新卒採用・中途採用コンサルティング道場


★毎週・月曜日更新★

★毎週・木曜日更新★
藤木も執筆中です!

★毎週・水曜日更新★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、こんばんわ!
船井総合研究所の藤木 晋丈です。

最近、祖父の手術、母の誕生日、母の日、親戚の結婚、そして昨年無くなった祖母の一周忌と家族行事が多く
改めて“家族”に関して考えさせられることが多くあります。

大学を卒業して、船井総合研究所に入社して、11年。

藤木も今年で35歳、アラフォーです(笑
そんな歳になったのかと思われる方もいるかと思います。

仕事だけに打ち込んで来た!と言い切れるほどでは無いかもしれませんが
一般的には仕事を中心に生きてきました。
(Kさんとかはもっとそうですが・・・ww)

そんな中、
お世辞にも、家族との時間を作ってきたと言えません。

「仕事だからしょうがない・・・」
と半ば、仕事を言い訳にしてきたのが本質。

入社当時、20代は仕事中心にするのが正しい!と言われそれを素直に実行してきた。
と言うと、会社のせいにしてしまっているように聞こえますが、それは違います。

今思うと、そういった言い訳があると
自分が楽だから“家族を犠牲にしてきた”だけです。


そんな自分だからこそ最近、
クライアントの採用、育成、定着化というテーマで
仕事をさせていただいていて痛感するのが、


仕事と家庭の結びつきの重要性


少子高齢化が進む中、企業はいかに良い人材を確保するか?
が企業の命題となっています。

むしろ、新しい商品やサービスを生み出すことよりも
比重としては高くなってきているようにも感じます。


そんな中、これまでのように
20代は仕事に打ち込み、30代、40代と段々と・・・
という価値観だけでは良い人材が採用できない、定着しないそんな時代にきていると感じます。

地域密着した経営というキーワードがあるなら、
家族、家庭と密着した経営というキーワードでしょうか。


働く社員だけでなく、その家族をも幸せに出来る経営が求められている


こういった事を書くと綺麗ごとに聞こえてしまいますが、
実際に、新卒で入社する社員の家庭を訪問し、事業内容や社長の想いを伝えている企業様もあります。
時事ドットコム

実際に、訪問した家庭の親御さんからは
安心した、これで任せられるという声をいただきますし
応援もしてもらえます。

その結果離職率も下がり、社内の雰囲気も非常によくなっています。


改めて、仕事と家庭をどう結びつけるのか?
その手腕が経営者にも、コンサルタントにも問われていると感じます。

親孝行手当ても評価制度に入れたら面白い!
なんて勝手に妄想していますww



皆さんからのコメントイイネが、元気の源です!
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村


皆さん、こんばんわ!
船井総合研究所の藤木 晋丈です。

GW皆さん、いかがお過ごしですか?

例年のGWは安近短と「安くて、近くて、短い」というキーワードで表現されていましたが
今年は「安くて、深くて、短い」というキーワードに少し変化しているそうです。

「深くて」って、どういうこと?と思った人の為に。

簡単に言うと、一番都市ではなく二番都市、よりディープな地への旅行を求める人が増えていることから
安近短ではなく、安深短と言われているようです。

そういう意味では、藤木もGWに長野県上田市へ言ってきました。

なんで上田?って思う人もいるかもしれませんが、単純です。

嫁さんの実家があって爺ちゃん、婆ちゃんがいるから(笑

一泊二日、爺ちゃん、婆ちゃん孝行してきました!


って本当だったら言いたかったのですが。。。

今回も(?)また色々と教えてもらいました。



その中でも一番印象に残った言葉。

他人と過去は変えられない。でも、自分と未来は変えられる!

爺ちゃんはもともと、山の人間。いわゆる、樵(きこり)。
色々な山を切り開いてきた人。

切り開いてきた山の数分、色々な人と出会ってきた。
その中で、培ってきた人間関係の本質が

他人と過去は変えられない。でも、自分と未来は変えられる!

