新卒採用・中途採用コンサルティング道場


★毎週・月曜日更新★

★毎週・木曜日更新★
藤木も執筆中です!

★毎週・水曜日更新★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さんこんにちは!

船井総合研究所 藤木 晋丈 でございます!

週末、いかがお過ごしですか?

先日、とてもビックリする衝撃的な事実を知ったんです。

それは?

なんと、その昔、流行ったウーパールーパー。

今は食用として食べられている・・・・

ウーパールーパー丼。素揚げらしい。

嘘だと思う人は: http://karapaia.livedoor.biz/archives/51374873.html

をご覧下さい。

正直な感想、食べ物の好き嫌いが一つもない私ですが、
個人的には美味しくてもあまり食べたくないですね(^^;

でも、食べた事がある人は是非ご感想を聞かせてください。

宜しくお願いします。


では、本日の採用道場では就職サイトに掲載する
給与(金額)に関してお伝えしたいと思います。

それではどうぞ!


==============================


まず、就職サイトを作りこむ際に大事にしなければならないのが

①ページの写真
②給与の記載の仕方
③先輩社員の仕事の見せ方

理由は、学生はこの①~③の順番に各企業ページを見て回ることが多いから。

①の写真に関しては、それぞれの企業の独自固有の強みを
出来るだけアップで生々しく捉えた写真が好ましい。

③に関して、現場感を大事にすること大切だが
仕事をどうマクロな視点で説明する事が出来るか?が大事である。
例えば、飲食業や接客業。
入社後、やる仕事はホールスタッフや販売スタッフ。
しかし、その部分だけの訴求では不十分。
飲食業、接客業を一つのビジネスと捉えて考える視点が大事である。


そして②の給与の表記である。
初任給だけでなく。30歳のモデル給与を欠かさない事。
学生にとって初任給も大事だが、30歳になったときに自分がいくら貰えるか?
を知りたい。よく、「30歳になったら~」という台詞に代表されるように
入社後2~3年は下積みと割り切れる学生は多い。

したがって、給与の表記の仕方として
30歳のモデル給与を掲載することもポイントとなる。


スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。