新卒採用・中途採用コンサルティング道場


★毎週・月曜日更新★

★毎週・木曜日更新★
藤木も執筆中です!

★毎週・水曜日更新★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、おはようございます!
船井総合研究所の藤木 晋丈です。

FBなどでは告知・お知らせしていますが、
藤木の弟が2月に整骨院をオープンさせます!

その名も、“ふじき整骨院”

・・・ひねりない!(笑

でも、これが良いんです!!

ちょっと真剣に・・・

理由:1
弟は元川崎フロンターレの選手
そして、整骨院をオープンする、“さぎぬま”は
“フロンタウン”というフロンターレの施設がある場所

だから、“ふじき”という分かりやすい名前がいい


理由:2
なぜ、ひらがなか?それは、少年・少女のサッカープレーヤーに読みやすいように!
藤木の“藤”の字は、小学校4年生くらいに習う漢字。
だから小学校3年生までの子は読めない!はず(笑

と、こういった書き方をすると、
メインターゲットが少年少女かと思いますが・・・
それはちょっと違います!実は、・・・

しかしながらこれ以上は自分の医院ではないので言えませんm(-_-)m


理由:3
“ふじき整骨院”
これを平仮名にすると“ふじきせいこついん” ・・・・これを見た母ちゃんが。
私の名前を入れてくれたんだね!・・・・ん???

ほらっ“ふじきせいこ”

・・・・。

そんなお茶目な母ちゃんの幸せ発言も飛び出す、暖かい(?)めでたい理由があって命名されました。


そんな、弟の開業話で始まった今回のブログで何が伝えたいのか?


今回は、

“挑戦”

またか(笑)

