新卒採用・中途採用コンサルティング道場


★毎週・月曜日更新★

★毎週・木曜日更新★
藤木も執筆中です!

★毎週・水曜日更新★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、こんばんは!
船井総合研究所 藤木 晋丈です。

先週、フェイスブックを見ていると、
高校の後輩の結婚式の様子がアップされていた。

いや~メデタイ!メデタイ!

と、ここまでは普通の出来事。


しかし今週、今度は別の高校の後輩の結婚式の様子が・・・
更には、来週も別の高校の後輩が結婚式を行なうらしい。

これ、全部同じ高校の同じ代の後輩。
5月は毎週同期の誰かが結婚しているらしい。

凄い偶然だ。というよりよくバランスとってズラしたな・・・。
後輩達、チームワーク良かったからな。

あ、そういえば、6月頭に同じ高校の同期・同じ部活の仲間が結婚します。
そう考えると、多摩高校サッカー部が4週連続して結婚式があるのか・・・。

どれも、行けないけれど(涙 みんなオメデトウ!!!

本日の採用道場は、採用活動の一つの目標である内定出しに関してお伝えします。
しかし、内定出し色々な企業で頭を抱えている企業様も多いのではないでしょうか?

辞退されないか?本当にくるのか?そんな企業様にオススメの対策をお伝えします。

それでは、どうぞ!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
============================================
内定辞退防止のための取組みとしてオススメなのが

①自社の内定に付加価値をつける
②最終面接で主導権を握る



①自社の内定に付加価値をつける


この時期、自社が内定を出したい子は
他社からも内定をもらっているか、もらいそうかどちらかです。

学生も「第一志望群」という括りで
自社と他社の優越を決めかねています。

そんな時に有効な施策が、

「自社の内定に付加価値をつける」ということです。


まずは、通常の他社の採用の目的は
補充採用や、職種別採用であることを伝えます。

それに対して、自社の採用の目的は「将来の幹部候補」としのての
採用であることを伝えます。


そして、通常の内定者研修で行なうようなビジネスマナーばかりでなく、
リーダー、経営幹部としての英才教育が待っていることを伝えます。

大抵の学生はここまでの説明で、他社との差を感じてもらえますが
さらに追い討ちをかけるように、
新人には社長直々に毎週社長塾が待っていることを伝えます。

このように、

①自社の採用の目的が幹部採用であること

②その為の英才教育が待っていること

この二点によって、自社の内定に付加価値をつけます。


逆に、この条件に尻込みするような学生は
自社には向かないので、自然と淘汰され一石二鳥です。

自社の内定に付加価値をつけて
他社との差別化を図ることは内定数を確保する上でも
最終的な見極めをする上でも重要なことです。


②最終面接で主導権を握る

最終面接で主導権を握れるかどうかは凄く大事です。

「就職活動をもう辞めるのであれば、内定を出す」

最終、社長面接の際にこの一言を言えるか言えないか
ここで大きく立場が変わります。

最悪、決められなかった学生に対しても、

「分かった、じゃぁ●●の活動が終わったら、連絡をしてくれ
その時に縁があったら内定を出すよ!」

と、あくまでもこちら側が主導権を握って、最終面接を進めることができます。

そうすると、予期せぬ内定辞退が防げるとともに、
内定を出した後豹変する学生も減ります。

なにより、自社に対するロイヤリティがより高い
メンバーが揃うので、入社前からの戦力化や
入社後の良い影響も期待できます。

どちらにせよ、いいこと尽くめです(笑
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。