新卒採用・中途採用コンサルティング道場


★毎週・月曜日更新★

★毎週・木曜日更新★
藤木も執筆中です!

★毎週・水曜日更新★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、おはようございます!
船井総合研究所の藤木 晋丈です。

今朝は京都に向かってます。
しかも、グリーンで・・・!!(笑)

いや、いつもグリーンで贅沢しているわけではありません!
GWで指定席が満席で、自由席も怪しかったので・・・

と、なんだか言い訳めいた感じになってしまいましたが、

個人的には、こういったグリーン車に乗るのは結構好きですし、
追加料金を払っても定期的に乗っています。

ちゃんと、それには理由があります!

基本的には時は金なりの発想
グリーンだと座席がゆったりなので、隣に迷惑をかけずに仕事がしっかりできる。
疲れた体へのご褒美!
です。

何事も受け止め方って大事ですw

そんな余談から今日のお題

パラダイムシフト

について。

パラダイムは
ものの見方、観点、判断基準、信念という意味で使われます。

ここで言う、パラダイムシフトとは
世の中や自分におこりうる現象の見方、判断基準をかえること
という定義として使いたいと思います。

よく言われるのが


他責と自責
「アイツのせいで~」ではなく、「自分がこうしなかったから・・・」と受け止める

この他責から自責へのパラダイムシフトを起こすためには

過去と相手は変えられないが、自分と未来は変えられる

このキーワードが必要です。

つまり、
パラダイムシフトを起こすためには、
具体的なキーワードが必要だということ。

それは、経営者でも、幹部でも、新人でも変わりません。

視点を変えるだけのインパクトのある具体的なキーワードが必要です。

昨日も、後輩と話していて、
自分のパラダイムを変えるためには?という話になり

常にお客様目線で判断し行動する

というキーワードが出てきました。

その後輩は、
「お客様目線」というキーワードはもちろん知っています。

でも、そのキーワードが改めてきっかけとなって
大きな変化を起こしてくれそうです(?)


前提、常識を疑え


これは、ある経営者の方に言われた言葉

けれども、これがきっかけで
色々な、ものの見方、観点、判断基準、信念が変わりましたし
変える事がプラスに働くと感じるようになりました。

5月に入り、もうあっというまに、下期がスタートします。(会社によっては)

改めて、自分をワンステージ成長させるためにも
変化=パラダイムシフトさせていきたいと思います。

きっと、変わった後はスッキリ、気持ちいいんだろうな~(笑)


皆さんからのコメントイイネが、元気の源です!
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
皆さん、こんばんわ!
船井総合研究所の藤木 晋丈です。

先週はずっと出張続きと天候の関係で2週間ばかり運動(ランニング)できていなかったのですが
昨日ようやく、ランニングできました・・・が、酷い有様。

やっぱり、継続するって大切だなっ・・・
積み上げるのはコツコツと、崩れるのは一瞬・・・

小さいことを重ねることが、とんでもないところに行くただ一つの道だと感じている 
byイチロー

さて、明日からまたコツコツいこうかな。
と、福岡からの帰りの飛行機に乗りながらそんなことを考えていました(笑


さて、久しぶりのブログ更新ですが、

今日は 『事前準備のレベルを上げる!』 について。

同じコトやモノに関して事前準備をしてもらっても
人によって全然レベルが違う

その違いは何か?

事前準備には

大きく3つのポイントがあると思う

①準備期間
②想定力
③共有力


①準備期間
これは誰でも理解できると思うが、準備期間は前倒しで準備できれば出来るほど良い
ギリギリになったら対処できないこと、慌ててしまうことで、多くの時間をもって取り組めば
なんてことないこと、より良い結果がでることなどは多い。

事前準備のレベルをあげる誰にでもできる簡単な方法は、
準備期間をこれまで以上にとること。


②想定力
想定力は、経験や気遣い、気配りなど複数の力が必要になる。どれだけ色々な状況を想定できるか。
しかも、どれだけ楽観的ではなく、悲観的に想定できるか?というのもポイントの一つになる。
悲観的に準備し、楽観的に対処せよ。という言葉があるくらい。