でも、本当そう思う。


少し前に、以前同じチームで一緒に働いていた

剛 (清水屋スポーツのエース

とメールのやりとりでも

~~~以下、勝手に抜粋(笑~~~~

先日中山隊長と話しました。
剛「中山さんみたいなストライカーを藤枝から輩出したいです。助言下さい!」
隊長「とにかく負けず嫌いな奴を探せ!俺はそれだけでやってきた。あとは球際にどれだけ激しくいき、ファイトできるかだよ。練習から怪我とギリギリのところの戦いをしないと世界じゃ勝てないよ。ワールドカップのギリシャ戦みたか?あいつら1人退場してからの守備、半端なかったよな?あれだよ!あれ!あのくらい激しいんだよ。あの激しい中で、プレーしてみ?!絶対活躍できるよ。
そこを突破するんだよ!日本の選手は日頃からあそこまで激しくないよ。」
剛「中山さんは幼い頃から負けず嫌いでしたよね?根底は何ですか?」
隊長「俺は田舎出身だから、舐められないように、いつもファイトしてきた。公園でサッカーしてても、キーパーがキャッチした後スライディングしてたからね。(笑)それは反則だけど、そのくらい激しくいってた。今の子達にはまずないね。嫌われたらどうしようとか考えてなかとたよ!マジで勝ちたかった。点取りたかった。その積重ねだなぁ。」

悔しい経験がかなり重要ですよね。
挑戦しないと悔しさは味わえない。だから、挑戦する事の重要性を大人が伝えなきゃいけない。でも、その大人達が挑戦していない。ありえないですよ。だから、僕は子供達に挑戦する姿を見せ続けますよ!(笑)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


一流の選手達はみな、挑戦、失敗、挑戦、失敗、挑戦、成功?
の繰り返し。

大事なことは、挑戦し続けること。


そう言った意味では、弟はプロの世界では本当に悔しい思いをしたと思う。

そばで見ていたから良くわかる。



でも、またこうして“挑戦”している。


これが、プロの生き方だし、
シンプルにカッコイイよね!!



俺も負けじと挑戦し続けよう。



そして、賛同してくれるみんなも、“挑戦”しよう!?


そういう大人がもっともっと増えること、
子供達に挑戦し続ける後ろ姿を見せ続けることが一番の教育だ!!




皆さんからのコメント良いねが、元気の源です!
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
皆さん、おはようございます!
船井総合研究所の藤木 晋丈です。


サッカー日本代表がアジア杯でPK負け。


アギーレ監督が~香川が~本田が~など、
色々と意見が出ていますが、人間だから良い時も、悪い時もある

もちろん、オーディエンス(世間)は彼らに対して、不平不満を言うのもわかるし
それが、彼らの励みにもなるし、気づきにもなるだろう、

しかし、彼らは一流のプロだから、こういった意見にも
自分を見失うことなく、自分のやるべき次なる目標に向かって歩んでくれると思う

そうじゃなきゃ、今のあの位置なんかにはいけない。
それぐらい、プロの最前線でやっていくことは難しいし



あんな生き方を選ぶことすらできないと思う



あんな生き方というのは



“常に、挑戦し続ける”生き方。

10回挑戦して、1回成功するかどうか、

もっと言うと、成功する保障なんてどこにもない


失敗したら、“針のむしろ”だ



でも、成功を信じて常に挑戦し続ける


自分の存在意義を信じながら
自分の意思を信じながら
自分の判断・意思決定を信じながら


この発想、プロスポーツの世界だけじゃない
サラリーマン、社会人の世界でも同じことが言える


身近な例で言うと


自分が付き合っている経営者


特に自分が付き合っている経営者は
挑戦し続けている人が多い

人は“挑戦する姿”に、憧れ、応援したくなる

これは、経営者のレベルの話だけでなく
新人でも、ベテランでも同じ

がむしゃらに頑張る姿に人は心惹かれる

“はじめてのお使い”もレベルは違うけど、同じ原理
あれを見て、「バ~カ」とか思う人は心がどうかしてる(笑


そう考えると、自分はどうか??



挑戦できているだろうか?



改めて自問自答すると



どんな状況でも、挑戦するエネルギーが沸いてくる!


こういった“生き方”


一度味をしめると止められない(笑





皆さんからのコメント良いねが、元気の源です!
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
皆さん、おはようございます!
船井総合研究所の藤木 晋丈です。

若いボーダーのカップル達が多い新幹線の中、ふと外を見ると、綺麗に富士山が見えていました。

「今日は寒いから空気が澄んでて遠くまで見え・・・・」
「あれ?ここ、熊谷近くじゃない?」

これまで何100回って通ってきたけど、
大宮駅に到着する前に見えるのは知っていたけれど、熊谷近くで見たのは初めて。

先日NHKで福島からも見えるって話はあったけど、特別なカメラだったし、
今回は肉眼で、しかもはっきり。

改めて、“日本一の富士山”ってスげ~って朝からちょっと感動。

そしてこんな日は、大体良い事が多い。朝から幸先がいい。


と、こんな車窓より的なブログを書こうと思ったのではなく・・・・
今日書きたかったこと。

(でも、ちょっと関連しているけど・・・)

“感受性”

について。

