新卒採用・中途採用コンサルティング道場


★毎週・月曜日更新★

★毎週・木曜日更新★
藤木も執筆中です!

★毎週・水曜日更新★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさん、こんにちは!


船井総合研究所 藤木でございます!


先日は年に1度の研究会の総会の日でした!


全国100社以上の経営者の方々が集まって

・今年度の振り返り
・来年度の動き
・表彰式

などを行ったのですが、
笑いあり、涙ありの素晴らしい会でした。


なんだか、総会が終わると今年も終わりという感じでしたが・・・

今年はそんなことも言っていられません。。

毎日全国を飛び回る日々がまだまだ続きます・・・。

仕事があるっていうのは、うれしい限りですね!



それでは、本日の採用道場では先日参加した、
仙台の合同説明会(EXPO)での気付きをお伝えします。



どうぞ!!


==============================
『 就職活動中の学生の変化 』


就職活動における学生の行動に変化が生まれている。


例えば、合同説明会。

以前であれば開始2時間以内にピークを向かえ。
その後の時間は学生数が激減する。

という動きが、昨年までの学生の動き方。

しかし、今年は違う。


そもそもの昨年の同時期の合同説明会への
動員数に対して約1.5倍となっている上に

===============
大型の合同説明会で
3万人⇒5万人

中型の合同説明会で
1200人⇒1500人

===============

滞在時間帯や訪問ブース数に関しても

===============
平均2時間⇒3.5時間
平均3社 ⇒5社以上

===============

企業にとってプラスな変化が生まれている。


こういった学生の動きは
学生の集客に関してはプラスに働くのだが
見極め(面接)の部分では、困難になる。


こういった学生の動きの変化を踏まえ、
今年の新卒採用はより絞った打ち出しで
そもそもの母集団の質を上げて、見極め
のリスクを分散する必要がある。



スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。