新卒採用・中途採用コンサルティング道場


★毎週・月曜日更新★

★毎週・木曜日更新★
藤木も執筆中です!

★毎週・水曜日更新★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、おはようございます!
船井総合研究所の藤木 晋丈です。

さて、久しぶりのブログ更新になってしまいました・・・。
もっと意識して、インプット量を増やしていかないと。

インプット量>アウトプット量

ですからね。

さて、今日は最近よく若手(3~5年生)に相談される事に触れたいと思います。


ここ最近で一番多い相談案件が

“辞めたい”

です(笑)

あれ?5月病って新卒じゃなくて先輩社員がなるの?と思い直すくらい
3~5年生からの相談案件が多い。


その理由は、様々ですが
相談者の多くが、自分が目標を見失っている。

藤木:どうなりたいの?どうしたいの?

Aさん:「別にそれは特に無いんですよね・・・」

藤木:「じゃぁ、なんで辞めたいの?」


・・・そういった際に多い回答ベスト3

1位:将来が描けない(特に営業)
2位:成績が残せず、職種が向いていない
3位:環境を変えたい


あとは、給与や休日に関する問題。
実は、よほどのことじゃない限り給与や休日が原因で新卒3~5年目は辞めていかない
※ただし、結婚している、子供がいる場合はちょっと別

そして、共通しているのが
今が、人生でどん底にいるような気でいる(笑)

確かに、こういった悩みを抱える3~5年生の気持ちは分からなくはない。
自分も3年目の末にこの病気にかかりました(笑)

そんな時には
「もう、この仕事、最悪だ~」
「●●、本当付き合っていけない」
「うちは、本当●●がだめ・・・」

と、超他責型人間になっている。


そんな人間に限って、

ミスやクレーム、仕事の抜けもれが多い
基礎的なビジネススキルが低いまま
プチ結果をだして自分はやっている気になっている

など、意外にも基礎的なことが出来ていない事が多い

しかも、それが原因で歯車が狂っている


自分もそうでした(笑)


だからこそ、そういった人には自分の体験談から

まずは、

1.自分と対峙する

つまり、自分が将来どうなりたいのか?どうしていきたいのか?
とことん考え抜く。

1人でイメージが沸いてこない場合は、先輩を捕まえる
(田上さん、その節は大変お世話になりました。週4~5でしたねw)


そして、
2.そこに向けて今自分に足りていない部分を基礎的なところから見直す。

大抵の場合、

①習慣を変えること
②時間の使い方を変えること
③付き合う人を変えること
④住む場所を変えること


この4つのどれかから変えると良い流れができる

藤木の場合は、
習慣と住む場所をまず変えました。
そうしたら、時間と付き合う人が後から変わった。


そうすることで、少しずつ良い流れができて
半年もすると何らかの変化が感じ取れるようになる

・お客様との良い関係が築ける
・社内の評判が良くなる
・自分自身が楽しいと思えることが増える

そして、将来なりたい像が見えてくる


ざっと書きましたが、多くの3~5年生の悩みはこうやって解決されていく。

そして、昔を振り返って、。
周りには散々迷惑をかけましたが・・・
あの時は必要だったと今でも思う。

自分自身どん底だと思う所から (周りから見たら大したこと無くても)
横にズレルのではなく、這い上がる力をつけることこそ

将来、大きな力になるし必要な経験だと思う。



だからこそ、

辞めずに踏ん張りなさい!

と藤木は言うのです。


これを見て、ドキッとした人は多いのでは?(笑)

まぁ、誰だって通る道だから、気にしない、気にしない。
それでも話きいてくれ~っていう迷える子羊がいましたら、
お電話ください(笑)


皆さんからのコメント、イイネが、元気の源です!
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。