新卒採用・中途採用コンサルティング道場


★毎週・月曜日更新★

★毎週・木曜日更新★
藤木も執筆中です!

★毎週・水曜日更新★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いま人材業界は大きな打撃を受けているのは
言うまでもないが、就職活動中の学生はどうみているのか?


6年前、私自身が就職活動で回った企業約200社

その中には、今でも学生から人気の高ベンチャー企業も含まれている。

ガイアックス
ベンチャーオンライン
リンクアンドモチベーション
インテリジェンス
ワイキューブ

などなど、6年前はどこも業績が好調であった。

しかし、今・・・・・。

どの程度のことを学生はしっているのだろうか?
どの程度のことまで学生は気づいているのだろうか?


例えば、リクナビやマイナビ。

某企業は、自社の採用よりも
自社の営業活動である「新卒紹介のページ」に力を入れて掲載している。


学生の仕入れの為のページに200万。

自社の採用ページは
「新卒紹介している企業の業績が悪くて新卒が採用できません。」
とは言えないからタテマエ上、ナビに掲載している程度の40万。。

私が見ても、どっちがどっちだか分からず勘違いしてしまいそうな作り。

今年大学4年生の学生に見てもらっても同様の感想であった。

人生にとって、社会人一年目は重要なとき。
その準備である、就職活動ももちろん大事なとき。

こういった掲載の方法でどの程度の学生が気が付くのだろうか?
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。