新卒採用・中途採用コンサルティング道場


★毎週・月曜日更新★

★毎週・木曜日更新★
藤木も執筆中です!

★毎週・水曜日更新★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、明けましておめでとうございます!

船井総合研究所 藤木 晋丈です。
今年も宜しくお願い致します。

明けまして・・・とはいうものの、
年始から仕事をしていたので全くもって正月ボケはありません。

では、今年一発目の更新です。

「脱ノウハウ!プロフェッショナルの時代へ」
先日行なわれた、全社研修で小山会長がおっしゃっていたことです。
みなさんはどう思われますか?

「ノウハウ」

私自身「ノウハウ化」も大事にしていますが、「脱ノウハウ」も同じく大事にしています。

確かに、ノウハウは必要です。
誰かに何かを伝えるときに、ノウハウ化されていた方が伝わりやすい。伝えやすい。
けれども、ノウハウに頼り切っていると成長が止まってしまう。

自分はコンサルタントとして日々の仕事が「楽」だと感じてしまうときに危機感を覚えます。
それはノウハウをただ横展開しているだけだから。

誰かが作ったノウハウは巷に溢れています。丁寧なものは手引書まであったり・・・
そんなインターネットで検索して出てくるようなノウハウには何の価値もないと思う。

少なくとも、コンサルタントがその領域のノウハウを使って仕事をするのはありえない。
そういった意味で、「脱ノウハウ」これも非常に大事だと感じている。

・・・っと話しを戻して、新年早々脱線失礼しました。

小山会長がおっしゃっていた「ノウハウだけの時代は終わった」というのは

ノウハウをどう使うのか?どう落としこむのか?
ノウハウ以外の部分にどう対応するのか?

そういった、周辺知識や教養、雑学の重要性。人間としての基礎力の重要性、人間性の重要性。
こういった部分が大事であるということでした。

小山会長の話を聞いて、自分なりに感じたことは
それぞれ専門特化したプロフェッショナルがチームとなり、サービスを提供する
プロフェッショナルの集合体。これこそが次の時代に必要とされる集団だということ。

こういった思考をめぐらせながら、自分自身のプロフェッショナルは?
これからどこを磨きこむか?と新年早々自分を見つめなおす良い機会になりました。

年明けて自分でも良いスタートが切れていると思う
これは単に、自分自身がプロフェッショナルという言葉を常に隣に置いているからだと思う。

今年の一つ目の結論。
プロフェッショナルという言葉は、人のパフォーマンスを高める言葉だ!

常に装備できているようにしたい(笑


年明けて3位・・・。
今年こそ1位をとろう!!・・・ポチッと(笑

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。