新卒採用・中途採用コンサルティング道場


★毎週・月曜日更新★

★毎週・木曜日更新★
藤木も執筆中です!

★毎週・水曜日更新★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
====================================================
朝、全然人がいなくて、広々机を使えるな~と思っていたのですが、
夕方から夜にかけて人が揃ってくると、狭いです。
会議の日の席取りゲームが今から目に浮かびます。
(フリースペースなので)
夏は男臭そうだし・・・・・。ファブリーズ求む。
=====================================================

この不況期に新卒採用を続ける自動車販売店は
2パターンある。

この不況期だが、新規出店をするために人を入れ続ける企業

人員の入れ替えを一番に考えている企業

多くの場合が後者である。


人員を入れ替える為の新卒採用において気をつけなくてはならないのが

①入れ替えるポジション(人員)タイミングを明確にする
②既存のスタッフにその真意(入れ替えが目的)を悟られない
③採用基準よりも、退職の基準を明確にする



入れ替えるべき人員を明確にするのは勿論のこと、
入れ替えのタイミング・時期を明確にし、逆算して考える事が大事である。

入れ替えのタイミングを間違えると、人員超過もしくは人員不足になってしまう。





入れ替えの真意を悟られると、新卒に対する風当たり、対応が悪化する。
教育する文化や、効果的な業務の引継ぎなどが行われず、これまで蓄積してきたものが失われる。



採用基準を作ることは当然の事、退職もしくは降格の基準を明確にしなければならない。
その際、気をつけなければならないのが、降格基準は評価制度などに明記する事ではなく
暗黙の了解で基準を広める事が重要である。


経営者として、自社で稼げない、活躍できない社員を
いかに次のステージに円滑に進める事ができるかも重要な役割です。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。