だと教えてくれた。

もっと言うと、

自分は何歳でも変えられる。

変えられるかは自分次第だとも教えてくれた。

地域を守り、子供を守り、孫までも守ってきた爺ちゃんだからこそ
その分、色々な苦労もしてきている。

80歳を過ぎてもまだまだ自分を変えられるという爺ちゃんは素敵だし、尊敬する。

改めて、自分を変え続けることの重要性を感じたのと

爺ちゃんには直接伝えていないけれど、
そんな爺ちゃんを献身的に支えてきた婆ちゃんの存在。
家族の存在のありがたみを改めて感じた。

いい意味で、爺ちゃんは婆ちゃんがいないと何もできない(笑


家族の為に、働く。
その為に自分を変え続ける!

そんな生き方もまた、カッコイイ!!!



皆さんからのコメントイイネが、元気の源です!
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
皆さん、おはようございます!
船井総合研究所の藤木 晋丈です。

今朝は京都に向かってます。
しかも、グリーンで・・・!!(笑)

いや、いつもグリーンで贅沢しているわけではありません!
GWで指定席が満席で、自由席も怪しかったので・・・

と、なんだか言い訳めいた感じになってしまいましたが、

個人的には、こういったグリーン車に乗るのは結構好きですし、
追加料金を払っても定期的に乗っています。

ちゃんと、それには理由があります!

基本的には時は金なりの発想
グリーンだと座席がゆったりなので、隣に迷惑をかけずに仕事がしっかりできる。
疲れた体へのご褒美!
です。

何事も受け止め方って大事ですw

そんな余談から今日のお題

パラダイムシフト

について。

パラダイムは
ものの見方、観点、判断基準、信念という意味で使われます。

ここで言う、パラダイムシフトとは
世の中や自分におこりうる現象の見方、判断基準をかえること
という定義として使いたいと思います。

よく言われるのが


他責と自責
「アイツのせいで~」ではなく、「自分がこうしなかったから・・・」と受け止める

この他責から自責へのパラダイムシフトを起こすためには

過去と相手は変えられないが、自分と未来は変えられる

このキーワードが必要です。

つまり、
パラダイムシフトを起こすためには、
具体的なキーワードが必要だということ。

それは、経営者でも、幹部でも、新人でも変わりません。

視点を変えるだけのインパクトのある具体的なキーワードが必要です。

昨日も、後輩と話していて、
自分のパラダイムを変えるためには?という話になり

常にお客様目線で判断し行動する

というキーワードが出てきました。

その後輩は、
「お客様目線」というキーワードはもちろん知っています。

でも、そのキーワードが改めてきっかけとなって
大きな変化を起こしてくれそうです(?)


前提、常識を疑え


これは、ある経営者の方に言われた言葉

けれども、これがきっかけで
色々な、ものの見方、観点、判断基準、信念が変わりましたし
変える事がプラスに働くと感じるようになりました。

5月に入り、もうあっというまに、下期がスタートします。(会社によっては)

改めて、自分をワンステージ成長させるためにも
変化=パラダイムシフトさせていきたいと思います。

きっと、変わった後はスッキリ、気持ちいいんだろうな~(笑)


皆さんからのコメントイイネが、元気の源です!
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
皆さん、おはようございます!
船井総合研究所の藤木 晋丈です。

今日は日本の“オヘソ?”諏訪湖に向かってます!

そして明日は、甲府から立川、明後日は新潟!明々後日は、名古屋!・・・と、
“旅人”“出張族”という呼び名がよく似合う働き方をしています。

よく、大変ですね~とか、お休みあるんですか?など質問されますが

個人的には、全国色々なところに行けるのは、むしろラッキーかな。。。
そして、休みに関しても、今年は体作りから試合、その他モロモロ詳しくは書きませんが
効率的に休みを取れるようにしています。

また、出張には、必ずと言っていいほどメンバーを連れて行きます。

1クライアントに、1メンバーが担当して同行をしてもらっています。

基本的に、同行者の役割は

・支援の議事録をとる
・支援の中での作成物があれば作成する
(もしくは、宿題として持ってかえる)
・得意な分野において、担当する時間を持つ
・支援日の確認や当日の基本的なスケジュールを確認
・クライアントとのTODO管理・共有


