新卒採用・中途採用コンサルティング道場


★毎週・月曜日更新★

★毎週・木曜日更新★
藤木も執筆中です!

★毎週・水曜日更新★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ローカルエリアに店舗があるサービス業における若年層の求人は、
少し「地元」をはずしたエリアからの募集が好ましい。


理由は簡単。


知り合いに会いたくないから・・・・・


いわゆる田舎の場合、田舎の人々はめったな事が無い限り郊外に出ない。
その為、地元の人に職場で会うと、「久しぶり」という感覚ではなく、

「また会った・・・・」

「やり辛い」

と言う感覚になる。
だから、田舎の求人の場合、少し離れた所からの応募が多い。


しかし、東京周辺、神奈川、千葉、埼玉、茨城などで若年層の求人を出す場合は
地元密着でもいい。

理由は、地元の人間は都心に働きに行く為、

「久しぶり」

と言う感覚になる。


つまり、田舎では隣に住んでいる人にはよく会うが
東京近郊などのエリア(都心含む)では隣に住む人にはあまり会わない。

なので、そういった感覚の差が生まれてくるのである。


したがって、サービス業にいて若年層の求人をする際は、

ローカルエリアでは、少し「地元」をはずしたエリア

東京近郊では、地元エリア
での募集が好ましい。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。