新卒採用・中途採用コンサルティング道場


★毎週・月曜日更新★

★毎週・木曜日更新★
藤木も執筆中です!

★毎週・水曜日更新★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、こんばんは!
船井総合研究所の藤木でございます。

GWいかが過ごされていますでしょうか?
今年のGWは会議づくしでした・・・。

丸二日は社内にて会議をしていました。
毎日の支援とは異なる頭の筋肉を使うため非常に疲れますが
新しい取り組みを決めることはとてもワクワクします。

さて、本日の採用道場では中小企業が関係を持つべき地元の大学の選び方をお伝えします。
お金をかけずに新卒採用に取り組もうと思うと大学との関係は欠かせません。
そんなときに重要となるのが大学の選定です。
どんな大学がねらい目かお伝えいたします!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
=========================================

大学周りをしていて感じること。

都心の有名大学は別として、地方の大学の場合
一学年の学生数が、100~300名の大学が一番
就職に力を入れている。

予想するに、

100名以下の大学はそのそも、風前の灯火状態。
もはや、大学としての体力がない大学。

300名以上の大学は
主に、地方の国公立大学。
こちらは、就職課がお役所仕事です。
学生の数もそこまで心配していないので、就職率もさほど関心がない。

それに対して、100~300名の大学が
一番、危機感を持っている。
就職率も凄く気にしており、就職課も積極的である。

これ以上学生を減らせないという気持ちが強く現れている。

中小企業が、パイプを作るべき大学は
一学年、100~300名の大学がお勧めである。

しかも地元であればますます良い。

社会貢献+新卒採用の理想的な形である。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。