新卒採用・中途採用コンサルティング道場


★毎週・月曜日更新★

★毎週・木曜日更新★
藤木も執筆中です!

★毎週・水曜日更新★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさん、こんばんは!(おはようございますの人もいそうですが・・・)

船井総合研究所 藤木 晋丈でございます。

本日は、神戸に行ってまいりました!

少し早く現地に着いたので、駅前の広場のベンチに座っていたのですが、
学生を見ているとその土地柄が現れますね!

学生のころ、ファッション雑誌を見ていて、地域差を感じていたのですが
生で見てもやはり、違います。

どっちが良い悪いではなく、違いはありますね。

ということは、採用に関しても必ず地域差があるはず!!
なんて事を考えながらベンチに座っていました。


それでは、本日の採用の裏側は、合同説明会で学生を沢山集める

「差別化の3要素」に関してお伝えします。


それではどうぞ!


=======================================

合同説明会で沢山の学生を集めるためには

次のような差別化が必要となる。


①ブースの賑わい感 ⇒始まりと終わりの拍手喝采

②ブースのつくり   ⇒とにかく、笑顔の写真沢山

③プレゼン内容   ⇒会社の説明は一切しない



①これは、番組の前説と同じように、プレゼンをする前と最後に拍手をする
ただ拍手をするのではなく、ブース全体でそろえるため一体感が生まれる。


②通常、メッセージや社名、商品などを掲載しているが、
とにかく笑顔の顔を沢山掲載。しかも、アップでA4サイズくらいにして掲載。


③ブースで自社の話はしない。就職活動の成功のポイントのみ伝える。
この時期、大手が合同説明会している。
そういった、大手とまともに事業内容や、待遇面などで競っても勝てない。
あえて、自社の話はせずに就職活動のアドバイスに終始する。


この3つの差別化の要素をおさえれば、どんな企業にも学生が来ること間違いない。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。