新卒採用・中途採用コンサルティング道場


★毎週・月曜日更新★

★毎週・木曜日更新★
藤木も執筆中です!

★毎週・水曜日更新★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、こんにちは!
新卒採用 中途採用 人材育成、コンサルティング
船井総合研究所の経営コンサルタント藤木 晋丈です。


とっても久しぶりのブログ更新になってしまいました。(反省)
多くのお客様からご指摘を頂きました・・・。

12月に入り各地で2012年新卒採用の合同企業説明会の1回目の開催が進む中。
今回の採用道場では、2012年度の新卒採用を大胆予測します!

それではどうぞ!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
============================================
2012年新卒採用はこうなる!

①学生は沢山集めない!
②肩書き採用ではなく人柄採用!優秀な学生は採用しない!
③短期決戦ではなく長期決戦!
④学生とトコトン寄り添え!
⑤見極めるべきは学生ではなく、親!

について、今日から5回シリーズでお伝えしたいと思います。


本日は、Vol.1「学生は沢山集めない!」

先日、このような記事が掲載されていました。
「新卒採用、企業の45%「苦戦」見通し」

その理由として
「応募総数が毎年増加傾向にある」
「応募数の増加と反比例して採用基準を満たす学生は少なくなっている」
「採用基準がアップし、毎年の応募者が増加することに加え、採用担当者が少ない」
があった。

こういった記事からも分かるように、これまでのように
「沢山学生が集まる=採用成功」ではなくなっている。

こういった流れを受けて企業は


Web媒体でターゲットを明確に打ち出すことはもちろん、
「こういった人は自社は合いません」という打ち出しも必要になる。

また、合同説明会もこれまでのように単純な大量集客ではなく
よりすぐった学生を沢山集める必要がある。


そのための、従来の手法からの脱却。
沢山学生を集めない仕組みづくりが必要になってくる。


例えば、シークレットミーティング。
限られた学生にのみ、案内が届くシークレットミーティング。
少数限定での会社説明会を開催し、自社に合った学生の層の母集団を別に形成する。


2012年の新卒採用、個人的には本来あるべき姿になりつつあるなと感じているが、
いよいよ企業の採用力が問われる時がきた。

勇気をもってこれまでの手法と真逆の手法へ!これが採用成功への第一歩になる。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。