新卒採用・中途採用コンサルティング道場


★毎週・月曜日更新★

★毎週・木曜日更新★
藤木も執筆中です!

★毎週・水曜日更新★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、こんばんは!

船井総合研究所の藤木でございます。


今日はちょっと最近の藤木のつぶやきを・・・

一流のプロ選手は目標達成と同時に次の目標に走り出している。
大事なのは目標を達成することではなく、目標に向かって全力を尽くすこと。
そう考えると目標は常に一歩先、二歩先に据えなければならない。
現状を守るのではなく、攻めて、攻めて行くことが大事だと改めて思った。
現状にしがみつく自分を振り切り、攻めていきたい。

色々と考える事があるのは幸せですね。
これを乗り越えるときっと成長できるのだと思います。

以上、ブログでTwitterでした(笑

さて、本日の採用道場は、企業がありのままの姿を見せる意味についてお伝えいたします。

それではどうぞ!

========================================

皆さん、こんな経験をしたことはないだろうか?


親しみのある、接客サービスをしてくれる飲食店。
しかし、「料理が出る時間が遅い」「オーダーミス」が多い
そんな時、親しみのある接客に対して嫌悪感を感じた。

どんなに良いサービスをしても、
基本的対応力が伴っていないと、その良いサービスは裏目に出る。

つまり、期待値をあげる分そのギャップが大きく、
その分マイナスイメージをもってしまう。

採用活動においても、それがあてはまる。

近年、採用コンサルティング会社の手法は
企業に対して厚化粧をさせ、学生の期待値を上げ
騙し騙し、入社までもっていくという手法が多かった。

その為、離職率が高くなってしまったり、
働いていても、会社や仕事に不満を持っていたり。

(個人的にはだから、若年層にうつ病が多かったりするのかとも思う・・・)

だからこそ今、企業に必要な採用のスタンス。

「力相応一番化」

カッコよく見せる必要はない。
厚化粧する必要はない。

「ありのままの企業」を見てもらう。

※「ありのままの企業」とは「現状+将来のビジョン」である。

今日の学生は、企業にとっては幸運なことに
企業をしっかりと見極めようとする。

だからこそ、企業側は「ありのままの企業」を見せても
以前のように、入り口ですぐにはじかれるということは少なくなった。

就職氷河期といわれる今日だからこそ
入社後を見据えて、しっかりとマッチングする必要がある。

================================
◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆

藤木著の本が出版されました!!増刷も決定しました!!
(といっても、共同出版ですが・・・)
タイトルは、船井流「店長大全」 です。
※詳しい紹介はコチラを↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.funaisoken.co.jp/site/column/column_1260934631.html

◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆◇◆☆+:;;;;;:+☆

参考になったら、最後にワンクリックご協力お願いします(^^vポチッと!
にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。