新卒採用・中途採用コンサルティング道場


★毎週・月曜日更新★

★毎週・木曜日更新★
藤木も執筆中です!

★毎週・水曜日更新★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、おはようございます。
船井総合研究所の藤木 晋丈です。

3月1日に本格的に解禁された2016年卒新卒採用ですが
各採用担当者の“事前準備の差”によって大きく成果の差がくでていますね。

仕事柄、
クライアントの採用担当者、若手
船井総研の新人、若手
と一緒に仕事をすることが多いが

仕事ができる人、できない人との違いがはっきりと見えてくる
(自戒の意味も込めて・・・)


仕事ができる人は


・確認の仕方が細かい
→ただし、答えを求めてくるのではなく、○○で良いですか?と聞いてくる

・報告の連絡が上手
→こちらから確認をしなくても、共有の意味合いで報告してくれる

・お願いの仕方が上手
→自分だけでやろうとせず、周りを巻き込んでドンドンお願いしていく

・即時処理、仕事のスピードが速い
→とにかく、仕事を溜めない。今日出来なくても、次やるときにやりやすい所まで進めている

・期日からの逆算ができている
→期日を決めて、それに対して、スケジュールを組んでくれる

・メールでの説明が上手
→メールのやり取りなど、詳細に記載してくれるので確認しやすい

・他の関係者との関係構築
→先方への気遣いがあり、信頼を得るのが上手

・約束を守る
→守れなくなりそうな時には、早めに相談してくれる

・プロ意識が高い
→例えば、休日前に特別なイベントがあり、なるべく早く処理しなければいけないことがある
 そんな時には、休み明けに行うのではなく、やるべきタイミングで休日を返上してでもやる

・会社に対する気持ち
→仕事が出来る人は会社に対するロイヤリティーが高い。会社の未来にワクワクしている

と、ざっと書き出すとこんな感じです。


ただ、
個人的には、どんな後輩やクライアントの若手にもこういった部分を徹底してもらえるように
マネジメントしていかないといけないのだと反省・・・

上司に対して、
自分がそうできているか?という点に関しては猛反です・・・





皆さんからのコメント良いねが、元気の源です!
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。