③共有力
そして、あまり言われないがとても大切なのが、共有力。
これは、小さなチームや組織ではあまり必要とされることは無いかもしれないが
大きなプロジェクトや大きなことを成そうとしている場合
そもそも、一人の“事前準備”では足りない
周りをいかに巻き込めるか?情報を共有できるか?がポイントになる


藤木のクライアントは採用人数も、20名30名40名と
中小企業の中でも非常に多い採用人数にチャレンジしている

そんな中、
採用活動が上手くいっている企業の特徴は採用担当者の共有力が高いということ。

共有力の高い企業は
繁忙期でもしっかりエースクラスの社員を採用活動に参加させられているし
多くの人を巻き込んでいるので、学生の受け入れ体制が整っている
また、戦略的修正が必要な場合も、そのスピードが速い


個人的には今年はかなり、事前準備を大切にしているのだが
お陰でスケジュールも自分の思うように進められ、結果・・・


ここ5年間の中で圧倒的に休みや時間が作れている(笑

人生を充実させる為にも、事前準備を大切にしましょう。




皆さんからのコメント良いねが、元気の源です!
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
皆さん、こんばんは!
船井総合研究所の藤木 晋丈です。

不覚にも、風邪をひいてしまいました。

騙し騙しやっていたのですが、、、どうにもこうにも、幸い休みの日だったでの
ゆっくりすることができましたが、本当油断大敵・・・・・。

改めて、体調管理の重要性と体調によって思考がプラスに働きづらいことに気がつきますね。
体調と思考がリンクすることを改めて痛感しました。

せっかくのフットサルも2回も欠席してしまいました・・・
もう、絶対、風邪ひかないようにしよう!!

さて、今日のタイトル

「自分につきまとうレッテルを良い噂へ変えるために」

実は、藤木は3~4年目くらいまでは

「体が弱いキャラ」だったんです。
・・・今の藤木を知っている人は、嘘つけ~って言われそうですが。

上司には

「お前はいつも体調悪いな・・・」
「すぐ体調崩すな・・・」
「体弱いな・・・」

と言われていた頃のことを思いだします
いわゆる、レッテルというやつをはられていました。

この不のスパイラルは色々なことに派生します。

その頃は丁度

「お前タイミング悪いな~」
「間が悪い」

などもよく言われていました。


正直、

「うるせーな」
「いつもじゃねーよ」
「タイミング悪いのはそっちだろ」

なんてことを思っていましたが、
(言葉が汚くてスミマセン・・・)


でも、今思い返すと

クライアントのところに行かない日は気が抜けていましたし
メンバーに対しても、悪い意味で気遣いが足りませんでした


そんな不のスパイラル「レッテル」から抜け出させてくれたものは


自信→承認です。


クライアントで採用したスタッフが活躍し
業績アップに自分のやっていることが直結していると感じたとき
そして、それを認めてもらえた時

そこからスイッチが一気に入って
クライアントにいかない日でも、やることややるべきことが明確になり
メンバーに対しても、いい意味で気遣いや興味を抱くようになったのを覚えています


もし、今自分が不のスパイラルに陥っているな~って感じる人は
まずは、自分自身が自信をもてる、持ちたいものに、トコトン打ち込みましょう

そうすれば、1年もすればそんなレッテル無くなります

今に見てろよ!という反骨精神があれば大丈夫。

一番よく無いのは、それを受けれて、小さくイジけてしまうこと
そうなると、益々レッテルが覆いかぶさってきます。

また、こういった問題、イジメと一緒で
自分ひとりではどうにもならない時があります。

そういう場合は、周りの人に相談しましょう。
周りの人に力を借りましょう。

きっと助けてくれる人がいるはずです。


藤木にもそういった恩人が数多くいます。




皆さんからのコメント良いねが、元気の源です!
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
皆さん、こんにちわ!
船井総合研究所の藤木 晋丈です。

