新卒採用・中途採用コンサルティング道場


★毎週・月曜日更新★

★毎週・木曜日更新★
藤木も執筆中です!

★毎週・水曜日更新★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、こんにちは!
新卒採用 中途採用 人材育成、コンサルティング
船井総合研究所の経営コンサルタント藤木 晋丈です。

本日は全社会議です。
6月の末ということもあり、上期も終わります。

組織もほんの少し変化があり、また社内の座席も変わり
只今、バタバタと引越し中です(笑)

そんな中感じること。
やはり調子のいい部署の側は空気がいい。

うちの会社でも一番調子のいい部署の周りは空気が良い。
そんな周りに移動したらきっと良い方向に自然とすすむ気がしますね。

これからが楽しみです!

さて、本日の採用道場は、幼少期の頃の教育と親との会話が及ぼす人材への影響についてお伝えします。

それではどうぞ!
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
============================================
幼少期の教育というと、何も学問のことだけではない。
むしろ、躾やマナーの方が重要である。

そんな一つの事例を紹介したい。

「お箸をちゃんと持てない人は出世しない?」

新人や若手と一緒に食事をしていると、
お箸をちゃんと持てない人がいる。
もしくは、食べ方が汚い人。

本人は気にしてはいないが周りから見ると、結構目立つ。

これは新人や若手だけに当てはまるのではなく、
経営者にも同様のことが言える。

お箸の持ち方や食べ方の汚い経営者の
会社はだらしがないことが多く、業績もイマイチなところが多い。

基本的に、あまりお付き合いしたくない人が多い。

そんな細かい所って思うかもしれないが、
成功している経営者のほとんどが細かいところまで目が行き届く。

つまり、お箸の持ち方、食べ方一つで人生が変わってくるということ。

その事実を親は知るべきだろう。

そして、親が何気なく交わしている子供との会話。
ここにも落とし穴があるときがある。


子供:「ただいま~母ちゃん、腹減ったー今日のご飯何~?」

母親:「●●(子供の名前)、外から帰って来たらちゃんと手を洗いなさいよ」

子供:「そうだ!あの番組、録画予約してくれてる?」

母親:「あ、忘れてた!○○さんちに電話しなくちゃ・・・」

まったくお互いに質問に答えていない。


どうも会話が上手くできない人は
幼少期の頃の母親との会話に上記のような特徴がある。


社会人になって変な所につまずく新人。
実は答え(原因)は子供の頃にある。

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。