新卒採用・中途採用コンサルティング道場


★毎週・月曜日更新★

★毎週・木曜日更新★
藤木も執筆中です!

★毎週・水曜日更新★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、こんばんは!
船井総合研究所の藤木 晋丈です。

後輩のFBを見ているとワークライフバランスに関する記事がありました。

その記事は
「若者にワークライフバランスなんていらない」と記載されていました。
そんな記事を読んで思うことを今日は少し書きたいと思います。

最近、ノマドワーカーなど働き方、生き方の多様性、自由度が進んできていますが、
個人的にはどうも違和感を感じていました。

忙しく働く事がかわいそうなこと??
労働時間と賃金が見合っていないという、成果ではなく時間を売る価値観は正しいのか?
なんでもかんでも、自由を与えていいのだろうか??

多くの人が世論を振りかざして、仕事とプライベートのバランスを当たり前のように
主張するその流れに日々違和感を感じていました。

こんな事を書くと、藤木も単に現状を否定するだけの人間になってしまうので、
日本もまだまだ捨てたもんじゃない!ということを書きたいと思います。


本日は、クライアントの内定者の家庭訪問を社長としてきました。

この家庭訪問の一番の狙いは、「社長の労働観を伝える」ことにあります。

実はこれが、早期離職を防ぐ対策だという話は今日は詳しくはしませんが、
社長の労働観を親御さんに伝え、賛同をいただくことで新卒の早期離職率は下がります。

話しを戻して、本日訪問させて頂いた親御さん達は上記のようなワークライフバランスを第一に考えるのではなく
皆さん「若いうちはワークバランスよりも大切なことがある」
という価値観をお持ちでした。

親御さん達も若いうちは、休日なんか関係なく仕事をしておられて
終わりが見えず、泥臭く働く経験をされていました。

そんな親御さん達は
「それが正しいとは思わないが、若い自分には必要だった」と仰います。

こんな親御さん達の意見だけでなく、最近は
土曜日の授業を復活させる学校が増えたり
今日のようなアンチワークライフバランスのような記事が掲載されたり

ジワジワと今、本当に必要な価値観が広がっている気がします。

この労働観を教育できる人、教育された人が日本を支える日もそう遠くないと感じています。

皆さんの、会社の社員の労働観は正論ですか?本当に必要な真実ですか?
是非、確かめてみてください。


そして、最後にポチッとおねがいします。。。
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。