新卒採用・中途採用コンサルティング道場


★毎週・月曜日更新★

★毎週・木曜日更新★
藤木も執筆中です!

★毎週・水曜日更新★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、おはようございます!
船井総合研究所 藤木 晋丈です。

始発の新幹線で新潟に向かっています。

この時期の上越新幹線は雪山に向かう、
スキーヤーだったり、スノーボーダーがとても多い。
(最近はほとんど、スノーボーダー)

土日にいたっては、越後湯沢まで満席で立って行かなければならないことも・・・・

皆さん、少し想像して欲しい。

そんな、スキーヤーやスノーボーダーの中に、
一人スーツを着てPCをカタカタ叩く人を・・・

完全に浮く。

別に悪いことをしている訳じゃない。
むしろ、土日も働いて偉い!という視線をもらっても良いはずなのだが・・・
どうにも・・・

終いには、
3列シートの一番奥に座って隣2人がカップルだった時・・・

タダでさえ、窓側で体感温度が寒いのにも関わらず、
心まで寒くなりそうで、車内なのにコートやマフラーを取れない(笑


と、プロ意識の低い社会人であればそれで終わってしまうのだろう。
自分自身も入社後3年間はそう思っていたかもしれない。

けれど、入社8年目を迎える今。
むしろそんな状況を誇らしく思う自分がいる(笑
これもまた成長ですね。


さて、本日の採用道場は、成長企業は採用のアクセルを思いっきり踏もう!
ということで、お伝えしたいと思います。

それでは、どうぞ!
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
============================================
成長企業は採用のアクセルを思いっきり踏もう!

最近、ご支援先で採用人数の上方修正をする企業がとても多い。

採用人数10名だったはずが、20名を目指そう!
という企業もある。

なぜ、そうなるのか?

単純に、出店や店舗の拡張という要素以外に
実は多くの成長企業では採用人数が足りなくなるケースが多い。


例えば、30名~50名程度の成長企業の場合、

採用適正人数が5名で合ったとしても
最低でも、6名、少し余力があれば、7名の採用が必要であることが多い。

通常、この規模感の会社は全社員数の10%がその年の離職数となるケースが多い。

しかし、この規模で105~110%以上の成長を続けている企業は
離職数が全社員数の10%~20%へ上がる。


成長企業なのになんで?と思うかもしれないが、
成長企業ほど実は、その成長について来れない社員が
自分の居場所を失っていくと感じ、退社数が増える傾向にある。

そんな退社数を見越して、採用適正人数を導かなければ、
企業の成長にブレーキがかかってしまう。

成長している時ほど、謙虚に慎重になるのだが、
採用に関しては、おもっいっきりアクセルを踏むべきだ!


スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。