新卒採用・中途採用コンサルティング道場


★毎週・月曜日更新★

★毎週・木曜日更新★
藤木も執筆中です!

★毎週・水曜日更新★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、こんばんは!

船井総合研究所 藤木 晋丈です

最後の更新になりました!

毎年、この時期になると多くの人が言う台詞。
「本当、一年経つのが早い・・・」

個人的にそんな早い一年を振りかえってみました。
仕事編
・チームメンバーが増えた
・仕事の領域が変わってきた
・社会人人生で一番忙しかった
・自分の力の無さを痛感
・でも、次のステージへの確かな目標が見えた

プライベート編
・一番フィールド、ボールから遠ざかった
・人生で一番体重が増えた・・・
・急に老けたと言われるようになった
・仕事で海外に行った分、プライベートでは行けなかった
・携帯が未だに、ガラケー (正月に変えようかと・・・)


個人的には、3勝7敗と大きく負け越し。
ここ3年負け越し続きで、変な負け癖がつかないか心配・・・

さて、今日は本題に入る前にもう一つ。

松井選手の引退会見から。

一番思い出に残った一言が

日本に戻ることも考えた。しかし、戻っても多くのファンの方々が
期待してくれているようなプレーをする自信が強く持てなかった。

「強く持てなかった」この「強く」という言葉に
プロフェッショナルを感じると共に、人としての大きさを感じました。

また、長島監督と松井選手とのやりとりには涙がこみ上げてきました。
本当、凄い絆。

凄い人財を作るには、強い絆が必要なんだと。



さて、今回の本題は2012年の総括の意味も込めて
「より本質が問われる時代が来ている」について・・・

12月から始まった、新卒採用活動2014年。

学生が興味や関心を持つものがこれまでよりも、
「仕事」に向いていると感じる。

その証拠に、小手先の学生を惹きつけるトークではこれまでのような成果が出ない
WEBも同じで、よりその仕事のプロフェッショナルな一面を出しているサイトに反応する。

就職の「職」を本質的に捉えてなければ駄目だということ。

こうやって考えると、採用活動だけでなく、
小売業やサービス業でも同じような現象が起きている。

価格や見せ方、仕組みだけではなく本質的なもの。
よくある、口コミサイトの信憑度が問われたりというのは情報の本質が問われている証拠かな。


こういったことを考えていると、
採用に関しても、同じように自社のサイト内に口コミ欄を作っても面白い。
むしろ、それが一番の学生を惹きつける要素になるかもしれないな。

さて、来年も色々とチャレンジしていこう!!

では、皆さん良いお年を。。。
今年一年、ありがとうございました!!


現状、3位が最高あと少しで2位・・・。涙。
年末のプレゼントだと思って・・・ポチッと(笑

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。