新卒採用・中途採用コンサルティング道場


★毎週・月曜日更新★

★毎週・木曜日更新★
藤木も執筆中です!

★毎週・水曜日更新★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、こんにちは!
新卒採用 中途採用 コンサルティング
船井総合研究所の経営コンサルタント藤木です。

家に帰って、録画しておいた岡田監督が特集されたカンブリア宮殿を見ました。
夜も遅かったので二回に分けて見ようかと思っていたのですが・・・

あまりにも面白くて、結局最後まで見てしまいました(笑

今回の特集はサッカー好きでなく、
経営者の方々が見ていただいても十分面白いと感じていただける内容です。

何が面白かったのかというと、

言葉は「真実」+「想い」がなければ伝わらない。
結果は細部で99%決まる。
無意識の領域。
素直であり続けること。
世界では弱いことを自覚したから勝てた。

など、経営に役立つ視点が満載でした。

まだ見ていない方は、是非見て見てください!

それでは、本日の採用道場は「経営者意識の重要性」に関してお伝えいたします。

それではどうぞ!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
============================================

店長やリーダー研修・会議を行っていて感じること

経営者意識の重要性。

いかに経営者意識を持った、店長やリーダーがいるかが
100億円企業への一つの壁だと感じる。


中古車販売店や整備専業店が100億円企業を目指すのであれば、
販売、整備、鈑金、保険などの大きなくくりだけでなく
販売なら新車部門、中古車部門、未使用車部門など
細かな部門がそれぞれ利益の最大化を図らなければならない。

50億円周辺の規模になると
それぞれの部門に店長または部門長が存在する。

多くの場合、店長や部門長は責任感が強く
自身の預かる部門や店舗の数字を達成しようと最大限の努力をする。

実は、それがネックとなって、
企業としての利益の最大化が出来ていないことが多い。

本来、中古車を購入を求めているお客様に対して、
自分の部門の収益を最大化しようとするあまりに、
新車のみの提案をしてしまうこと。

企業としてチャンスロスをしてしまうことが多い。

部門長や店長の責任感の表れだが、
一番肝心な企業としての利益の最大化という視点が抜けている。

真面目な企業ほど陥りやすい落とし穴。

企業規模ごとに、店長や部門長の意識の変化も必要となる。


スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。