新卒採用・中途採用コンサルティング道場


★毎週・月曜日更新★

★毎週・木曜日更新★
藤木も執筆中です!

★毎週・水曜日更新★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、こんばんは!
船井総合研究所の藤木でございます。

本日は非常にラッキーでした。
何がラッキーだったのか?というと、朝の羽田から広島への飛行機。
実は同時刻のJALは欠航になっていたそうで、ANAも他の便は欠航が相次いでいた。
そんな中、無事に到着した藤木はラッキーでした!

さて、本日の採用道場は意外なところで就職活動が行われている事例をお届けします!

それではどうぞ!
いつもありがとうございます!今日もポチッと押してもらえると幸いです。

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村
=========================================
皆さんの会社で時々「夜」の雰囲気のする学生を見かけませんか?

雰囲気が隠せていない学生はまだ良いのですが、
完璧に隠している学生、実は多いのです。

特に、都市部で200名程度、学生を集めると
大抵5~6名は「夜の居酒屋」でアルバイトをしている学生がいます。

学生達いわく、
「夜の方が社会人の本音が聞ける」
「社会人にウケル対応を学べる」
「就職活動にも役立つ」
などの意見も多い。

しかし、それを面接時に表向きにするか
しないかは個人の判断による。

個人的には、夜の世界への入り込み方が問題であって
働いていること事態は問題ないと考える。

入り込みすぎていいる人材のネックは
「金銭観」「仕事観」

ここが通常の企業で働く際、ギャップとして生じる。

こういった、視点で言うとやはりどの程度働いているかどうかは
面接時に確認しておきたい点である。

今や、学生の多くが経験している「夜の居酒屋」
これらに対する企業の基準も明確にしていかなければならない。

船井総合研究所 オートビジネスチーム公式サイトもご覧ください。
船井総合研究所 オートビジネスチーム公式サイト

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。