新卒採用・中途採用コンサルティング道場


★毎週・月曜日更新★

★毎週・木曜日更新★
藤木も執筆中です!

★毎週・水曜日更新★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
栽培型教育とは要約すると
ある程度の型にはめて教育する事。

盆栽型教育とは要約すると
型にはめずに育つ環境を用意し自由に教育する事。

どちらが正しくてどちらが間違っているという事はないが

使い分ける必要はあります。


新人教育において、始めから盆栽型教育で育ててしまっては
基本的躾・マナーやビジネススキルに対して人によってバラつきが生じてしまう。

そして、このご時世、基本(土台)がしっかりした新人は少ないので
将来的に、幹(基本)がしっかりとしていないために、成長が止まってしまいます。


逆に初めにある程度型にはめることで、幹(基本)をしっかりと育てる
そうする事で、将来大きく成長する事が期待されます。


全部が全部、栽培教育で育てるのではなく。

盆栽教育も駆使し幹(基本)の部分を太くすることが大事である。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。