新卒採用・中途採用コンサルティング道場


★毎週・月曜日更新★

★毎週・木曜日更新★
藤木も執筆中です!

★毎週・水曜日更新★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、おはようございます!
船井総合研究所 藤木でございます。

本日は、甲府です。

ここにきて改めて、新卒採用を研究しております。
どうしたら、自社ナビに学生を誘導できるか?
どうしたら、自社ブースに学生を沢山誘導できるか?
色々なコンサルがどのように行っているかも研究したところ
色々な発見があり、ほぼ母集団形成においてはルール化できました。

ちなみに前回紹介させて頂いた、キャッチコピー型のメール。
さらに、ターゲティングもより詳細に。メールもより細分化したところ、
反応率が通常の5倍~10倍の結果が出いています。
また今度紹介いたします。

それでは、本日の採用道場は、「とうとう来た!鈍化する2011新卒採用市場!」をお伝えいたします。


===========================================
早期化する新卒採用活動に反して、
とうとう大手企業が内定だしを遅らせる動きを取り出した。

これは、近年までの「早期化」の流れに逆流した動き。

「そんなことして優秀な人材は採用できるのか?」
と思われるが、先日新聞紙上に掲載された企業は、

「理系の研究職の採用」がメインである為、あらかじめ
早期に学生や研究室とコンタクトをとり、目星を付けている。


ココにこれからの新卒採用の大きな流れの変化を見る事が出来る。

これまでは、母集団形成⇒選考⇒内定だし。
という流れだったのに対して

これからは、母集団形成⇒空白期間⇒選考⇒内定だし

という流れになる。

つまり、企業は早期に学生に目星をつけ、空白期間を使い
学生に教育する期間を設け、その成長度合いも加味した上で選考を行う。

採用の長期化である。

そうなってくると、これまで以上に、
中小企業としては組織だった採用が求められる。

◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆

藤木著の本が出版されました!!増刷も決定しました!!
(といっても、共同出版ですが・・・)
タイトルは、船井流「店長大全」 です。
※詳しい紹介はコチラを↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.funaisoken.co.jp/site/column/column_1260934631.html

◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆
参考になったら、最後にワンクリックご協力お願いします(^^vポチッと!

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。