その中でも、もちろん、上三つも大事なのですが、
藤木がメンバーに特にお願いしているのが、下二つ。

この二つ、同行者によって全然レベルが違うのです。
優秀なメンバーほど、この二つが出来る。

例えば
支援日の確認や当日のスケジュールを確認
これには更にルール・基準があります。

支援日の確認は支援日の1週間以上前。
スケジュール確認、TODO管理は先月の議事録を見て把握。

けれども、人によって大きなバラツキがあります。

優秀なメンバー
・先方へ連絡する前に、藤木に確認をしてから、時間や場所を決定
・先月からのTODO管理ができており、進捗が悪い場合は共有してくれる

合格点のメンバー
・連絡をして、当日の待ち合わせ場所や時間は決定して共有してくれる
・当日の予定も、一応議事録を確認してあり把握はしてある

不合格のメンバー
・そもそも連絡していない
・当日訪問する時間すら確認していない。議事録は当日の電車の中で確認

と、まぁ、大きく3段階に分けられる。

優秀なメンバー
期待値を超えてくるメンバー。気遣いや気配り、当事者意識が高い

合格点のメンバー
言われたことはやってくれる、本人の中ではモレやミスはないと自覚している

不合格のメンバー
社会人というよりは、まだ学生・・・。だらしがなく、管理能力や社会人としてのプロ意識が欠如


これだけのことで決めつけるのは良くないですが
多くの場合、この割振りにおさまる。

ただ、このように、同行者のレベルも段階に分けておくと
本人達も次にどのレベルを目指せばよいか明確になり、成長スピードもあがる!
(本人達がやる気になっている場合だが・・・)


今、ゆとり世代の教育は
まずティーチング、そしてコーチングという流れが主流となっている

新人を早く自立させ、一人前に育てるためには
各、業務に基準や具体的行動項目などをつくることが必要だ。


我が後輩達・・・・
どのレベルかは伏せておきましょう(笑  
もちろん、優秀なメンバーばかりですよ(笑


皆さんからのコメント良いねが、元気の源です!
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
皆さん、おはようございます!
船井総合研究所の藤木 晋丈です。

採用活動のお手伝いをしていると
体育会系の学生と話をすることがあります。

というか、ついつい、体育会系の学生に話しかけてしまう(笑

今年は特にご支援先が体育会系専門のイベントなどに各地で参加しているため
特にその数が多い気がします。

その中で、凄く感じるのが

もったいない・・・

ちょっと頭の使い方などを工夫すればすぐにでも
目標や夢に向かって走り出せそうなのに、
頭の使い方が分かっていないケースが多く

迷っていたり、明らかに間違った方向性に進もうとしていう学生も多い

でも、そんな学生は良いコーチがいたら本当に伸びると思う


先日も、某大学のサッカー部(プロを輩出するほどのレベル)
レギュラーで活躍中の学生と面談をした時の話

企業の絞込みが全然出来ておらず、
どうしたらよいか分からない。軸が決めきれない。という学生がいた

そんな学生に伝えたのは

もし、Jリーグ全クラブからオファーが来たら、どのチームを選択する?
もしくは、自分が行きたいと思うチームはどうやって決める?

その基準を出してみて?と伝えて学生から出てきた答えが

試合にでれれるかどうか
環境(グランドや練習場)
監督、コーチなど
チームメイト
給与・待遇
チームのカラー・サポーター
場所(チームのホームタウン)


と、上から順番に優先順位が高いと。

これをすべて、会社選びに置き換えると

試合にでれれるかどうか
→早く、大きな仕事を任せてもらえるか?役割を与えてもらえるか?
→大手より伸びている中小

環境(グランドや練習場)
→育成環境
→研修制度

監督、コーチなど
→社長の考え方、経営理念なども
→上司や先輩社員のカラー

チームメイト
→比較的若い同世代の社員
→同期

給与・待遇
→生涯年収という視点で見たほうが良い
→営業バリバリのときよりも、その後の給与

チームのカラー・サポーター
→ビジョンや社風
→お付き合いするお客様も


場所(チームのホームタウン)→会社本社所在地
→勤務地

とまぁ、このように置き換えて考えれば、自分の価値観が何を優先しているのか?
それを正しく理解することができ、自分にとって、ベストな選択ができる。

ただ、普通の採用担当者はそんな置き換えて話ができないことが多いので
考えが浅はかだ、甘いなど言って、せっかくダイヤの原石の人財の自信をなくさせているのが現状。

体育会系学生は良いコーチがいる環境に行って欲しいと常々思う。

体育会学生限定の研修やろうかな~

第一回ゲスト講師、松岡修造(笑

と、ゲスト講師は冗談だけれども、今年中にやろう。。。


皆さんからのコメント良いねが、元気の源です!
よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。