この言葉は、とある有名な経営者の方が、新人研修の中で話されていたこと。


「1日24時間それは全員同じ。でも同じ時間を生きていて、なんで大きな差がつくか?」

「それは、同じ時間を生きていても、受け止める情報量、感覚が違うからだ」

「つまり、感受性が違うから」

「今日、ここに来るまでにどれ位の事を感じた?どれ位の情報量を得た?」

「私は・・・・」



この話を聞いた時、凄く納得した。



凄いって思う人ほど、情報量、アンテナの張り方が凄いと感じていたけれど
ここに差があったんだ。



じゃぁ、この“感受性”ってどうやったら高められるのか?



ちなみに、その経営者の方はこうおっしゃっていた。

「色々なものに興味を持ちなさい」




う~ん、至ってシンプル。
そして、納得!!


なんで、こんな話をするかというと、、、、



話は戻って、ブログ冒頭の富士山の話



11年目にして、100回以上も乗っている新幹線
ずっと見てきた景色なはずなのに、まだ“気づき”があった


これまで気がつけなかったか?というと。

別に、ずっと寝ていたから、
ぼ~っとし続けていたから、

ではないけど、確かに
知らず、知らずのうちに、同じ路線に乗っていた

“慣れ”

によって、“興味関心”“アンテナ”が低くなっていたということは確か


それが今日は、気がつけた


なんで、今日に限って“興味関心”“アンテナ”のレベルが上がったのか?


この答えも、非常にシンプル


最近は・・・・


ブログを書くネタをつねに探しているから(笑


っていう、半分冗談、半分本気なこともあるけれど



今年から自分の中で、


常に“ラストチャンス”という言葉を意識しているからかな


別にあと一年で死ぬって決まっているわけじゃないけれど

なんかこう、停滞感を感じていた自分をもう一段レベルアップするために

ずっと考えて出した結論が、


“ラストチャンス”  = “今を本気で大切にしろ” 

ってことだった。


それによって、

止めていたブログも書き始め、
色々な人にも積極的に会い始め、
新しいチャレンジも始め(ます)
ランニングもはじめ(笑

お陰で、インプット、アウトプット量も増えた

お陰で、前よりちょっと豊かな(?)楽しい日々が過ごせている


とりとめもない、文章になったけど(笑


今日の結論は、感受性が人生の豊かさを変える!!


みなさんも、色々なものに興味・関心を持ちましょ!!




皆さんからのコメント良いねが、元気の源です!
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
皆さん、こんばんわ!
船井総合研究所の藤木 晋丈です。


仕事モードになって1週間が経ち、年末年始で習慣になっていたランニングも・・・なかなかできない。。
仕事100%、プライベートも充実って改めて難しい・・・

でも、今年はやりきる!!
(とりあえず、今日はどんなに遅くなっても走りますよ~)

とそんな個人的などうでもいい話はさておき、本題へ



藤木は仕事柄、経営者と幹部。経営者と社員、幹部と社員の間に入ることが多い。

特に多いのが

“経営者と幹部”の間に入ること

別に間に入ってくれって言われる訳じゃないけれど

自然と間に入って
”伝わらない”ことを”伝える”
役割を担っている。

コンサルタントという仕事をしていると、
こういった

“人”

に関する問題には多く触れる。

良くなった成功事例も、どうしようもなくなった事例も
たくさん見てきた。

そんな“人”に関する問題の多くが
相手の気持ちが“伝わっていない”ということが原因で起こることが多い。

経営者の気持ちが幹部に
幹部の気持ちが経営者に


“伝わっていない”

なぜ、伝わらないのか?ということ、伝える力が弱いのではなく、
不器用だったり、自分からは言い辛かったり、タイミングを逃していたり
付き合いが長すぎて・・・だったり

第三者からすると、“もったいない”というのが本音。

そんなもったいない状況を解決するのも
コンサルタントとしての大事な役割だと感じるし、

そんな状況を打破した後の双方の笑顔が、たまらなく嬉しい。

時々、そんな二人を見て、微笑ましかったりするけれど
こういった自分じゃ手が届かないところって誰にでもあるんだと思う。

でも、改めてこういった事を書いて気がつくけれど
手が届かないところをかいて(伝えて)もらって、それを素直に受け止める。
みなさん、話せば分かってくれる良い人たちばかりだ。

こういった素直な人たちを少しでも笑顔に!
自分でいうのもあれだけど、なかなか良い仕事だな(笑



皆さんからのコメント良いねが、元気の源です!
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
皆さん、おはようございます!
船井総合研究所の藤木 晋丈です。

一昨日、昨日と”経営方針発表会”でした。
以前までは”全社研修”と言われていたものです。

今年で12回目の参加。
(内定者時代にも参加しているので)

年々、この会自体の変化も感じますが
共通して言えることは、この会に向かう時の自分の気持ちと、この会が終わった時の自分の気持ち。

この会に向かう時の自分の気持ちは”ワクワク”という感じ。

久しぶりに会えるメンバーや同期、幹部たちからの方針発表、表彰式、懇親会、夜の飲み会
なんだかんだ、11年目を迎える今でも楽しみであることは変わらない。


