新卒採用・中途採用コンサルティング道場


★毎週・月曜日更新★

★毎週・木曜日更新★
藤木も執筆中です!

★毎週・水曜日更新★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
==================================
ハローワークからの整備士の応募が止まりません。月に5名の応募・・・・
そんなもんか?と思うかも知れませんが、検査員、20~30代などニーズ
にあった人材ばかり。一昔前だったら、1人も応募が無かったのに・・・・。
==================================

学生の本音を引き出す、
学生の嘘を見抜くためのコツ

「質問の順序をあえてぐちゃぐちゃに飛ばす。」


大抵の面接は、

志望動機
自己PR
学生の頃力を入れてきたこと

などありきたりな事を聞かれる。

そういった場合、学生はつじつまを合わせた回答をする。

しかし、それでは学生の見極めは出来ない。

そこで学生への質問の順序を入れ替える。
また、質問にも変化を加える。


例えば、


GWどうだった?

<志望動機ゾーン>
就職活動はどう?

将来やりたいこと見つかった?

将来やりたいことっていつから考えるようになった?
それはなんで?

<自己PRゾーン>
○○さんは、自社からどのように評価されてると思う?

将来どんな大人になりたい?
なんでそう思うの?

○○さんって、周りからどういう人間だと思われてるの?

<学生の頃力を入れてきた事ゾーン>

子供の頃どんな育てられ方してた?

学生の頃は何が一番好きだった・楽しかった?

学生の頃の一番の思い出は?

これらの質問をランダムに出す事で、つじつまが合わなくなってくる。


最低でも、10つ以上の質問をすると
もう自分がどういったかが分からずに感覚で応えるようになる。

そんな感覚で発してきた言葉が本音である場合が多い。

もしくはロジックエラーを起こして突っ込むポイントとなる。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。