新卒採用・中途採用コンサルティング道場


★毎週・月曜日更新★

★毎週・木曜日更新★
藤木も執筆中です!

★毎週・水曜日更新★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、こんにちわ!
船井総合研究所の藤木 晋丈です。

コンサルタントとして働き始めて、この4月で11年目を迎えようとしています
そうすると、一番長いクライアントとは7~8年お付き合いをさせていただいています

そうなると、会社の規模も、10名程度だった企業もいまでは100名を超えています
売上げも10倍になっているクライアントも少なくありません

そんな企業を毎月第三者としてサポートしていると

会社の規模によって、社長の役割も変わってくることも
見てきました

よく経営者は孤独と言われるけれど・・・

最近、それを感じる時が多々ある

でもそれは、ただ単に

相談相手がいない
愚痴を社員にこぼせない
怖がられて、気を遣われ続ける

などということではない


もちろん、そういったところにも、孤独を感じることもあるけれど


一番は


「社員のことを想って取り組んでいることが伝わらなくなってくる」


これが一番辛い


藤木のお付き合いさせていただいている社長は
お世辞、ひいき目抜きに、社員さんのことを真剣に考えている

会社の規模が大きくなれば、

給与や役職があげたり
その他にも、色々な角度で
社員満足度の向上のための取り組みを増やしている


けど、それでも


社長の本音は新人から順番に伝わらない


だから、

大量離職
幹部の離脱
不正

など、思わぬ事態に直面することがある

こういった時に、一番孤独を感じる


こういった状態を解消するのは正直難しいけれど


少なくとも、社長に近いポジションの人は

社長のよき理解者にならなければならないし
社長のよき通訳者にならなければならない


規模の成長、社長の成長、幹部の成長、社員の成長


これを繰り返して会社は大きくなっていく


幹部・リーダーの皆さん、最近、社長の本音聞いていますか?



藤木も経営コンサルタントとして
もっともっと、社長の本音を聞きたいと思います



皆さんからのコメント良いねが、元気の源です!
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
皆さん、こんばんわ!
船井総合研究所の藤木 晋丈です。


去年の5月末に福岡でフットサルしている時に、アキレス腱を切った


まさかの出張先での大怪我・・・

そして時間も時間・・・

とりあえず、救急車で病院へ運んでもらい

その日はオペは出来ないと、出張用のキャリーケースと松葉杖という
歩行不能の状態で、帰される・・・

幸運なことに、従兄弟の家の近くだったため
迎えに来てもらい、なんとかその日を乗り切った


次の日、弟からメールをもらった
フロンターレ時代にお世話になっていたドクターが偶然、福岡で開業していて
夕方から診てくれるとのこと (しかも、有名な先生

東京に帰って、オペをすることも考えたけれど
一刻も早く治したかったのと、次の日の予定が九州だったこともあり
福岡でオペをすることに

ただ、オペを受け入院するにあたって、な~んにも用意ができていない

すると、福岡に転勤した高校の頃の友人が、
お見舞いがてら色々と準備をしてくれた

叔母さんも、身の回りの準備世話やら洗濯まで、大変な時に面倒をみてくれた

お陰で無事にオペは終了し、次の日には退院
無事に仕事に戻ることができた
本当はもう一日入院していなければならなかったけど(笑

・・・・


最近、ランニングをしたり、フットサルをしたりと、運動ができているのも


周り人のお陰


こんなに助けてくれる仲間がたくさんいることは
普通のことじゃない


改めて、しかも、今更言うことでもないかもしれないけれど


“人とのつながり”は大切だと思う


忙しいとき、一杯一杯な時、自らが辛い時、
“人とのつながり”を大切にできないことが多い

でも、そんな時にこそ“人とのつながり”を大切に出来る人こそ


一流だと思う


今、多くのクライアントが繁忙期の真っ只中にいる

そんな時にだからこそ、
“人とのつながり”を大切にしてもらいたいと思う


5年後10年後、間違いなくかけがえの無いものになっているから



※真一、いわき、一昨日は急な誘いにもかかわらず、ありがとう!
 いや~全国の友人に本当、支えられています(笑



皆さんからのコメント良いねが、元気の源です!
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
皆さん、おはようございます!
船井総合研究所の藤木 晋丈です。

先日、日経新聞に
破綻したスカイマーク前社長の西久保慎一氏に関する記事が書かれていた

結果として破綻してしまったけれども、それまでのプロセスは執念を感じた。

キャッシュフローが悪化し、どうにもならなくなった時、
自己資産を投下(数億円)して力技で回そうとしたり

どうにか資金調達を・・・

どうにか会社を・・・


記事を読んでいて “会社に対する執念”を感じた


そして、自分たちはこういった“執念”をもって仕事をしているだろうか?


“執念”って言葉を使うと、少しハードルが上がってしまうけど


“向き合い方”という言葉に置き換えると
自分たちも考え直さなければならない、改めなければならないことがある


“自分ごと”として向きあっているか?

どこか

“人事、他人事”になっていないか?


コンサルタントは特にその、
仕事への向き合い方が問われる仕事だと認識している


コンサルタントは
モノ売りでもなく、ITなどのシステム構築をするわけではない

言ってしまえば、外部からあーだ、こーだ、口で言うだけ

だから一歩間違えば、評論家

でも、そんなスタンス考え方で仕事をしていたら
経営者やクライアントの社員さんにはすぐに見抜かれる

だからこそ、いかに

“自分ごと”として向きあっているか?