この会が終わった時の自分の気持ち”さぁやるか!”という感じ。

やっぱり、うちの幹部たちは人の心を動かすのが上手い。
この時期、このタイミングで、”考えさせられる”ワードを大量に浴びるので
自然と正月なまりしていた頭も、仕事のスイッチがポンと入る感じ。


そんな、経営方針発表会の中で一番頭に残ったこと

大野専務の講座
(藤木は勝手に船井総研の親父だと思っている)

”蛻変のとき”

入社11年目を迎える自分にとって、ある意味で第二の人生が始まるタイミング
そんなタイミングだからこそ、”蛻変”というキーワードが頭の中に強く残った。

※ちなみに、蛻変(ぜいへん)が分からない人のために・・・・
蛻変(ぜいへん)とは、蝉の卵が幼虫になり、さなぎになり、羽化して成虫になっていく様をいいますが、
その都度脱皮を繰り返し形を変化させるのでこういわれています。

”幼虫”から”さなぎ”かもしれないけれど、確実に変化したい
じゃぁ、変化するためにまず何をしなければいけないのか?

そんな事を考えていたら、ちゃんとヒントをくれた。

“変えてはいけないもの”と“変えなくてはいけないもの”

”保守8割、革新2割”という言葉もある通り
変化することだけが良いとは限らない。

“変えてはいけないもの”と“変えなくてはいけないもの”
まずは、これを決めよう。


まず出たのが、“変えてはいけないもの”

お客様に対する姿勢、仕事に向かうスタンス。
今の自分があるのはお客様のお陰。

本当、どうしようもなかった自分を育ててくれた全国の経営者や幹部、社員の皆さん。
そんなお客様に対する親身法、真摯な姿勢、For youの精神はこれまでと同様、それ以上に高めていく。

では、“変えなくてはいけないもの”は何か??

うん、これが難しい。

何で難しいのか?

課題はたくさんあるから(笑

でも、優先順位を決めて取り組まなければ
結局なにも変わらないのはここ数年で経験している。

・・・と考えた結果。


人を褒めて育てる!
人に笑顔で接する!

(笑)


なんだ、そんなこと?と思われたかも知れない。


読む人が読んだら笑うだろうけど、
褒められて育っていない、第二世代の自分たちからすると、意外と難しい。
同じような課題を共有している、経営幹部の人達はたくさんいるはず(笑

最近のスポーツの世界を見ても分かるとおり、
やっぱり若くして結果を出している人達は皆

”楽しんでる”

いかに本人たちの”内なるやる気””楽しさ”を引き出してあげられるか?

長所伸展、プラス発想で人と接しようと思う。


あとは、プライベートで言うと・・・体重減らします。。

「最近太った?」「最近、大きくなった?」
とすっかり、デブキャラが定着しつつあるけれど。

考えてみると、それは自分をコントロール出来ていない証拠・・・
何かを言い訳に自分をコントロールできないのは止めようと思う。

ということで、10キロ~15キロ一年かけて絞ります。
詳しくは、FBに乗せていきます(笑

真面目な話から一気に、ふざけた話になってしまったけれど、
今年一年のスタートはこんな幹事で切りました。


悔いの残らない、一年に!


今年は”蛻変のときだ!!!





皆さんからのコメント良いねが、元気の源です!
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
皆さん、明けましておめでとうございます!
船井総合研究所の藤木 晋丈です。

2015年から再スタートすることにしました。
昨年は・・・と書き出すと止まらないので、今後のこのブログに対する想いを少々。


藤木は今年で入社11年目。
入社当初、こんなに長くいるつもりはなかったのですが(笑)
(そんなこといったら怒られそうですが・・・w)

4年目くらいから、今の仕事のスタイルに変わりました。
組織作り(採用、教育、制度構築、評価)

そして、この仕事にハマりました(笑

本当、楽しいし、色々な人との出会いが自分を成長させてくれる。
入社前はこんなに自分が働くとは思ってもみませんでした、、、
それだけ、良いお客様に恵まれているってこと

そんな仕事を通じて、出会った人たちの数は、1万人近い
1万人の採用や教育に携わってきました。

そんな人達に対して、何かできることは無いか?
そう考えた時に、このブログを継続することを考えました。

そのため、このブログはまず、これまえで出会ってきた人達に向けて
日々感じたことや、ルール化していったことを伝えていこうと思います。

その中で、これから新しく出会う人達にも伝わっていけば良いと思っています。

なので、時にブログの中身が思いっきり内輪ネタだったりします(笑
そこは許して下さい。。。



ちなみに、2015年の藤木のテーマは・・・

『志大きく、変化を恐れない!』

とても抽象的ですが、
船井総研で10年を過ごし、良いも悪いも慣れが出てきています
そんな慣れを打破して成長するには、大きな変化が必要です。

ですが、志(軸)はぶらさない。

このテーマのもと
仕事もプライベートもこれまで以上に充実させていこうと思います!

その他のトピックでいうと、、、
10年かけて鈍った体を再び絞って、若返りたいと思います(笑


皆さんからのコメント良いねが、元気の源です!
今年もよろしくお願いいたします!



にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。