新卒採用・中途採用コンサルティング道場


★毎週・月曜日更新★

★毎週・木曜日更新★
藤木も執筆中です!

★毎週・水曜日更新★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、こんばんは!
新卒採用 中途採用 人材育成、コンサルティング
船井総合研究所 経営コンサルタント 藤木 晋丈です。

本日は月に一度の勉強会、オートビジネス経営研究会がありました。

http://www.kuruma-biz.com/

今日の研究会はセミナールームをリニニューアルした後の杮落とし。
(総工費○000万円・・・)
二つのセミナールームの敷居を取ったので100名も軽く入ります。

新年一発目、そして初売りのあとだったので、
皆さんとても明るく雰囲気の良い会でした。

個人的にも、お客様の元気な顔をみるのはとても好きなので
今日は良い気をもらいました。

「さぁ、今年もがんばるぞ!」って皆さん思ってもらえてればいいな~。

さて、本日の採用道場は新卒採用を始めて二年目の企業が陥りがちな
落とし穴に関してお伝えします。

それではどうぞ!!
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
============================================

新卒二年目の企業が良く陥る落とし穴。

「なんか、今年の学生は物足りない・・・」

特に、新卒採用一年目に「成功」と思う成果をだした企業ほど
新卒採用二年目のはじめに「物足りない・・・」という感覚に陥る。


客観的に見ると、そんなことは全然なく、
全体的なレベルは上がっているのに・・・

社長の含め、多くの社員の方が物足りないと・・・。


理由は、


目の前の学生と、自社の内定者のレベルの差が明確に感じるから。


元々の素材差はさほどないが、
選考や研修を受けている分、内定者の方がレベルが上がっている。


これは当然のことであって、それほど驚くことではない。


ただ、企業側からすると

目の前の内定者=学生という視点が抜けていないので、
どうしても、自社の内定者と大学3年生を比べるとどうしても物足りない。

それがいつの間にか「今年の学生は物足りない・・・」

とすり替わってしまう。

こういったピントのズレをしっかりと補正しないと
変に高望みしてしまって、採用に失敗してしまう。


特に中小企業の不人気業種にこういった傾向が見られやすい。


「今年の学生は物足りない・・・」

と思った、社長はもう一度冷静に見て欲しい。

何と比べて物足りないのか?
冷静に判断する必要がある。


新卒採用二年目の企業は要注意だ。

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。