当事者意識をもって、その会社と向き合えるかが大切になる

自分は幸運なことに、
そういった向き合い方を教えてくれた社長に囲まれている

でも、それは社長と色々な会話をさせてもらった中から教えてもらったこと
ビジネスライクな付き合いだけでは、難しいかもしれない

うちの若手にはぜひ、その辺を理解した上で仕事に取り組んでもらいたい


話は膨らむけど
クライアントの社員さんにも同じことが言える

“一生ここで働く”

そんな覚悟が決まっている社員さんほど
“自分ごと”として仕事や会社と向き合っている

だから、“成果”が出せる


やっぱり、

モノゴトへの向き合い方


本当に大事だな


もし、今あまりうまくいっていない人、思うようにいかない人は
改めて、自分の向き合い方を確認してもらいたい

全ては、自分がまねいている事

そう考えて、自責で考えることが
問題解決への第一歩になる






皆さんからのコメント良いねが、元気の源です!
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
皆さん、こんばんわ!
船井総合研究所の藤木 晋丈です。

仕事柄、この時期はたくさんの学生に会います。

東京や大阪、都市部の学生だけでなく、地方の学生
就活エリートな学生、体育会系、文科系、

ジャンルを問わず、ざっと1000人以上の学生と会い話をしたり、聞いたりする

今日も、ある大学の体育会の学生達と話をしたのですが・・・

なんだろね、この“ワクワク”感を描けていない感じ
はなから、安定や安心を求める感じ


確かに、上位20%の学生じゃないかもしれないけど、
別に悪い子じゃない、本当普通の大学、むしろ体育会の学生でも同じ

どれだけ、先行き不安なんだよ・・・

どれだけ、先行き不安な育てられ方してんだよ・・・

良い会社の定義が

“安定して終身雇用”

こればっか。


実際に、バブル期が終わった後の苦労をした親たちに育てられているから
仕方がないと言えば仕方がないが

こうも親の影響を受けるのかと思うと、
世の中の経済状況が子供たちに与える影響は大きいと改めて感じる

そういった意味では、藤木の親は

福岡から東京に出てきたり
学生結婚していたり
小さい頃、たくさん怒られたけれど、
はなから否定やストップはかけられなかった

本当、改めて感謝です

おっと、と、別にボヤく為にブログ書いている訳ないのに(笑


今日は、若手育成の成功例

たくさんのクライアントを見ているけれど、成長の早い企業の特徴は


若手の目標設定が上手


もちろん、その人材の年次や能力に合わせているので
目標の高い低いはあるけれど

一番の違いは、

その目標を  “人にたてられている”  のか  “自分でたてている”  かの違い


やっぱり、自発的って大事だと思う


自分で立てた目標を達成するためのサポートをする


これが今、上司に求められていること

もちろん、ほっておくと目標すらたてられない若手も多いので
何もせずに自発性を待つのはNG

常にあの手この手で刺激を与えながら、辛抱強く待つ、話を聞く

そして、褒める!


書いてて改めて自分ができていないと反省(笑


全国の藤木チルドレンの皆さん、今年は褒めますよ~
できていなかったら言ってください(笑

そして、リーダー候補、店長、幹部、経営者の皆さん、ぜひ便乗してください(笑





皆さんからのコメント良いねが、元気の源です!
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
皆さん、こんばんわ!
船井総合研究所の藤木 晋丈です。

弟の医院がオープンしました!
ふじき整骨院
田園都市線の鷺沼で開業していますので、お近くの皆様はごひいきに(笑

サッカー好きの子供、個人は間違いなく通ったほうが良いです。
ちなみに、元フランス代表のアンリのサインがあります!!

なんで?と思われるかもしれませんが、
弟は元Jリーガー。
小学校からずっとサッカーをしてきました。
その中で繋がった縁がアンリとのつながりを作りました。
それだけでなく、弟のオープンにはたくさんの縁があって今日まできました。

我が弟ながら本当に回りに恵まれています。
今後も、変わらず頑張って欲しいものです。


と、明るい話題でスタートした、ブログですが。


先週、今日のタイトル、“人は人の為にあり”を教えてくださった方が
お亡くなりになりました。


本当に急なことで、聞いたときはビックリしましたし、本当にショックでした。

10年間コンサルタントとして沢山の経営者の方に出会ってきましたが
数少ない自分の人生を左右する、人生観を変えてもらった経営者でした。


亡くなられた当日も、社員さんの勉強会に参加されて
その後・・・

社員さん、お客様、我々のような外部の人間、
どんな人に対しても、丁寧にそして心をこめて対応される方で
多くの社員さんは怒った所を見たことがないと言うほど、温厚な方でした


これまで、6年間のご支援の中で色々なお話を聞かせていただきました
私自身悩んだり、迷ったりしたときにいつも道標をいただきました。
本当に色々なことを学ばせていただき、いつも元気付けらました

何より
これまでたくさんの“ありがとう”をいただきました
これまでたくさんの“感謝”をいただきました

改めて、今日と言う日を迎えられたことに対する感謝と
一日一日を大切にすることの大事さを学びました

こちらこそ、本当にありがとうございます

市橋会長ほど、人は人の為にありという言葉を
実践されていた方を私は知りません。


改めて、人は人の為にありの実践をしていきたいと思います。


心より、ご冥福をお祈りいたします。




皆さんからのコメント良いねが、元気の源です!
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。