新卒採用・中途採用コンサルティング道場


★毎週・月曜日更新★

★毎週・木曜日更新★
藤木も執筆中です!

★毎週・水曜日更新★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは!


船井総合研究所 藤木 晋丈でございます。


昨日は、先輩が経営しているお店に食事に行ってきました。

いや~、お酒、食事とも美味しかった!

さすがです!!
良かったら、皆さんもどうぞ!

蔵前・結わえる
http://yuwaeru.co.jp/info/pdf/open_kuramae.pdf

それでは、本日は筆記試験に関してお伝えしたいと思います。

筆記試験・・・・・個人的には凄く苦手でした。
それがまさか、作る側に回るとは・・・。



==========================================


選考において筆記試験を行う企業が多い。

しかし、

ただなんとなく市販の問題集を使ったり、

無料の筆記試験をを活用したり、

保険会社などの試験を活用したり、

と本当にその業種や職種に必要な筆記試験をやっているだろうか?

本来であれば、業種に特化した筆記試験が好ましい。

ここでは最低限おさえなければならない筆記試験作成のポイントをお伝えする。

必ず押さえなければならないことは筆記試験は、

「点数よりもその内容が重要である」

ということ。

つまり、下記のように、数学、国語、一般常識、小論文など
よく行われている科目において、以下のポイントをみると言うこと。

【数学】
数学に関しては中学生の因数分解程度でよい
また、率を求める文章問題などが好ましい。

問題を解く能力よりも、正確性、スピードが重要視される。

【国語】
国語に関しては漢字中心、
接客に必要な敬語の問題も必須である。

基本的な語学力と、育ちを見る事が大事である。

【一般常識】
一般常識に関しては、時事問題などであるが

どの分野の知識を持っているか?によって、求職者の
生活の範囲や興味の範囲を見る事が大事である。


【小論文】
例えば、
「車のない国にあなたならどうやって、車をひろめますか?」

論理的思考を中心に、創造性をみていく。


単純に点数だけを見るのではなく、
こういったポイントを見る必要が大事である。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。