいたってシンプル。

「出稼ぎ」「将来自国で稼げる技術」を求めています。

だから、人材を見極める基準としても見極め賀難しい。

しかし、

「年齢」であれば30歳以下

「第一印象」は笑顔が素敵な人材

「受け答え」であればハキハキ元気明るい

もちろん、手先が器用などもありますが、一緒に働く人材としては
上記のようなポイントもおさえていて欲しい。

ちなみに、そんなポイントをおさえて採用した人材が今どうなっているか?
というと。

驚くほど勤勉で、日本人のモデルとなるような働き方をしています。
先日、様子を見に行ってきましたが、藤木をみるなり笑顔で挨拶。

そして、話しかけると明るく受け答えをしてくれました。

一緒に働く日本人スタッフの話も聞いてきましたが、
「一生懸命はたらくので、こちらが刺激を受ける」と。

あくまでも、一事例ですがこのようになっています。

仕事の分業の仕方、組織としての体制、地域性さえ揃っていれば
本当に戦力として考えられるのではないか?

むしろ、
これから少子化を迎える日本ならば挑戦しておくべきことなのでは?
免疫を作るうえでも、そう考えられるはず。


ということで、これ以上、詳しい話が聞きたい人は直接お話しますので
ご連絡ください!

ではでは、タイに行ってきま~す!!

最後に『人事・総務』のボタンをポチッとおねがいします。。。
あ、2位に落ちてしまいました・・・またお願いします!!
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
皆さん、こんばんは!
船井総合研究所の藤木 晋丈です

久しぶりのブログ更新になってしまいました・・・(汗

さて、2014年の採用活動も春タームが終わり
大学生全体の就職内定率は14.4%と昨年と同水準で推移しています。

ただ、最近の実感値としてはもっと内定が出ているように感じています。
特に5月は「他社の内定が出たので・・・・」という学生の声をたくさん聞きました。
これからの選考は競合他社との探りあい。スピードを大事にしたいところですね・・・


話変わって「育成の話」

先輩となった二年生の成長もこの時期の恒例行事の一つとなっています

多くの二年生は、後輩が入るこの時期に成長します
しかし、変に先輩ぶってしまったり、背伸びしすぎてしまっては
伸びる人も伸びなくなってしまいます。

そんな中、伸びている2年生に共通することが、

『新人よりも新人らしい』

こういった2年生は急激に伸びているようです

多くの2年生は1年生が入社すると勝手に『先輩』扱いされるのですが
世の中の一般的な見方ではまだまだ新人です(笑)

また、伸び悩んでいる二年生を
見極める一番の質問は「今年の目標は何?」です

伸び悩んでいる二年生は、具体的な目標を持たずに二年目を迎えているケースが多く、
余計伸び悩んでしまいます。

自社の二年生がどうも、伸び悩んでるという企業様は
まずは二年生の目標設定をしっかりしましょう!

最後に『人事・総務』のボタンをポチッとおねがいします。。。
あ、1位ありがとうございます!!
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。