新卒採用・中途採用コンサルティング道場


★毎週・月曜日更新★

★毎週・木曜日更新★
藤木も執筆中です!

★毎週・水曜日更新★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、こんばんは!

船井総合研究所の藤木でございます。


今日は暖かかったですね~
今日は木更津→池袋での支援だったのですが、コートは手荷物となりました。

また、最近嬉しい報告を沢山聞きます。

「ブログ見てますよ~」
「いつも参考にさせてもらっています」

こんなこと言われた日には、やってて良かった~と素直に思います。

あとは、真面目すぎる!という声もありますので今後は少し砕けた
内容を記載する日も作ろうかと思っています。

ここ、3日間は説明会ラッシュでした。
本日は、その時の反省会から「休日はどれくらい?と聞く学生に対する答え方」
に関してお伝えしたいと思います。

いつもありがとうございます!今日もポチッと押してもらえると幸いです。

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村

===========================================
グループディスカッション(座談会)で
「休日はどれくらいですか?」と聞く学生に対して
不人気業種ほどあいまいに答える。

確かに、経営者として「休日の少なさ」「労働時間の長さ」はどこと無く後ろめたさを感じるだろう。

これが入社後のギャップを生む。

しかし、本当にこれでよいのだろうか?


休日を少なくしたり、労働時間を長く・・・をよしと考えている経営者は少ないはず。

本来であれば、通常通り休みをとってもらって、極力残業もしないように・・・・
こう考えている経営者が多いはず。


しかしこのご時世、企業を永続させるために、会社を潰さないために必死になっている
そんな信念や考え方を後ろめたく感じる必要はない。


だから、私は会社説明会で「休日は?」と聞く学生に対して回答を以下のように伝えている。


「働く前から休むこと考えてるの?」
「あなたにとって休日とは、仕事のことをまったく考えないとき?」
「繁忙期は月に6日、それ以外は8日程度かな」
「お客様からの電話には休みでも出るようにしいてる。
  それがお客様からの信頼につながるので」
「休みが多くて、つぶれる会社、休みが少なくてもつぶれない会社、どちらがいい?」


ポイントは
週休で考えるのではなく、月で考える。
「休みは決まっていない」というスタンス。
「休むことが必ずしも良いことではない」というスタンス。
「頼っていただけるお客様からの信頼の為に」というスタンス。
「社員のことを思って、今は頑張る時期であるというスタンス。


下心から、休日を少なくしたり、サービス残業を強いる会社は別として
一生懸命に経営をしている経営者。

その会社を後ろめたく思って欲しくない。

だから、私はコンサルタントとして説明会に参加する際は
必ず、上記のことを伝えます。

経営者の皆さん、自信を持ってください!
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。