新卒採用・中途採用コンサルティング道場


★毎週・月曜日更新★

★毎週・木曜日更新★
藤木も執筆中です!

★毎週・水曜日更新★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、おはようございます!
船井総合研究所 藤木 晋丈です。

今日は諏訪に向かっています。昨日は大分でした。その前は京都。
この2日間も寒かったですが・・・今年の諏訪は特に・・・
どれくらい寒いかって言うと、

「四年ぶりに御神渡りが出現した・・・」
と報道されるくらい。http://www.news24.jp/articles/2012/01/06/07197659.html

ちなみに、御神渡りとは・・・
『諏訪湖が全面凍結する際に、湖の中央部の氷がせり上がって氷の山が走る現象である』
というとっても神秘的な自然現象のことです。昔は毎年当たり前のようにでていた現象だったようです。
湖面を車で渡っていたとか・・・(社長談です)
それにくらべると、http://www.youtube.com/watch?v=XZMnPmxi3vc はまだまだですね(笑

あとで、寄ってみようかな・・・何事も現場主義

さて、年明けたばかりなようで、もう1月最後の週です。
その時の経つ速さにも相変わらず驚きですが・・・
なんだか今年は変化(の兆し)が多いような気がします。

採用活動でも「リクナビ」「マイナビ」を初めとする媒体に
掲載して学生にDMを送るだけではなかなか学生を集める事ができなくなっています。
とある企業は閲覧数、エントリー、説明会参加者数共に1/3に落ち込んでいる企業もあります。

そんな母集団形成が難しくなっている要因として、
自社ページの見せ方の問題、母集団形成活動のボリュームの問題があげられますが、
特に求人サイト内の「PRの仕方」(自画自賛の仕方)がポイントになっていると感じます。

食べログや価格ドットコムなど、ネット上の情報の信憑性を疑う消費者と同じように、ネット上の企業の情報を疑う学生が増えてきている。そのため、より信憑性の高い「自画自賛」が求められる。

そんな上手な自画自賛のポイント

まずはむやみに、自社の事を自ら褒めすぎても、自慢しすぎてもいけない
だからといって、逆に自虐的に下げすぎてもいけない

自社を褒める場合のポイントは

①第三者の意見として紹介 ⇒お客様アンケートなどの現物を紹介する
⇒船井総研など外部の人間がさりげなく褒める
⇒社員の家族からのコメントなど

②客観的事実として紹介⇒数値による比較
⇒第三機関からの表彰など

③自社の悪い部分にもフォーカスする

自社を悪い部分を学生に伝える際のポイントは
・最後には悪い部分に関する改善策や改善の意志を示す
・トップ自らが悪い部分にフォーカスする
 ※若手が悪い部分を言うと愚痴になる

こういった細かな部分にこだわり、「自画自賛」する事で学生に対する説得力が生まれる

Webのコンテンツの作り方が変わってくるように思う
もしかしたら、将来会社説明会でお客様に発表してもらうこともあるかもしれない
というか、やってみよう・・・

今年こそ1位をとろう!!・・・ポチッとおねがいします。。。

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。