新卒採用・中途採用コンサルティング道場


★毎週・月曜日更新★

★毎週・木曜日更新★
藤木も執筆中です!

★毎週・水曜日更新★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、こんにちは!
船井総合研究所 藤木でございます。

本日は、お知らせが一つ。

なんと、藤木著の本が出版されました!!
(といっても、共同出版ですが・・・)

タイトルは、船井流「店長大全」 です。

いわゆる、小売業・サービス業の店長のための店長バイブルです。
(タイトルのままですが・・・)
※詳しい紹介はコチラを↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.funaisoken.co.jp/site/column/column_1260934631.html

何はともあれ、初出版ということで皆様よろしくお願いいたします!!

今度、支援先に伺って無かったら強制的に送りつけます(笑)


それでは、本日の採用道場は少しマクロな話をしたいと思います。

どうぞ!
(最後に下記のボタンをワンクリックお願いします)

=======================================

今日の日本において「新卒でどこの会社に入るか?」
が非常に重要になっている。


その為、世代によっては不運な世代と幸運な世代がある。

例えば、今年の内定者比率は62.5%と5年前の就職氷河期と同じである。
では、5年前の世代や、今年の就職氷河期の世代が他の世代と何が違うのか?

それは、正社員比率が他の世代に比べて低いということ。
(今年の世代はまだ出ていませんが・・)

これは新卒としての就職を逃すと、
なかなか正社員として社会に出れないことを意味している。

また、今の日本では新卒に対する教育は注目されているが
中途に関してはまだまだ教育の注目度は低い。


その為、一度この王道から外れた人材は、王道に乗った人材よりも
企業からの教育を受ける事が難しく、
30歳になるころには大きな差が生じているのが現状。


こういった、敗者復活の制度的なものがない事が
今の日本の根本的な人材力の低下に繋がっていると考えられる。

日本の教育を見直すには、まず企業の採用のスタンスを変えるべきではないか?


にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。