新卒採用・中途採用コンサルティング道場


★毎週・月曜日更新★

★毎週・木曜日更新★
藤木も執筆中です!

★毎週・水曜日更新★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、おはようございます!
船井総合研究所 藤木 晋丈です。

いよいよ、船井総研の新人達も現場に配属されはじめました。
(昨日は顔合わせみたいなものをしました)

やはり、新人達が配属される時は会社に新しい空気が漂います。

普段とかわらない会議の風景でも、どことなくワクワクした雰囲気。
やっぱり新卒はいいですね。

藤木チームにも1名、これまた体育会出身者(笑
今度は、サッカーでも野球でもなくバスケです。
しかも日本一経験者。

いや~、間違いなくスポーツ大会やったら会社で一番だろうな・・・。
しかもブッチギリ(笑

ご支援先の皆様方の下に連れて行けるのはもう少し先ですが、
個人的は凄く面白い子が来たな!って思っています。



いや~これでやりたいことがたくさん進められる!!

さて、本日の採用道場は
先日情熱大陸でも紹介されていた「ノマドワーカー」に関してお伝えしたいと思います。


それでは、どうぞ!
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
============================================
昨日の情熱大陸にノマドワークスタイルで働く
安藤 美冬さんが出演されていた。

そもそも、「ノマド」とは遊牧民のことであり、
いつも決まった場所ではなく、カフェや公園、お客さんのオフィスなどで
ノートパソコン、スマートフォンなどを駆使しネットを介して
場所を問わずに仕事を進めること。

ノマドワーカーの特権として、

アテンション(集中力、注意力)のコントロールができること。
情報をコントロールできること。
仲間とのコラボレーション(連携、協調)をコントロールできること。

の三つが代表的な例として挙げられている。


個人的には凄く刺激を受けたし、
良い意味で個人個人が自己責任の下で働く「超プロ」だとも思った。

しかし、その使い方、解釈の仕方によっては

無責任ワーカー(?)のような、人材を作りかねないと思った。

個人的な解釈で「無責任ワーカー」を論じると、無責任な発言者。

自分の発言や行動に対して社会的責任を持たず
自由気ままに、気の向くままに生きている。

一見、自由というものを手に入れているように感じるが
何一つ自由になっていない。人生不自由な状態のまま。

周りからの意見や評価を遮断し、都合の良い自分からの周りに対する
興味関心を情報として発信する。

改めて「自由」というものの危険性と可能性を感じた。


ノマドワーカーも一つの生き方であって、それが最高というわけではない。

個性の一つ。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。