コンサルタントとして働き始めて、この4月で11年目を迎えようとしています
そうすると、一番長いクライアントとは7~8年お付き合いをさせていただいています

そうなると、会社の規模も、10名程度だった企業もいまでは100名を超えています
売上げも10倍になっているクライアントも少なくありません

そんな企業を毎月第三者としてサポートしていると

会社の規模によって、社長の役割も変わってくることも
見てきました

よく経営者は孤独と言われるけれど・・・

最近、それを感じる時が多々ある

でもそれは、ただ単に

相談相手がいない
愚痴を社員にこぼせない
怖がられて、気を遣われ続ける

などということではない


もちろん、そういったところにも、孤独を感じることもあるけれど


一番は


「社員のことを想って取り組んでいることが伝わらなくなってくる」


これが一番辛い


藤木のお付き合いさせていただいている社長は
お世辞、ひいき目抜きに、社員さんのことを真剣に考えている

会社の規模が大きくなれば、

給与や役職があげたり
その他にも、色々な角度で
社員満足度の向上のための取り組みを増やしている


けど、それでも


社長の本音は新人から順番に伝わらない


だから、

大量離職
幹部の離脱
不正

など、思わぬ事態に直面することがある

こういった時に、一番孤独を感じる


こういった状態を解消するのは正直難しいけれど


少なくとも、社長に近いポジションの人は

社長のよき理解者にならなければならないし
社長のよき通訳者にならなければならない


規模の成長、社長の成長、幹部の成長、社員の成長


これを繰り返して会社は大きくなっていく


幹部・リーダーの皆さん、最近、社長の本音聞いていますか?



藤木も経営コンサルタントとして
もっともっと、社長の本音を聞きたいと思います



皆さんからのコメント良いねが、元気の源です!
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
皆さん、こんばんわ!
船井総合研究所の藤木 晋丈です。


去年の5月末に福岡でフットサルしている時に、アキレス腱を切った


まさかの出張先での大怪我・・・

そして時間も時間・・・

とりあえず、救急車で病院へ運んでもらい

その日はオペは出来ないと、出張用のキャリーケースと松葉杖という
歩行不能の状態で、帰される・・・

幸運なことに、従兄弟の家の近くだったため
迎えに来てもらい、なんとかその日を乗り切った


次の日、弟からメールをもらった
フロンターレ時代にお世話になっていたドクターが偶然、福岡で開業していて
夕方から診てくれるとのこと (しかも、有名な先生

東京に帰って、オペをすることも考えたけれど
一刻も早く治したかったのと、次の日の予定が九州だったこともあり
福岡でオペをすることに

ただ、オペを受け入院するにあたって、な~んにも用意ができていない

すると、福岡に転勤した高校の頃の友人が、
お見舞いがてら色々と準備をしてくれた

叔母さんも、身の回りの準備世話やら洗濯まで、大変な時に面倒をみてくれた

お陰で無事にオペは終了し、次の日には退院
無事に仕事に戻ることができた
本当はもう一日入院していなければならなかったけど(笑

・・・・


最近、ランニングをしたり、フットサルをしたりと、運動ができているのも


周り人のお陰


こんなに助けてくれる仲間がたくさんいることは
普通のことじゃない


改めて、しかも、今更言うことでもないかもしれないけれど


“人とのつながり”は大切だと思う


忙しいとき、一杯一杯な時、自らが辛い時、
“人とのつながり”を大切にできないことが多い

でも、そんな時にこそ“人とのつながり”を大切に出来る人こそ


一流だと思う


今、多くのクライアントが繁忙期の真っ只中にいる

そんな時にだからこそ、
“人とのつながり”を大切にしてもらいたいと思う


5年後10年後、間違いなくかけがえの無いものになっているから



※真一、いわき、一昨日は急な誘いにもかかわらず、ありがとう!
 いや~全国の友人に本当、支えられています(笑



皆さんからのコメント良いねが、元気の源です!
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。