新卒採用・中途採用コンサルティング道場


★毎週・月曜日更新★

★毎週・木曜日更新★
藤木も執筆中です!

★毎週・水曜日更新★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、おはようございます!
船井総合研究所の藤木 晋丈です。

朝一番のハヤテに乗ろうと思ったら満席だったので、一本早い始発のヤマビコで仙台に向かっています。
この時期は合宿に向かう高校生らしき学生や大学生をよく見かけます。

高校3年生にとって、夏は特別なもの。

3年生にとっては最後の夏休み。
全国大会目指して頑張っている人もいるし、
もうすでに大学受験に向けて夏期講習に通っている人もいる

そして、もう一つ。

就職を考えている3年生にとっても大事な夏休み

高校の求人が正式に公開されるのが7月

そして、その求人に対して希望を出して、
自分の就職先を決めるのが7月末。

なんと、この一ヶ月の間に、自分の就職先を1社選ばないとならない。
もちろん、8月から9月16日までの間に会社見学会などにも行くのだが、
それでも、併願がほとんど許されない高校生のこの時期の就職活動は

ある意味で、

大学生の就職活動よりもよっぽど真剣だ

そして、それは学校の先生達にも同じことが言える。
大学と違って、高校生への求人は学校が取り仕切っている。

だから、学校の先生もこの時期は「夏休み」なんて悠長なことなんて言ってられない。
多い学校では、200名以上の生徒の就職先を決めなければならないのだから。

そりゃーもう、学校の先生方も必死だ。

だから、例え中小企業が採用の挨拶にいっても凄く丁寧に対応してくれる
そして、企業側の想いを真剣に受け止めてくれる

世の中には、高校生を駒としてしか見ていない企業も残念ながらいる
そんな企業から生徒を守るのもまた先生達の役割

だからこそ、企業側の想いや対応を真剣にみる

真剣勝負

そんな言葉が相応しい

個人的には、この時期の高校生を育成枠として採用して
将来的に企業の大事な戦力として育てるという考え方を持っている

サッカーや野球など多くのプロスポーツ球団がスカウトしているように
我々企業側も、高校生をスカウトして将来の戦力として育てる


企業は人なりという考え方を突き詰めれば
スカウト採用にもいきつく

これが形になれば、
面白い取組みになるだろう


そういう意味では、藤木は代理人か(笑



最後に『人事・総務』のボタンをポチッとおねがいします。。。
またお願いします!!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。