新卒採用・中途採用コンサルティング道場


★毎週・月曜日更新★

★毎週・木曜日更新★
藤木も執筆中です!

★毎週・水曜日更新★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、こんばんは!
新卒採用 中途採用 人材育成、コンサルティング
船井総合研究所の経営コンサルタント藤木 晋丈です。

本日は池袋の会社説明会にゲスト講師として話をしてきています。

本日の会社様は今年からWebがメインではなく、
合同説明会をメインで学生を集めています。

すると、社長から一言。

「去年よりも元気がある学生おおくないかな?」

合同説明会で自社の元気な社員に話をさせると
そういった元気な学生が沢山集まります。

Webでは本当の意味で元気は伝わりません。
何事もリアルが大事です。


さて、本日の採用道場は「2012年の新卒採用は教育しながら採用する!」
に関してお伝えしたいと思います。

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
============================================

企業の採用担当者は口を揃えて、「優秀な人材がいなくなった・・・」
という。

そういった中、優秀な人材を採用しにいっても、効率的ではない。
むしろ、魚のいない池に釣竿をたらして、「釣れないな~」といっているようなもの。

だからこそ、新卒採用では教育しながら採用しなければならない。


まずは、学生の大きな勘違いを正す。

「従業員満足度とは?」

学生の認識では。

・福利厚生
・給与
・休日
・安定、安心

これがあれば、従業員は満足する。
と思っている。


そういった軸では、大手こそ従業員満足度が高い。ということになる。
しかし、必ずしもそうではない。

その証拠に、近年大手企業に勤める人に「うつ病」が増えているということ。

もし、本当に従業員満足が高ければそういった、
多くの人が精神的な病気にならないのでは?


つまり、必ずしも

従業員満足度=福利厚生、給与、休日、安定、安心

ではないということ。

むしろ、この今の世の中。
従業員満足度として必要なものは、「仕事のやりがい」「仲間」である。

つまり、マズローの5段階欲求の
「所属の欲求」「認められたい欲求」の段階の話である。

こういった考え方をしっかりと学生に伝えていき教育していく。
それこそが、優秀な人材を採用するために必要な手法である。


スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。